【 更新情報 】

スポンサード リンク

鉄欠乏貧血と普段の食生活

鉄貧血欠乏について

今日もお話していきたいと

思います。

鉄貧血欠乏になったら、

どんな症状がでると思いますか?

以下に症状について、

まとめました。

めまい・立ちくらみ 、 頭痛・頭が重い

耳鳴り、 顔色が悪くなる・唇の色が悪くなる

肩こりがこる、動悸、息切れ、むくみ、

疲れやすい、身体がだるい、集中力、記憶

力の低下、舌炎、口角炎、爪がそる、氷

食症などです。

この中の、氷食症というのは、

冷たいものが好きで、氷をバリバリ

食べるというものです。

この氷食症は、鉄貧血欠乏の女性に

多くみられます。

冷たいものの好きな方は、氷食症の

疑いがあり、また鉄欠乏貧血の疑いも

あります。

専門医にみてもらうことが大事だと

思います。

鉄欠乏貧血は、ファーストフードなどを

よく食べ、その上、ダイエットをしている

という女性によく見られます。

夏が近くなると、若い女性たちは、

いっせいにダイエットをしますが、

食事を抜くなどというダイエット

をしていると、簡単に鉄貧血欠乏

になってしまいます。

ダイエットする方でも、きちんと

3食の食事をとり、その中でも、

鉄分の多い食事を取るように

心がけること。

これが、一番の治療方法でもあり、

鉄貧血欠乏の予防対策でも

あります。

食事に気をつけるということは

自分の生活をコントロールすること

です。

自分の生活を充実させるためにも

鉄欠乏貧血にならないためにも

しっかりとした食事をとることを

お勧めします。

鉄欠乏貧血とダイエット

若い女性に多く見られる、鉄欠乏貧血。

それは、どんなものなのか。

鉄欠乏貧血について、調べてみました。

女性は、生理によって、定期的に出血を伴い

ますが、生理のときに、赤血球に含まれる鉄も

体外に排出されます。

このため、女性というものは、いつも

鉄分が不足しているのです。

しかし、若い女性の間では、偏った食事、無理なダイエット

のせいで、十分な鉄を摂取していないことが多いです。

そのため、鉄欠乏性貧血になりやすいのです。

また鉄欠乏貧血は、胃潰瘍も併発します。

ときには、悪性腫瘍があるために、出血を伴い、鉄欠乏性貧血

になってしまうこともあります。

この鉄欠乏貧血にならないためには、どうすればいいのでしょう。

それは、名前のとおり、鉄分が欠乏しているのですから

補えばいいのです。

ほうれん草、レバーなど、鉄分の入った食生活を

することで、鉄欠乏貧血は、防ぐことができます。

また、ダイエットしようという女性の中には

食事を抜いたり、単品のみのダイエットをしようと

する人がいますが、これは、絶対にやめてください。

鉄欠乏貧血にもなりますし、生理が不順になったり、

止まったりします。

過激なダイエットのせいで、子供が産めなくなったという

人も沢山います。

鉄欠乏貧血も恐ろしいですが、子供の産めない身体に

なっては大変です。

ぜひ、鉄分の入った食生活。そして、3食をきっちり

食べてください。

なにより、健康を害しては、生活は楽しめません。

健康あっての自分だということをしっかりと

認識してください。