切り傷のローラ姫

September 20 [Wed], 2017, 1:04
チェルノブイリ原子力発電所の事故の長期間に及ぶ追跡調査の結果からは、体の大きな成人よりも未成年のほうが分散した放射能の有害なダメージをより受けやすくなっていることが分かります。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常によって出現する湿疹で、皮脂分泌の異常の誘因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な枯渇などが挙げられます。
HIV(human immunodeficiency virus)を含んでいる精液、血液を始め、女性の腟分泌液、母乳等の様々な体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜などに接触することにより、HIV感染のリスクが高くなります。
昨今、若い世代で感染症である結核に対抗する免疫(抵抗力)を保有しない人々の割合が高くなったことや、早合点のために診断が遅れることが素因の集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高くなっているようです。
スギの木の花粉が飛散する時に、お子さんたちが発熱は確認できないのに頻繁にクシャミをしたり水のような鼻みずが出続けているような状況だったなら、残念ながら杉花粉症の恐れがあります。
エイズはHIVの感染によって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全となって些細な細菌などが原因の日和見感染や悪性新生物などを複数発病する症候群の事を指しているのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に存在する血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったことにより、あの膵臓からインスリンがほとんど出なくなって発病してしまうという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
いんきんたむし(陰金田虫)は20代〜30代の比較的若い男の人に多く確認されており、大体股間の辺りだけに広がり、激しい運動をしたり、入浴後など全身が温まると激しいかゆみをもたらします。
アミノ酸の一つグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり突然変異をもたらすような人体に悪影響を及ぼす物質を身体の中で解毒し、肝臓の動きを促進する力が判明しているのです。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、今日までの膨大な研究の成果により、ワクチンの予防接種効果を見通せるのは、ワクチンを注射したおよそ2週後からおよそ150日程だろうということが判明しました。
下腹の疼痛を引き起こす主な病気には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、女性性器の疾患などが真っ先に聞かれるようです。
生殖器である前立腺は活動や成長にアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に深く関係していますが、前立腺に発現してしまったがんも同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの働きを受けて大きくなってしまうのです。
今時の病院のオペ室には、御手洗いや器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備え付け、手術中に患者を撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ近くにレントゲン撮影用の専門室を設置しておくのが一般的である。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは就寝中ではない覚醒状態で生命活動を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張の保持など)のに必要となる基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、毒力が極めて強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と一方は毒が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が挙げられます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tertbgvehynise/index1_0.rdf