【 更新情報 】

スポンサードリンク

八重洲コンタクトの歴史

高度成長期の昭和40年代に、日本国内に急速にOA機器が登場して仕事や生活環境の変化をもたらして
目を酷使する機会が増えました。
現代の日本人の半分近くが、近視などの何らか不安を抱えながら生活しているのが統計などであきらかになっているのが実情のようです。
そんな昭和45年に創業されたのが八重洲コンタクトであり、約40年の長きにわたってビジネスマンやOLなどの日本経済を支えた人達などに愛用され、今では子供から年寄りまで知らない人がいないくらい浸透しています。
また使い捨てコンタクトの普及による人気が爆発的なブームを呼び起こし、この不況の最中でも安定した、
健全経営を強いられ、今後の景気に左右されない需要を生み出していくことでしょう。
長きに渡って培った信用は、固定客50万人を超え延べ500万人の人が利用しているとのことで、顧客のきめの細かいサービスやインターネット、携帯電話を使ったクーポン券を配布するなどのサービスを充実させれば
、良質な商品をリーズナブルな価格で提供することができるようになるでしょう。

八重洲コンタクトの商品

八重洲コンタクトレンズの公式ホームページを見ますと、商品は使い捨てレンズ、ソフト、ハード、遠近両用、
ケア商品に分けられていています。
使い捨てのタイプでは、ワンデーアクエア・ワンデーアキュビューモイスト・ワンデーアキュビューディファイン
などが人気商品となっており、ソフトレンズのタイプではオプティマ38・ファシル、またハードレンズタイプでは
ブレスオーハード・スーパーオーEXなどが高い人気を誇っています。
また、遠近両用・乱視用のコンタクトレンズやオシャレに気を使っている人などには、カラーのコンタクトレンズ
もあり、ケア商品が充実しているのでまとめ買いをするととても安くなります。

八重洲コンタクトでは、定評のあるメーカーであるジョンソンエンドジョンソン・ニコン・メニコン・チバビジョン・
ボシュロムジャパンなどの世界的にブランドの高いところと取引をしています。
さらにPCや携帯電話の普及により、クーポン券を利用することにより安く買い求めることができるようになった。
とにかく、アフターサービスが充実しているのが魅力の一つだと言えます。

八重洲コンタクトの人気の秘密

八重洲コンタクトレンズは、東京日本橋の八重洲に本店を置き、渋谷と横浜に店舗を持っていて老舗として
50万人の固定客に愛用され続けています。
競争の激しいコンタクトレンズ業界において、いつも変わらぬリーズブルな価格と高品質で最先端のコンタクトレンズを提供できるコンタクトレンズチェーン店であるということでしょう。
また、仕事で忙しいビジネスマンやOLが気軽に立ち寄って顧客サービスの一環として、「全品即日渡し」の
実施や昼休みに行くことができる「休み時間なし」といったサービス体制は、お客の立場に立った配慮だと思います。
そして、各店舗ごと併設の眼科があるため、購入時に必要な視力・眼圧などの検査を受けて処方箋を出して
もらうことにより、安心してコンタクトレンズを作ることができるのがとてもすばらしい。
また生活様式の変化で二人に一人が近視と言われ、日本だけでなく全世界で「低価格で高性能」なレンズの
研究開発が行われ、毎日取り替えることのできる使い捨て型のコンタクトレンズの出現により益々人気が高
まってきています。
P R
カテゴリアーカイブ