アイドリング!!!、4冊目の写真集はグアムで大はしゃぎ!!!

October 31 [Mon], 2011, 7:12
[PR] 働く コック

【感染症】英国のHIV感染者の平均余命が過去12年間で15年延長
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1319823065/

オリンパスの菊川元会長、リスク追求に誇り(ウォール・ストリート・ジャーナル)
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/bus_all/wsj/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111028-00000011-wsj-bus_all

ワインハウスさん、死因は「酒の飲み過ぎ」 法定基準の5倍
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111028/ent11102811270007-n1.htm

[ワールドサッカーサテライト] マラガ、ベティス、レバンテ……スペインで快進撃を続ける地方の雄は勢力図を塗り替えられるか?
http://sports.goo.ne.jp/soccer/column/ocnsports-soccer111025_1_1-1/

アイドリング!!!、4冊目の写真集はグアムで大はしゃぎ!!!
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20111014/iTopix_2011_10_14_idoling.html
人気アイドルグループ「アイドリング!!!」の河村唯さん、長野せりなさん、朝日奈央さん、三宅ひとみさん、大川藍さん、野元愛さんの6人が、写真集『アイドリング!!! ふぉ? in グアム』(学研パブリッシ...

メカニック
http://bb.goo.ne.jp/movie/program/cinecom_wbt_c0204/index.html
この男、完璧

【Beauty info.】?香りが語る女性像? プラダ
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111003/rls11100317240004-n1.htm

コールドプレイのクリス・マーティン、「アルバムのリリースの日は不安で死にたくなる」
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20111027/Nmn_catalog_111027066654_1.html
先日、通算5枚目となる待望のフル・アルバム『Mylo Xyloto』を発売したコールドプレイ。早くも世界中のチャートをスゴいスピードで駆け上がっているが、ボーカルのクリス・マーティンは<Daily M...

[PR] バイト 厨房

[PR] 居酒屋 アルバイト

[PR] アルバイト イタリアン

アイドル界でブレイク前脱退続出
http://news.livedoor.com/topics/detail/5979584/
全文メンズサイゾー 10月30日18時00分

[PR] 求人 飲食店

[科+] 【生物/環境】気候変動でカゲロウの寿命が半減 水温上昇で代謝加速、ライフサイクル短縮か/英国
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1319898046/
気候変動でカゲロウの寿命が半減、英国 James Owen for National Geographic News October 28, 2011 成虫になってからの寿命が短いことで有名なカゲロウ。羽化して数時間ほどで死んでしまう種が ほとんどだ。イングランド北部のダブ川での調査によると、カゲロウのライフサイクルは水温上昇に よって短くなっているという。ダブ川は、イギリスの随筆家アイザック・ウォルトンの名著、『釣魚 大全(The Compleat Angler(邦題:釣魚大全)』に登場する“釣聖の川”としても知られている。 5年間の研究で、モンカゲロウの1種(学名:Ephemera danica)が幼虫として水中で暮らす期間が、 半減している事実が明らかになった。 「2007年以降、1年サイクルの個体が確認されるようになり、2011年までにはほぼ全ての個体へ 広まった」と、調査を実施した環境サービス企業「アクアサイエンス(Aquascience)」のニック・ エベラル(Nick Everall)氏は話す。 カゲロウは生涯の大部分を幼虫として暮らす。その後、水から出て一斉に羽化し成虫となるが、 羽化までの期間は種によって大きく異なる。 本調査でエベラル氏は、カゲロウの急激な成長を気候変動に由来する水温上昇と結び付けた。 ダブ川の集水地域の平均水温は過去20年で約1度上昇。夏期はその倍になる年があるという。 水温上昇が代謝を加速させて急成長を引き起こしたと同氏は考えている。「温度が上がれば カゲロウがエサとする藻類などが大量発生する。成長が早くなるのは必然だ」と説明する。 また、夏の水温上昇が、産み付けられた卵には温かすぎるレベルに達している。「カゲロウ たちはできる限り早く孵化しなければならなくなった」。 その結果、成虫の体は明らかに小さくなっている。2008年以前と比較して、メスは平均して 8?10ミリ小型化しているという。 ◆懸念される深刻な影響 エベラル氏は、このような変化は個体数に深刻な影響をもたらす可能性があると警告する。 まず、1年で成虫になったメスは、「通常の成長サイクル2年の大きなメスよりも産む卵が 半数になる」。 また、天候も不順続きで、成虫が川面から吹き飛ばされてしまう。交尾するわずかなチャンスも 失われ、一層の減少につながりかねない。 「ダブ川の調査結果は非常に興味深いが、慎重に受け止めるべきだ。特に調査期間は5年で比較的 短い」と話すのは、ウェールズにあるカーディフ大学生物科学部のスティーブ・オームロッド氏。 同氏は、ウェールズ中部高地の渓流に生息するカゲロウなどの昆虫を対象に、気候変動の影響を 四半世紀にわたって調査している。 「暖冬後の春には、無脊椎動物全般で個体数の著しい減少が確認された。何かが起こっている ことは間違いないが、原因は正確にはわからない。メカニズムを何とかして突き止めたい」。 ( gt; gt;2以降に続く) ▽記事引用元 ナショナルジオグラフィック ニュース http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111028002 expand#title ▽画像 春になって孵化し、翅が発達したイングランドのカゲロウの成虫(学名:Ephemera danica)。 羽化までの期間が早くなっている可能性が明らかになった。 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/mayfly-collapse-update-climate-change_42509_big.jpg Photograph by James Owen