成松が横田

September 22 [Fri], 2017, 18:06
このタイプに分類される人は、脂質を抑えた食事を摂りつつ、唐辛子やショウガというような温熱食材と呼ばれている食材を摂り体を温めるようにすれば体重を減らすことが望めます。





実はそれは、自分に合ったダイエット方法ではないからなのかもしれません。

昔なら、どうして体重が減らないんだろうと一人で考え込むこともあったでしょうが、最近では簡単にその要因を知ることができます。

自分がどういう体質なのか、どうすれば痩せることが可能かを「遺伝子検査」というやり方で調べられるのです。

以前なら遺伝子検査においては医学上の検査だったのですが、今日では誰でも手軽に家にいながら遺伝子検査をすることができるようになったのです。このタイプに分類される人は、痩せやすい体質ではあるのですが、その分リバウンドもしやすいタイプとなっています。



このタイプの人の場合、糖質の少ない食事を摂りつつ、糖質の燃焼効果が期待できるビタミンB1を多く摂取することで、減量効果が望めます。



肥満のタイプには四種類あり、三種類の肥満遺伝子変異が元となるものと遺伝子は変異しておらず生活習慣が問題のものに分けられます。まず一つ目はご飯やパンといった糖質の代謝が苦手なリンゴ型という名で呼ばれているタイプで、内臓脂肪がすぐについてしまい、女性に比べて男性に多めです。



まず、検査を受けることが可能な企業から検査キットを取り寄せます。それから、検査キットには綿棒が入っているので、この綿棒を使ってほほの部分の粘膜を取ってください。





あとはその粘膜を付着させた綿棒を送り返すだけです。そのあと、ほぼ2〜3週間ほどで検査結果が書かれている紙が家に配達されます。

検査キット代は企業により少しの差はあるものの、ほとんど5000円〜6000円くらいです。どんな時代であってもあと少し体重を減らせたらと考えている人は少なくないでしょう。





ですが、痩せたいと思ってテレビ番組で見たダイエット法にチャレンジしたものの痩せない、雑誌で見た方法を試しても全くダメ、という方も結構いることでしょう。三つ目は豆腐や豆類などのたんぱく質を十分に摂れていないバナナ型という名前のタイプで、外見は筋肉が少ないように見え、ほっそりとした人が多く、男女比は同程度です。このタイプに分類される人は、太りにくい体質だと言えますが、その反面太ってしまうと痩せるのに苦労するタイプと言えます。

二つ目は揚げ物及びジャンクフードなど脂質の代謝が苦手な洋ナシ型という名で呼ばれているタイプで、お腹周辺に皮下脂肪がつきやすく、女性のほうが男性に比べて多めです。このタイプに関して言えば、痩せようと頑張っても簡単には痩せることができないタイプと言えるでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:メイ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる