夢から醒める日 

February 01 [Sun], 2009, 19:11
もう、先生の背中を見つめながら後ろを歩くこともないし

先生のとなりに座って、横顔を見つめることもない

あの空間で、先生を目で追うことも もうないし

先生の あの優しい声を聞くこともない。


夢から、醒めるときがきた・・・。




実習の1週間前、挨拶の電話をしたときから、

先生の あの温かい・・・話し方に惹かれた。


実習の1日目 初めて、会ったときはその風貌に驚いた。

「それ、いいの???」みたいな。



でも、先生は、誰もが抱くその印象を吹き飛ばすくらいの 

あたたかい声と雰囲気を持っていて、


私もすぐに惹かれた。




もう人を好きになることはないだろうって ずっと思ってたのに

久しぶりにそんな気持ちになって 先生に会える毎日が 楽しくてうれしくて・・・。




そんな気持ちにさせてくれて、本当にありがとう。



既婚者ってこと


それは、もう絶対的な事実。


どう望んでも、変えられないこと。




私は そんなこと どうでもいいって思えるけど

どうでもいいワケなくって・・・



高すぎるカベ。

高すぎて どうやっても超えられないカベ。




目の前に、突き出された感じ・・・。






最後に 先生と撮った写真。


見たいのに 見れなくて

見れないようで 見てしまう。 醒めてしまった夢を追いかける。



写真の笑顔を見てると また明日も会えるような気がする。



でももう そんなことは二度とない・・・





先生の困った顔が 何度もフラッシュバックする。



3週間の夢が醒めて 現実に帰る。



ちゃんと言えなかったけど


大好きでした。





いつか 



先生に胸張って会えるような理学療法士になろう。




うん・・・ 




今は それだけ。

実習 最終日 

January 31 [Sat], 2009, 0:00
発表原稿が まだ未完成で やっていかなきゃいけなかったのに

なんと、病院にUSBメモリを忘れてきたwwwアホすぎっ。


で、4時半に起きて、病院へ


最後まで テンテコマイwww


最終日は、いつものように

外来患者さんへの物理療法のお手伝い。

週数回くる患者さんと入院患者さんへの治療。


女の私では力不足だけど

今日こそは ちゃんとやってあげたくて 練習したから 

こないだよりは ちゃんとできたかな?



いつまでも みなさん お元気で・・・ていう気持ちでいっぱいになる。


午後は、発表原稿やり直してから

担当患者さんのリハ。


担当患者さんには、治療に入れない。

彼女が ホントは先生にやってほしいのが伝わってくるから。

「先生ー!早くきてー」とか 言うし・・・



先生とのリハビリを見ながら、相変わらずヤキモチをやく。

2人が仲良く話すのを見てるのが 不快で 不機嫌になる。

私 性格わるすぎっ・・・

それを出せず 笑顔でいるから まったくの不健康。


担当患者さんが

「今日の発表大丈夫なん?」って聞いてきた。


「なんとかなると思ってますのでー^^」

って言ったら、苦笑してた。 先生も。


絶対、この人たち 誤解してるわ・・・私のこと。


自信あるとか そういう意味じゃなくて

自分は学生だから、いい格好しようとか全く思ってないし

むしろ、先生たちに色々指摘してもらえるいい機会だ って思ってるから

緊張しないだけのことなのに・・・。



ちょっとたってから

また同じこと聞いてきたので

「少し、緊張してます。でも 先生方に色々教えてもらえる機会だと思ってますので大丈夫です^^」

って少し説明してみた。 ら・・・


「○○ちゃんも、少し変わってきたなー^^」

ってなぜか、満足気・・・


あーあ この人ホント ムリー・・・私><




終わってから、先生方の前で発表。

もちろん、色んな指摘をされたけど

どれも、私の盲点をついてるようなことで

すごくすごく ためになった。



2年半、学校で勉強してきたけど

その知識は、先生方の頭の1%もないわ・・・


まだまだホント 知らなきゃいけないことが たくさんある。




そんなことを 心から実感させてくれた実習。


ホントこの病院でよかった。

みなさん やさしくて あたたかい。


できたら、来年の実習できたかったわw



んで、OBってすばらしい^^



ありがとーーーーー!





そのあとは、その足で、栄へGO−−−っ!

最終日の私の心境を予想して 誘ってくれたんですよね、きっと。




1人だったら ずっと泣いてたと思う。

ホント ありがとう


それにしても前日あまり寝てないので、眠いしーーーzzz



23時半から 2時過ぎまで カフェで寝る私www


ごめんなさい><



そのあとは、友だちの家に向かい、5時までしゃべって昼まで爆睡zzz


一夜明けて、今後の計画を練りました。


12月の最終目標にむかって。


3ヶ月の長期目標と

1カ月の短期目標。


それにむかってのプログラムを練って・・・



他人が聞いたら アホかと思うようなことを 真剣に語る2人。


イヤイヤ 真剣だから うれしい^^


ホント ありがとうございました



さてさて 明日から 日常が始まる。。。

イヤだなぁ・・・


とは思わないようにしなきゃー><





で・・・ブログ。

ミクシイからのリンクは少し前から やめてますが

やっぱり 引っ越します・・・。



引越し先のご連絡は また個々にさせていただこうかと思っていますので

またよろしくお願いしますー^^


大好きだな・・・ 

January 30 [Fri], 2009, 21:41
今日は、全然先生と話せなかった。

おとといのこともあって、いつもの敬語もなんだか冷たく感じる。


何にもないまま、夕方のフィードバックの時間になって

先生は私が渡した、発表原稿を読んでた。


私は、先生の横顔を見つめてた。

先生の横顔を見るのも、もう明日が最後なんだ・・・って。


先生に直しをもらい

「じゃ、明日のために読み込んできてくださいー」

「はい・・・」


終わり。何にもない・・・


席を立とうかなっておもったとき

「今日、○○さんと大丈夫やったん?」

って、担当患者さんとのこと聞いてきた。


謝りに行ったこと
でも、拭い去れない空気が残ってしまったこと とか話した。

謝り行ったこと

「大人になったやー^^」って笑って言ってくれた。


「大人ですもんっ、私!」って言って、なんだか空気が和んだ。


それから、色々話した。


私の性格のこと

「自分」ってものがある人だね とか

私の言葉使いが誤解を受ける とか

先生の性格のこととか

実は 冷たい とか


色々。


私の、我の強さのこと

「次の実習先で、気をつけやんとー^^」って言ったから

「いじめられたら、逐一先生に報告しますー」

逐一報告=メアドGET狙いだったのに

「報告なんて、いらん。いりませんー。」って言われてしまった;;


とか、私の就職先のことを心配したので

(年齢的に心配してくれてたみたい^^;)

「じゃ、就職決まったら、先生に連絡しますー!」 (← メアド狙い)

言ったものの

「うちの病院と そこの学校 仲がいいから すぐ分かる」 と 返されてしまった(;´Д`)



メアドのカベ 高ーーーーっ!!


しかも、なんか色々話してたら


私のこと「恋のから騒ぎに出てそうやな」って言った。


「最前列のかわいい子みたいですか?^^」って言ったら

「違うー、1番うしろにいるような・・・叩かれとるヒト。あだ名で呼ばれとるヒトたち おるやん?」


`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!


いつの間に、私は 先生にとって そんなキャラになってしまったのだろう・・・


こなだいは「タイプ」だって、うなずいてなかったっけ???


私もずいぶん、成り下がったもんだわ (´;ω;`)



こんな感じで、1時間以上しゃべってた。


頭の中では、何度も 「先生、お茶でもしませんか?」って言いかけたけど

先生が、引いてしまうような気がして言えなかった。


私が、席を立てば 話しは終わる。そろそろ、ホントに帰らなきゃね・・・。


なにか言いたいけど、言えない。


でも、言わないと後悔する。


席を立つ準備をした。


「明日で、ホントに最後なんだー私。 さみしいなー。」

って言ってみた。

先生、笑ってた。




「ホントに寂しいと思ってるんですよ。 先生に会えなくなるし・・・」





っていつものように笑って言った。




ひょっとしたら、ただのお世辞と思われたかもしれないくらい、サラっと

 
でも、先生の目は見ることはできなかった。



先生笑ってた。


そのあと、



「そうなん?ありがとー」


って言った。




どういうふうにとったのか分からない。

冗談だと思われたかな。

こんなふうに、男性に言ったの 初めてなのになぁ (/ω\)


でも、から騒ぎの最後尾のヒトに、「先生に会えないから、寂しい」なんて言われても、うれしくないかw



お友だちになるか、

違う道を選んで相手に引かれるか・・・どちらか・・・。



どっちがいいんだろうね。



でも、やっぱ大好きだな。



明日が、最後。本当に・・・  笑顔で、頑張ろう。


実習12日目 

January 30 [Fri], 2009, 21:20
久しぶりに実習のことも、ちょこっと。

まぁ、大した出来事はないのですが

今週から、他の学校の子が2人実習にきてる。

仲間ができて、ちょっとばかりホッとする^^


んで、2人のデイリーノートがすごいっ><

そんなに書いてんのーーーっ!

っていうくらい、メモとって、ノートに書いてくるw


私なんて、やったことを箇条書きして

反省・感想として先生へのお手紙書いてるくらいだわ・・・


私、ヤバイわwww

おわっとるねw



次の実習から気をつけよう。


昨日、レポートを直して、朝、先生に提出。


それを読んだ先生が来て

「よく書けとった。ごくろうさん。」


って言われても・・・先生が説明してくれたように書いただけですがw 

「で・・・

  明日、発表してもらうで、原稿書いてください。時間、あるとき」


(゜ロ゜;)エェッ!?(゜ロ゜;)エェッ!?えええええーーーーーーーーーーっ!?


発表・・・


もう、しないと思ってたのにぃ;;



っていうことで、

今日は、ずっと発表原稿書いてた^^


職場でやらせてくれるなんて、めずらしいと思うけど

それだけ私が遅れているということだなwww



で、発表原稿はなんとか終わり。


んでも、やっぱり

「目標」の根拠がない ってことで 今からまたちょっとやり直し。



担当患者さんには、一昨日のこと 謝った。


けど・・・


「なんで、ああなったん?」


って言ってた。

どうして、私があんな態度になったか・・・って。


とぼけているのか?


ホントに気づいてないのか?


分からないけど、


ありえん・・・この人、って思った。


ああ、ザンネン。


前は、すごく大好きなだったのにな。

こんな人が、初めての患者さんで よかった。

学校の先生たちが言ってたみたいに
きっと、私もこの人に年賀状ったりする仲になるんだろうな・・・って思ってた。



けど・・・


もうない。


ばっさり、切れた。


ありえんわー、このヒト。


ザンネンだけど・・・しょうがないね。









昨日のこと 

January 29 [Thu], 2009, 13:56
昨日は、夜2時半に起きて、レポートを書いてた。

何を書いていいのか分からない。

書きたいことがあっても、言葉がうまく出てこない。

時間だけがどんどん過ぎて、終わらないまま朝になってしまった・・・。


朝、先生に

「レポート終わらなかったので、今日時間があるとき、やらせてください。」

って伝えた。


きっと、先生が今まで見てきた学生の中で、1番出来が悪いんだろうな・・・って思うと

情けなくて恥ずかしくて、笑顔も 声も出ない。


午前中ずっとPC前に座ってた。

2時間もらったけど、全然手が進まず・・・

結局そのまま、私はいつもの患者さんの治療に入った。


患者さんを部屋まで、送って戻ってきたら、

先生がPCの前に座ってレポート読んでた。


 
なんか、先生のその背中を見たら、自分が情けなくて、泣きそうになった。


実習もあと数日、と思うと涙腺が弱くなってる。

ガマンガマン・・・と思ってたら、別のPTの人が声をかけてきた。


「実習、今週いっぱいなん? 順調?」


全然、順調じゃないです・・・って言ったら、ドバーーって涙が出てきてしまった。


他の学校の子にはできて、自分にはできない、こと。
先生に迷惑をかけてる、こと。


「初めての実習だから、しょうがないわ。オレだって、バイザーが全部レポート書いてたよ」

って言ってくれるけど、

どんな慰めな言葉も、私の耳には入らない。


バイザーが「先生」だから・・・。


個人的感情が入りすぎて、

なんで泣いてるのかも分からない。


ちょうど、そのとき先生が来た。

レポートの入りの部分、少し書いておいたから、そのあと続けて書いてみてって。

私が泣いたのが分かったみたいで

「どうしたん?」って言ったけど「なんでもないです!」って返した。


今までも、自分ができなくて情けない!って思っても、

先生の前では 絶対に泣かないようにしてたんだけどな・・・サイアク。



レポートが思うように進まなくって、
 
先生もなんか・・・、態度が今までと違うように感じて 
 
私は、今までのように気軽に話すっていうことができなくなってきてた。


自信のない私、自分が1番キライなのに。



午後もまたレポートやってて、

担当患者さんのリハの時間がきた。


先生と、患者さんはいつものように楽しく、笑い合いながらリハビリしてた。

私が近づいて行ったたら、私の様子をうかがうように患者さんがチラっと私をみた。



先生が患者さんに

「行きづまっとるで・・・。でも、誰もが通る道やから。」

って言った。


私のことを話してたんだ。


私は、患者さんの前ではいつもの同じようにしてたつもり。

でも、この患者さんは、
私の様子がいつもと違うのを何か察したのかなって ちょっとビックリした。



そのとき、先生がこの空気をかえるように患者さんに言った。


「昨日、足 させられたわー^^」

昨日、駅まで送ってもらったこと。

うわっ、言ってほしくなかったな・・・って思ったけど、もう遅い。


患者さんは、ビックリしたみたい。

「ええっ、それはイカンやろー」

とか、色々笑って言ってたけど 最後に、

「そっか・・・○○ちゃん、絶対そやなー。私、分かったわ。」って私の目をみて言った。


その目は、ちょっと怖くて

先生のこと、本当に好きなんやろ?

って、私を確かめるように見てるように感じた。



なんて、言っていいのか分からず・・・


先生は、何もきづいてないと思うけど、
このとき、私と患者さんの空気が今までと変わったように感じた。


そのあとも、しばらくいつものように見学してたんだけど

患者さんが急に言った。


「○○ちゃん。我が強いのはイカンでー。
 
 『私は』まではいいけど 『私がー』って言うのはな・・・見たことないわ。
  
  私の周りにはそういうタイプおらんで、分からんわー」

って・・・。 私の目を見ることなく・・・。


「女には、『プライド』はいらんでー。そんなん ジャマをするだけや。」


私は、なんて言っていいのか分からず、っていうかビックリして、何も言えなかった。


たぶん、凍った、と思う。

この人、先生のことホントに好きなんだ・・・だから、私のこと、刺してるんだー、って思った。


笑ってごまかしたけど、ごまかしけれない空気が2人の間に残った。



その後は、なんだか怖くて・・・

、患者さんに近づけなかった。

昨日は私が患者さんの横について行ったメニューも、私は怖くて入れなかった。
先生が、やった。



あとは、いつものようにしてたつもりだけど、

「この人、怖い・・・」って思ったら、なんかダメ・・・。




終わったとき、患者さんが言った。

「○○ちゃん、大丈夫? そんなんやと、私が気を使うでー」

私の目を見ずに・・・。


「はい、大丈夫です^^ またあさって、よろしくお願いします^^」

って一応笑って、言ったけど・・・  



笑えない。

人に、あんなふうに直接言われたことない・・・っていうショック。

先生、この人 怖いよ・・・ひどくない?っていう思い。

先生は、私たちのこの個人的感情のもつれ?に気づいてなんだろうなーっていう思い。


と、また

最後まで、空気を変えられなかった自分への憤り。

患者さん側に自分の緊張をすべて察知されていたという憤り。

個人的感情が出すぎて、うまくかわせなかった憤り。



今までも、ずっと人と接する仕事してたのに、こんなこと初めて。

プロとして、失格・・・。いい年して何やってんだろ?


このやりとりが全部先生の前で行われてるし・・・。

先生と患者さんのほうが、つき合いも長く 私なんか問題にならないほど仲がいいワケで。


っていうか・・・

先生の前でワザと言ったんだろうな。 (←こう思う自分もイヤだし)


あああ、もう分からん。


でも、とにかくプロとして失格。




リハ室に戻ってから、先生にも注意された。

「明らかに、一線引いてたでしょ。」

「相手は患者さんなんだから・・・サラっと笑ってごまかさないと。」


はい、はいって聞くしかない。


先生のこと2人とも好きなんだから、ムリって思ったり・・・

いい年して、実習中に色恋沙汰で何やってんだ、私><っていう気持ちと、


先生の前で、涙を流す自分。



ああああああ、サイアク。




そのあとのレポートのフィードバックも、なんだか冷たいような気がして。


「○○の障害で、全部片付けてしまっているように感じるんですけど・・・」
って腑に落ちないことを伝えたら

「それじゃあ、病態を無視してることになるで?
  探究心も大事やけど・・・じゃあ腑に落ちるような説明ができやな。」


イラついてる気がする。

先生の意見に納得できないって、学生の分際で言ってるんだから、当たり前か。



かわいくないなぁ>< 私。



何も話せず・・・

レポートの話しだけ。


当たりまえ。



バカだねぇ・・・私・・・




駅まで、泣きながら歩いた。

電車を待ってたら、
大事な大事なレポートのデータが入ったフラッシュメモリーをロッカーに忘れてきたことに気づいた。


やっとれん・・・;;


さきほど歩いてきた道を また15分歩いて戻った。


もう歩くのはイヤなので、別の交通機関を使うことにした。

ら、

降りるはずの駅を 寝過ごしたw


なんていう日・・・



今日は、最初から きっとこういう日だったのかな。


あーあー・・・


明日は、笑えるのかなー。


笑えますように・・・


うん、笑っていこう^^

サイアクな日 

January 28 [Wed], 2009, 22:42
今日は、ホント 超サイアクな日だった・・・

昨日までは、ちょっとウキウキしてたのに、もーダメだ。終わった。


あーあー・・・

今日っていう日をやり直せたらいいのにな・・・


こういう日って、ホント自己嫌悪する。


イヤだね、イヤだねー。

今は、涙が止まらなくても、

来週には元の生活にもどって、きっとこんな気持ちもすぐ忘れちゃうよね。



だと、いいな・・・



恋って、人をもっともハッピーにさせるものだと思うけど、その反対になる可能性も半分以上しめてる。


届かないなら、出会いたくなかった。




あーあ・・・



今日は、とっても自信のない人になってるなぁ、私・・・(´Д⊂ヽ ああ、サイアク・・・





私以外の、女の子はみんなかわいいのに

なんで、私はこうも負けずキライで、我が強くて、ガンコで、プライドが高くて、素直じゃなくて・・・



かわいくない。




もう会うことはなくなっちゃうなんて、不思議だけど

ただ、

元の生活に戻るだけ・・・


元の生活に戻るだけ。



あんなステキな人と出会えて、久しぶりにちょっとだけ恋をしたこと。


感謝できるようになるまでの辛抱。。。



寝たら、少しは落ち着くのかな。



寝よ・・・

 

January 27 [Tue], 2009, 21:28
最近の、私的ヒット 『我が強い』www

「すみません、私『我が強い』ので・・・」と、レポートに書いてみたり^^

先生に対する、私の軽いイヤミ。


なのにー、
今日、突然 患者さんが言った。

「てっぺいちゃん。いい先生になるでー^^」

「ホントですか^^!?」

「うんうん、まぁちょっと なんていうか・・・『我が強い』けどな。」


wwwwwwwwwwwwww。


先生と目を見合わせて、超爆笑ーーーー!!
  
ここ数日の間に、自分の性格を2人の人間が全く同じ言葉で表現するとは!!

どーゆーことっ!!


ってゆーかー・・・


先生には、やっぱり自分の意見とかどう考えてるかとちゃんと伝えたいから

「我が強い」って言われても、まぁ分かるのだけど

患者さんにまで、言われるとはww


「○○さんには、我の強いとこ出してないと思いますけど^^;」

って言ったら

「出してないけど、出とるんやろなー。」だってwww


最近は、レポートの遅れもあって
先生の治療中、関係のない話しに口はさまないようにしてるのだけど

私が、ベトナム風だ、とか

アオサイが似合うーとか

やっぱ、我が強いとか

今日は久しぶりに、3人でたくさん笑った日だった^^


でもねー、患者さんにヤキモチ妬いちゃうんだ、私。

患者さんは、先生のこと大好きだし

患者さんと話してる先生は、とても楽しそうだし。



あーあー複雑な気分・・・

私にも、先生のあんな笑顔を見せてほしいな・・・。



今日も、レポートダメ出し。
私のレポートを読んでも、患者さんの1番の問題点が、まだ見えてこない、って。

今日こそ、完成だと思ったのになぁ><


まぁ、1症例をじっくりやって
問題点の見極め方を教えてもらおうと、開き直っている今日この頃。

リハ室を出たのは、7時半頃かな。



とうとう今日は、作戦に出たw

私の、高校のときからの得意技!

「偶然装いのワザ!」www


先生も、もう帰るころだ見定めちょっとウロウロしてた^^

カバンの中をゴソゴソしながら、何か探してるフリ。


案の定、私服の先生登場^^ なかなか、ステキー

歩き過ぎ去りながら、
「まだ、おったの?」との言葉。

すかさず言うのは、「自転車のカギがないんですー」


「大丈夫なん?」

「ロッカーは?」

カバンをゴソゴソしてる私を、振り返って、立ち止まってる。


そりゃ、おいていけないよね。 やさしいなぁ;;


先生が立ち止まってるから、待たせちゃいけないような気がして私も歩き出した。

カバンをゴソゴソしながら、歩く私を 時折振り返る先生。


病院の玄関を出たとこで、ちょっと勇気出して言ってみた。

「先生、送ってってあげようとか思いませんかー?^^」



「ええよ。」



やったあ



なんか・・・

いつもはユニフォームで過ごす「先生」と私の関係。


私服でいるとちょっと、距離が近づいたような錯覚がしてしまう。

車という 先生の超プライベートに潜入して。


全然、あり かも、私たち。


なーんてね・・・1人芝居。



あと、3日か (´;ω;`)




笑って過ごせることいいな 

January 26 [Mon], 2009, 20:46
すっごく好きなTVコマーシャル。



この人の笑顔・・・ホント、ステキ

私も、この人くらいの年齢になったらこんな顔していたいなって思う。


毎日、笑っていられることって、考えたらとても幸せなこと。


泣いても、笑っても 同じ時間しかないのなら、笑って過ごしたい。






マーク 、書いておきましたよー」


「どうやって、解釈したらええの?」って笑ってた。


「感謝していますってことです」


「そかー(笑)」


今日に限って、早く帰らなくちゃいけないとかで・・・

周りに人もいたし、それで終わった。




私の精一杯だったのにな・・・


実習9日目 

January 25 [Sun], 2009, 19:59
前夜から、ネカフェに入り、歩行分析やり直しーー
大した量じゃないのだけど、朝までかかった。

たった20行ほどの文を書くのに朝までかかったwww

バカすぎーーっ!



先生に借りた
他の学校の学生のレポートがすごすぎて
何とかこれに追いつこうと思うものの、全身が見れてないから考えても書けない;;

太刀打ちできない><

なさけない・・・ orz




いつものように外来患者さんの電気とかやってたら、先生がきて

「○○さんの、ROMやってもらおうと思って。」

っていうから、ゴニオ持ってったら

「えっ・・・ROMエクササイズだよ。治療」

って言われて、めっちゃ恥ずかしい思いをした。


ROMって言ったら、ROM測定・・・って学生的発想なのね。

どうりで話しがちょっと、通じなかったワケだwww




カラダの筋緊張が高まった患者さんへのROM。

先生を見てマネするのだけど、こちらの力が負けてしまう。

患者さんが「(私の力が)まだ、弱い」って言うのだけど、私の二頭筋がもうプルプルきてて・・・

あーーー、ごめんなさいー><

女のセラピストっていうデメリットを患者さんに感じさせちゃ、ダメだよね・・・




 
今日も続いて、担当患者さんの歩行観察。

他の学校の子がやってたように
異常動作だけじゃなくって「歩行の様子を全部述べる」、っていうのに挑戦してみたのだけど

新しいことは何もでてこなかった・・・;;

異常動作にばかり、目がいってしまうし

何を書けばいいのか、分からない。だって、フツーだもん、みたいなー。




終わってから、先生に1つ1つ説明してもらって・・・バカ丸だしwww

それだけでも情けないのに、

ある説明のときに先生が「このときの股関節は?」って聞かれて

「動いてます」って言った私。

股関節が相対的に見て、どんな位置にあるかを言ってほしかったみたい。アホすぎ・・・

このときばかりは、小突きが入った



めっちゃバカだと思われてるだろうな・・・


違うのよー


先生が近くに立つと緊張して、頭が回らないのよお。

ただでさえ頭の回転が遅いのに。


私のダメっぷりに、先生も頭が痛いと思ってるかもしれん。


症例発表あるんですか?って聞いたら

「迷っとる。間に合わんよなぁ・・・」って。

(´・ω・`)ですよね・・・


でもさ、

やりたくなーい(゚∀゚)! プロのPT相手に絶対ムリ。


「でも、学校でやるんやろ? なら、やっとかんと、できへんやろ?」


「できる。 学校じゃできる^^ できます。」



ホントにこう思ったの!このとき。  

で、あることに気づいた


『学校でだったら、できる。』

この言葉にウソはない。



自分の評価結果をふまえ、自分なりに噛みくだいて、この方の症状とか問題点とか
他の人より遅いかもしれないけど、今回、時間をかけて勉強したことで、
担当患者さんのこと、先生の次に誰よりも分かってる自信はある


だから、できる!って思った。


でも、プロのPT相手だったら・・・


:(;゙゚'ω゚'): できませーん。

何、聞かれるか分からないし、矛盾点をついてくるだろうし。



なんだ・・・この違いは



って、考えた。 不思議だった。 この違いが。



答えは、 


 『自信』 だね。




『自信』かー。



自信・・・




そっか、自信ね・・・



こないだ、自分に『自信』が持てなくて泣いてたんだ、私。

人には「自分に自信がない女は、魅力がないっ!」って伝えたばかりなのに。



自分に自信がもてなくて、泣いてた。

自信がもてない自分が悲しくて、泣いてた。

きっと、これからも好きな人の前では、
こんなふうに自信がもてなくなってしまうんだろって思って涙がこぼれてたんだ。



そかそか・・・自信。


大事だね☆



自分の中の強ーい味方だね、「自信クン」



うんうん、自信のない女は、魅力がないっ! やっぱ、これ鉄板w





先生に「我が強い」って言われたwww


「納得してやんの、すぐに分かるし」


我が強いと、実習先で打たれることもある、っていう話。

「我が強い、んじゃなくて、ウソがつけないんです。正直モンなんですー!」


先生、我の強さは、まだ半分も出してませんが
ううっ、どうしてバレてしまったんだろう・・・(TдT )




ということで、自信を持って、開き直る実習9日目 ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン





実習8日目 

January 23 [Fri], 2009, 21:56
今日は、初めてのレポート提出したーーっ。


「私、すごいの書いてきますから」と言い切ったのに・・・

超ダメダメだったああああ


なんと言っても、歩行観察ww

学校で書いてたものなんて、ママゴト!って感じだわ。


他の学校の子が書いたレポート見せてもらったけど、全然違うしっ


なんじゃ、それーーっ!ってな感じ。



それ見てたら、自分のレポート内容の根拠のなさが恥ずかしくなったわ。


股関節屈曲がみられない=筋緊張低下みたいな。


なんのために評価をしてるのか?

評価した結果から、何が分かったのか?

その中から、何が原因でその現象が起きてるのか?



・・・スミマセン。

やっと、評価の意味が分かりました。



っていうか、深すぎーーーっ!


とりあえず・・・歩行分析からやり直し。

とにかく、全身くまなく見る!



他の学校とレベル違いすぎない???ウチ??

バイザーの先生に、1つ1つ説明をされて、
やっとレポートの流れとか考え方が分かった気がする・・・


今まで、どれだけ根拠のない内容のレポートを書いてたんだろっ。



とりあえず、歩行分析だけやり直してきて、と言われ・・・


症例発表とか間に合うんだろうか(;゚Д゚)



でも、バイザーの先生に恥じをかかせたくないし・・・がんばらなくては!!


っていうことで、できるところまでレポート書きなおそう!


明日、起きる自信がないので、病院近くのネットカフェ行ってやりますー。











P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:てっぺい
  • アイコン画像 誕生日:1973年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像椎名みくる
» 夢から醒める日 (2011年10月01日)
アイコン画像てっぺい
» 夢から醒める日 (2009年02月04日)
アイコン画像gianda
» 夢から醒める日 (2009年02月03日)
アイコン画像てっぺい
» 大好きだな・・・ (2009年02月01日)
アイコン画像gianda
» 大好きだな・・・ (2009年01月31日)
アイコン画像てっぺい
» 昨日のこと (2009年01月30日)
アイコン画像bamama
» 昨日のこと (2009年01月29日)
アイコン画像てっぺい
» 笑って過ごせることいいな (2009年01月27日)
アイコン画像bamama
» 笑って過ごせることいいな (2009年01月26日)
アイコン画像てっぺい
» 実習7日目 (2009年01月25日)
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE