内定がもらえたらすぐに出社しなければならないのだろうか?

March 15 [Mon], 2010, 16:16
会社によっては、内定を出した次の日から

「早速来てくれないか?」

と入社を求められることがあるようです。

早急に、人手不足を解消したいような職場では、そういった傾向もあるようです。

でも、入社はずっと後だと思い、数日分は、他の予定を入れてしまっているような場合は、どうしたらいいのでしょうか?
また、今の会社に在職しながらの転職活動をしている場合は、なおさら、内定をもらえたからといって、すぐに入社することは難しいものです。


結論としては、会社への入社時期については、会社と応募者の相談によって決めるものです。
会社が一方的に、この時期に入社してくれと、押し付けることはできません。

仮に、一方的に押し付けてくるような会社であればあまりいい会社とはいえないでしょう。
入社してからも、ライフワークバランスなどと


続きを読む

転職したいと考えている方も多いと思います。

しかし、転職は、就職活動以上に大変なものです。
新卒時の就職活動とは違い、採用企業としても、実務経験を求めてくることが多いものです。新卒時のように、やる気がありますというアピールだけでは、なかなか、成功しないものです。
それに、新卒時は、ほとんどの方が、身軽だったと思いますが、転職するような都市になると、家族がいる方もいらっしゃるのでしょうし、今の会社でも、責任のある立場を任されていて、すぐに仕事を投げ出してしまうのは、難しいと思います。
単に「転職したい!」という自分自身の欲求だけで行動できません。
そのため、慎重に転職活動をしていくことが大切です。

転職において重要なことは、転職活動の現状を知ること。
自分自身の思いつきやうわさだけに惑わされるのではなくて、実際の現状を把握することが大切です。

転職四季報 には、年収、ボーナスなどの給与データ。有休、産休・育休などの休暇データ。離職率、転職者の割合、平均年齢、平均勤続年数。中途採用試験の内容と選考ポイントなど、転職者が知りたい情報が満載。
ぜひ、一度は、転職四季報を手にしてみたいものです。

そして、転職活動のノウハウも知っておくことが大切。
単に、自分の考え方だけで、行動するのはやはり、心もとないものです。
転職の青本 という本は、プロのヘッドハンター、人材コンサルタントが書いた転職指南書ですが、第三者の視点から、採用企業と、ビジネスマンの双方が納得できる転職活動とはどのようなものなのか、そして、転職する際のコツなどについて、わかりやすく記載されています。明日からでも、実践できるような内容ですから、ぜひ、一読してみることをおすすめします。

そのほかにもおすすめできる転職関連書籍がたくさんありますよ。

 → おすすめの転職関連本一覧

ぜひ、一度は、チェックしてみてくださぃ。