貸す側と借りる側

February 07 [Fri], 2014, 15:09


多くの候補から何かを選ぶときに行うのが審査だと考えていましたが、一定の基準に達しているかどうか、資格があるかどうかを調べることも
審査になります。

例えば、大人になって自分名義のクレジットカードを作ろうとしたとき、申込みをすると審査があります。
クレジットカードというのは、訳すと「信用証」ということになることからもわかるように、その人が期日に代金の支払いをしてくれるという
信用できる人物であることを証明するものになるため、定期的な収入があり、現在負債を多く抱えていないという基準に達しているかどうかを
審査することになります。 クレジットカードを持つということは簡単なように思いますが、名義人の信用を保証する価値ある存在と言えます。

一方、住宅ローンの場合は、審査があるということも納得できます。
金額が高額のため、借りる側に安定した収入があるかどうかはとても大切な基本的要因です。
貸す側としては、営業行為となるわけですが、その時で終わるわけではなく、数年から数十年にわたって続くのでその審査は慎重にならざるを得ないでしょう。

借りる側と貸す側の論理、どちらの側からも相手の実情をよく理解することで交渉はスムーズにいくように思います。



借金返済 匿名相談
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tequilasunset
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tequilasunset/index1_0.rdf