産業ナースとは企業(会社ともいわれ

June 29 [Wed], 2016, 14:50
産業ナースとは、企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)に勤務する看護師です。



NURSEときくと病院、それに、クリニックの印象を持つ人が多いですが、医務室を設置している会社もあって、そういう場所に勤務する人もいます。具体的な仕事内容やその役目は働く会社によって異なりますが、従業員の健康維持と健康管理は必ずすることだと思います。
ナースの勤務形態というものは、他の職種と比較するとまあまあ特殊であり、その上に職場によっても変わってきます。職場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。
約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制の病院の方が多いといえます。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。みなさんご存知のように、NURSEの休日については本人が働いている医療機関で違うのです。


その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが珍しくありません。

一見大変そうなシフト勤務ですが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。



NURSEは、患者と関わることが多いので、印象の良いヘアスタイルにも注意しておきましょう。NURSEとして、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。
勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると知っておいた方が良いでしょう。
交代制で働く看護師の、勤務しゅうりょう前の大切な仕事として、多くの病院では、申し送りを行っています。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、看護師が把握しておくべきことについての諸々を勤務おわりの人が勤務始めの人に報告説明する決まりです申し送りでは、大切な情報がもれなく相手に伝わり、理解して貰えるように、簡素に正確に話すようにします。


また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早くおこなうこともとても大切なことです。

昔の看護師といえば、看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。
ですが、ここ最近の傾向としてナースという名前も定着して、男性が働くことも珍しくありません。
実際の現場に必要になるナースとしての能力を考えるならば、このような変化は、時代の流れとして当然なのかも知れませんね。
本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力もこれからのナースにとって大切な要素だと言えますね。往々にしてナースとして働くことは大変ハードだと認識され、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのはシフト勤務のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。
病院勤務で、二交代制だった場合、休憩を挟むとは言っても、全部で16時間勤務になるようなこともあります。

このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、ナースとして勤務することがハードだと思われやすい所以になっていると思います。私の勤め先は病院の事務です。



日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですがどの方もいつもせわしなく働かれています。
家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。
ですが、予想よりも「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。



お子さん同伴での看護師さんの参加が少なくないんになります。

先生方も歓迎ムードで、穏やかな雰囲気でよかったです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Koharu
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tesneuriecdhsy/index1_0.rdf