バブルの遺産 序章 

June 21 [Wed], 2006, 2:09
こんばんわミニ哲です。
今日は私の唯一の音楽友達であり、パチプロであるH君と「バブルの遺産」に遊びにでかけた。
本来は「Nドー」と言う名の店である。(伏せているが)この「Nドー」は私の地元にある。この地に誕生したのはまさにバブル期!1Fは100円で遊べる格闘ゲーム、UFOキャッチャー。2Fは雑貨。3Fはゲーム屋。4FはCD屋といった「まぁー何でも置いてますよぉ」的な、言わば何でも屋であこる。

しかし!! この店はそこらにある何でも屋ではない! 断言できる!

なんせ「Nドー」には芸能人がやって来る! ハイヒールももこがあるテレビ番組で話をしていた。
今日「Nドー」の社長に「ハイヒールももこ以外に誰が来るん?」と問いかけてみると
「ももこちゃん以外なら天童よしみが来るよ」とあっさり答えるではないか!
正直、店自体流行っていない。何ゆえにこの店に?! と、思ってしまう。
「Nドー」の状況を簡潔に話すと、
流行っていない→客が来ない→商品が売れない→在庫を抱え込む→借金→売り上げを上げるために新商品を仕入れる→売れない。というグルグルと輪廻転生の如くひたすら円を描く循環をくりかえしている。

また、社長がNドーの裏話を話してくれた。社長が言うには「バブル期には3億で買って、10億にはなるっていわれてんけどなぁ〜。今じゃ1億にもならんわ・・・。固定資産税も年間180万やしなぁ・・・。」との返答。

しかし社長の表情には余裕が感じられた。いったい何者!

ますます謎が深まるNドーである。

ふと立ち止まって・・・ 

June 20 [Tue], 2006, 1:14
つい最近梅雨入りし、うっとうしい気候が続いている。今日はかなり暑い日だった。
私は人よりもついつい下らない事を考えてしまう性癖があるようだ。
今に始まったことではないのだが・・・・。

毎日のようにくだらぬ事で悩み、立ち止まってしまう。自分自身物事に対して考えすぎてしまう性格である。つい最近になって少し成長し、大概のことは悩まず上手く受け流すことができるようになった。

しかし今日は違った。何故か分からないが起きた瞬間から気分がすぐれない・・・。

今日も1限目から学校があり当然の如く遅刻せずに出勤♪
何だかんだで時間が過ぎ、昼休み・・・。そこで遂に私を悩ます事件が起こった。
いつも通り喫煙場所で煙草を吸っていると、女の子4人グループが集まってきた。まさに今時の女の子である。髪は茶髪、へそだしの服装・・・。そこで女の子グループの会話が嫌でも耳に入ってくる・・・。好んで聞きたくないのだが、なんせ声が大きい!会話はちょっとハード過ぎるのでココには描けないが・・・。(下ネタです)

正直ショックでした。ものすごく・・・。

近くに人がいるにもかかわらず、大声で・・・。

普通の人なら軽く「ふっ・・・ 愚民が!」と一言で終わらしてしまうのであろうが、なんせ今日の私は気分がすぐれない。

ここで私独自の思考回路が働く。(気分がすぐれない時に作動します)

「日本国よ!ついに落ちるところまで落ちたか!現在の子たちには羞恥心やモラルというものがないのか!!」と・・・。本当にくだらない事だが同じヒト科の生物として恥ずかしく思い、情けなく思った。

このように考えるというのは私自身が勝手な人間の理想像を作り上げている為に生じるのであろう・・・。そう解りつつも自分自身の勝手な理想と現実とが葛藤する。
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tetsutetsumini
読者になる
Yapme!一覧
読者になる