英語速習法+英単語記憶術『英語上達へのプラチナ・チケット』の新事実とほったらかしで情報教材を411本販売した方法

March 18 [Mon], 2013, 8:21
おはようちゃんです。


現在英語速習法+英単語記憶術『英語上達へのプラチナ・チケット』レビュー特集中です(^^)
英語速習法+英単語記憶術『英語上達へのプラチナ・チケット』は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

英語速習法+英単語記憶術『英語上達へのプラチナ・チケット』体験評価はこちら


メインサイトでは、塚田 将之さん作の情報教材英語速習法+英単語記憶術『英語上達へのプラチナ・チケット』を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前はまだ不透明ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

英語速習法+英単語記憶術『英語上達へのプラチナ・チケット』体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


けさの朝食は赤飯と、鮭とコーンスープ

日本人で良かった〜(^^)



10分で食べ終わり、9時02分にマイホームをしゅっぱつです。



一番愛想の良いファミリーマートに、ペプシコーラを散々待たされて購入



これで今日もイケるぜ^^。



店舗に着いたら、毎度毎度のnewsを確認すると

話題の事件は・・・

↓↓

 ◆職業体験で踏み出す 自立した女性への一歩

 「おはようございます」「いらっしゃいませ、ようこそ」−東京・日本橋にある老舗百貨店、高島屋東京店。はつらつとした声が、開店と同時に店内に響いた。2月23日、麹町学園女子中学校(東京都千代田区)の1年生が10グループに分かれて都内のさまざまな職場で体験学習を行った。引率の先生とともに高島屋を訪れた生徒は11人。店内見学や迎客など、百貨店の仕事を学んだ。

 ■新たな発見

 開店1時間前に高島屋に到着した生徒たち。社員と同じネームバッジを制服の胸につけ、あいさつの指導を受けた。初めは緊張していた笑顔も、時間がたつにつれ、少しずつほぐれてくる。続いて開店前の店内を見学。バックヤードの物流や釣銭を準備する金庫室など、普段は見ることのできない場所にも立ち入りが許される。移動の通路やエレベーターはすべて従業員用だ。慌ただしい空気が伝わってくる。各売り場で行われる朝礼に出席した後、いよいよ正面玄関前に整列。開店から約30分間、来店客を出迎えた。一緒に記念写真の撮影を頼まれるなど、来店客と触れ合う一幕も。

 すべてのスケジュールを終えた生徒たちに印象に残ったことを聞いた。

 「デパートのにぎやかなイメージと違い、開店前は少人数でお客さまを迎える準備をしていて驚きました」「笑顔で接客する店員さんだけでなく、お店の裏で働いている人たちの一生懸命な仕事や表情も見ることができました」と新しい発見に驚いた気持ちを話してくれた。

 ■将来の自分を描く

 麹町学園女子中学校・高等学校は明治38年創立の伝統ある女子校。教育ビジョンとして「豊かな人生を自らデザインできる自立した女性の育成」を掲げ、意欲的に新しい取り組みを行っている。

 「できれば早い時期にホンモノを見てほしい、と思っていました」と話すのは中学1年生の学年主任、河越多衣子先生。「社会でどういう人材が求められているのか、社会に出たときにどんな自分でありたいのか。将来の理想像を早めに描いていくためにも、働いている人たちの本物の姿を見てほしかったのです」

 グループに分かれた校外学習を通じての職業体験は初めて。時間や場所の制約など、恒例の行事とするには難題が多い。今回は幸運にも恵まれ、期せずして学年独自の校外学習として実現したのだという。

 高島屋以外で職業体験を行った生徒たちも同日、それぞれ訪問した職場で仕事や利用客との関わりを学んだ。

 「生徒たちの感想を聞くと、働く場所は表舞台だけでは成り立たないところであると気づいたようでした。これまでは知らなかったことを見聞きして、何かを感じ取ってくれたようです」と河越先生は言う。

 同校は平成21年度生から完全中高一貫となった。

 「環境の変化が少ない6年間の学校生活。だからこそワクを作らず、外を見る機会も必要。自分で生き方を見極める力を持てるよう、なりたい自分に気づく手助けが少しでもできればと考えています」

 □訪問企業の声 人と触れ合ういい経験になったのでは

 ≪高島屋東京店総務部 林啓行氏≫

 若い年代の方たちが百貨店に足を運ぶことが少なくなっています。仕事を身近に知ることで、高島屋に親しみを持っていただきたい。また今日がきっかけになって、将来的に一緒に働く仲間になる方が一人でもいてくだされば、と願っています。

 麹町学園の生徒さんたちも、最初は緊張していましたが、最後には笑顔でしたね。その表情の変化をみると、普段の学園での明るい教育と、高島屋での職場体験が人と触れ合う機会として、多少なりともいい経験になってくれたのではないかとうれしく思います。

 □生徒の声 生き生きとしてやりがいを感じた

 ≪訪問企業:エステティック「オルラーヌ・ジャポン」≫

 お客さんに満足してもらい幸せにするエステの仕事には達成感があると思いました。実際にエステティシャンの方が生き生きされていて、やりがいを感じていることが伝わりました。人を幸せにできる、というのは他の仕事でも共通していることではないでしょうか。将来、そう思える仕事に就くために、学んだことを積み重ねていきたいです。

 ◆麹町学園女子中学校1年 校外学習の訪問企業先

  (2013年2月23日実施、「」内は施設名、<>内は学習内容)

 ●百貨店「高島屋東京店」

 <開店前の店内・バックヤードの見学・迎客など>

 ●レストラン「アラスカ」

 <厨房での作業見学・シェフへの質問・記者クラブの見学など>

 ●エステティック「オルラーヌ・ジャポン」

 <エステティシャンの業務見学・簡単なマッサージ実習>

 ●歯科医

 <歯科衛生士としての業務実習など>

 ●介護施設

 <介護実習補助・車いす体験・見学>

 ●ホテル

 <ベッドメイキングなどを中心とした作業・見学>

 ●流通・卸売業

 <品出し・ディスプレーの実習・見学>

 ●青果市場

 <商品の袋詰め実習・青果流通システムの見学>

 ●博物館

 <土器洗い・展示見学>

 ●都営線

 <駅務見学>

 ◆麹町学園女子 中学校 高等学校

 〒102−0083 東京都千代田区麹町3−8 http://www.kojimachi.ed.jp/
(この記事はSankeiBizから引用させて頂きました)



へえ〜。。。

限りなく怪しいかも^^;



はい、では今日の本題。仕事の話(^^)

上手く捗ればメルマガアフィリエイトに6時間と、モバオクで仕入れに3時間。



慣れているので私なら右手一本でしょう(笑)



稼がねば、母ちゃんに叱られる・・・



そういえばこんなの

↓↓





・・・失礼殆ど被って無い?

いや、まあ、たしかに。。。(笑)



さてさて夕飯は何しよ?

ステーキかチャーハンが久ぶりに食べたいなあ。



これも良いか?

↓↓





たぶんNEXT記事はこの後数時間後になると思います。

ということで、一旦さようなら。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tepukumu2832
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる