【 更新情報 】

スポンサードリンク

マッキンゼーの給与

米国系の戦略コンサルティング会社であるマッキンゼーは、平均の時給が4万円程で新人社員は3万円ぐらいでトップクラスになると5,6万円にもなるそうです。
我々並みのサラリーマンからすれば、とても考えられない数字です。
その代わり仕事はきつく、外資系なので仕事のできない人はクビになるそうです。
超一流大学出身の頭脳集団ということで、就職したいランキングに登場するほど人気があり、就職した人は
トップクラスの目で見られ尊敬にあたいます。
あの日ハムをあそこまで復活させたのは、同社が大きく関わっていると聞いています。
日本的な領域でなく、グローバルな視点から物を分析することは、今後の日本人にとって重要なことであり
効率的な生産につながることだと思います。
資源の乏しいもの造りの得意な日本の国の行く末を垣間見るような気がします。

マッキンゼーに就職

私の知り合いにマッキンゼーに就職した人がいる。
彼は、子供の頃からずば抜けて優秀で東大の工学部に入った。
経営コンサルティングに興味を持ち、得意のコンピューターを駆使して論理的に診断するらしい。
我々凡人には理解ができないが、グローバルな経済の視点に立って経営判断する場面もあり、未曾有で先の
読めない世界経済には日本式の経営感覚では、リストラ優先で縮小縮小ではせっかく育ってきた芽をそむきやがての会社の成長にはならず、一時しのぎ延命策に過ぎなくなってしまう。
まるで、今の政治家を見ているようで自分の保身にばかり走っては、国民はついていきません。
大前研一さんが言っていた、ワークシェアリングという発想に基く仕事の分割をすれば、派遣村のような惨めな
思いをする人が少なくなり、正社員の給料を削って穴埋めをすれば消費がうわむくのではないか?
とにかく優秀な人達に、正しい方向に誘導してもらった方が賢明だと思います。

マッキンゼーの採用

昨年のリーマンショックやサブプライムローン問題で、揺れに揺れている世界経済は今後どうなっていくかは
誰しもが解らなくなってしまった。
今年になって、オバマ政権が誕生しなんとか期待の持てる人が登場した。
なんとか、この難局を乗り切って欲しいと全世界の人々が願いをこめている姿が毎日ようにテレビで報道されています。
とにかく、失業をなくし仕事分け与えてやるような政策を実行しないと、飢餓や自殺が増え疲弊困憊するでしょう。
まさに企業経営者にとっても、いまだ経験したことのない生き残りをかけた試練の場が与えられ、大量の期間社員の解雇による社会問題は深刻である。
私の好きな大前研一さんというグローバルな経済評論家が、マッキンゼーと言う会社で働いていたと聞いたことがある。
本当に優秀な、コンサルティング集団ということで世界的に有名らしい。
今の日本の企業は岐路に立って茫然としている状態で、グローバルな視点に立った経営をして安定的な
雇用を確保しなければ、今後の存続が危ぶまれるのではないか?
P R