asahi.com(朝日新聞社): 打ち

December 11 [Sun], 2016, 10:29
ロシア連邦宇宙庁は11日、打ち上げに失敗して地球を周回している火星探査機「フォボス・グルント」の破片が、モスクワ時間15日午後1時18分(日本時間同6時18分)を中心とした14~16日の間に地球に落下する見通しだと発表した. 15日の日中に落下する場合、インド洋に落ちるとしている. 探査機は昨年11月に打ち上げられたが、予定の飛行軌道への投入に失敗. 大気圏突入時に燃え残った計200キロの20~30個の破片が落ちてくると予測されている. 同庁によると、探査機は現在、高度170~204キロにある. (モスクワ=副島英樹). 民族独立のため戦う三田香帝国特殊部隊! 『ヴァ