上海、中国商標および商標庁の個

January 05 [Thu], 2012, 13:32
上海、中国商標および商標庁の個人うどん冬のクロウの讃岐讃岐うどんと申請者、さぬきうどんの家庭、協力、香川、この問題ができるように競争に部門、郡19になっている、と発表しましたそれは受信機の内容の商標登録を拒絶する機関の決定から移動しました。郡の産業政策課によると、冬のカラスの讃岐のマークは、2006年2月に部署に送信されます。通知は、8月以降、県がチャレンジされている2009年5月に掲載されました。その決断、日本のさぬき古い地名で、冬のカラスは日本の麺用小麦及び地域特別な、冬のさぬき鴉で作られた讃岐現在の香川県で有名な、と彼は言った。これに基づき、発言として、レストランでは偽陽性を起こしやすい登録申請、の一部です。午後1時19 10:50 7月20最終更新
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/teswdw/index1_0.rdf