嶋津の小田島

May 02 [Tue], 2017, 21:00
多彩な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。あらゆる意味で最先端の治療がうけられるかどうか、手を尽くして十分調べて頂戴。

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため付近の歯の神経も刺激をうけ、反応し立ためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないで頂戴。


別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることを忘れないで頂戴。



インプラント治療を考えている方に知っておいて欲しいことですが、治療しゅうりょう後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目持とってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもほとんどありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合であればこの治療方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)を選ぶべきでしょう。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースがたまにあることです。
これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。

そのようなケースでは、放っておかずに診察をうけて頂戴。インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、すべて自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除をうけられます。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。

確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。



手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。

日常生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかも知れません。

今では、どこで手術をうけても痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長くつづくことはあまりありません。

一般的なインプラント治療は、段階が大聞く3つに分かれます。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。という段階を踏みます。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヵ月、最長で6ヶ月はかかると思って頂戴。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヵ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるりゆうです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuto
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる