車と間違われた女

May 17 [Sat], 2014, 23:28
このまえ、近道で郵便局の駐車場をよこぎりました。

駐車場の出口には、バーが上がり下がりする、車専用のゲートがあります。

一台の車がゲートをくぐりました。

するとゲートから女性の機械音声が流れます。

「車両が通ります。ご注意ください。」

つづいて私がゲートをくぐります。

私は徒歩です。
車に乗っていません。

ゲートをくぐりました。

「車両が通ります。ご注意ください。」

ん?

車両がどこ通った?
私には見えなかったぞ?
私のことか貴様ー!!

たしかに私はぽっちゃり系だよ、森三中の黒澤に似てるって言われるよ!

だがな、
車両と間違われたのは初めてだよ!

いや落ち着こう。

機械だもの、誤作動はつきものだよね。たまたまだよ。
私は心が広いので許してあげました。

また別の日に、そのゲートをくぐることにしました。

私の前に、同じように近道しようとしてる女性が歩いていました。
女性がゲートをくぐりました。

機械音声は何もしゃべりませんでした。

なんだやっぱりこの前のは誤作動だったんだ。
私もそのあとゲートをくぐりました。

「車両が通ります。ご注意ください。」

貴様ー!!

そのしましまのバー折ってやろうか!
設定されてる車両それ私の知らない車両だわ!
機械のふりして中に誰か入ってるでしょ!

もう私は近道するのをやめました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tentryo
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる