ふっきるのだ。 

2006年10月23日(月) 16時47分
仲良くしていただいているヘアメイクさんに
久しぶりに髪の毛を切ってもらいました。
そして、人生のダメ出しをたくさん……

指摘されて初めて気づいた自分の気持ち。
気づかないふりをしてきた自分の気持ち。

たまにしかお会いしないのに、
こんなに客観的に、でも愛情たっぷりに、
私のことを気にかけてくださっていたのだなぁ、
と思ったら、うれしくて、涙が出てきてしまいました。

真実は、耳の痛いことが多い。
でも、それを言ってくれる人は少ない。

悩んだり迷ったりしているときは近所の美容室で済ませて、
ふっきれたくなると、どんなに忙しくても私のところに来るよね。

……そ、そうでしたっけ?
うわぁ、気づかなかったけど、そうかもしれない。
今回も、忙しそうだから別のところに行こうかなぁ、と思ったのに、
ふと思い立って、「行ってもいいですか?」って電話したんだよなぁ。
無意識のうちに、直感にしたがっていたのかも。

自分が本当にほしいもの、失いたくないものは何なのか。
今いる場所で、それが手に入れられるのか。
現状を捨てなければ手に入らないものなのか。
よく考えて、自分のスタンスを決めなさい。
何があっても「私はここよ!」って言えるようになったら、きっと変われる。

本当に、本当に、ありがたいなぁ。
ふっきらなくっちゃね。前へ進もう。進みたいよ。

忘れてた。 

2006年10月21日(土) 1時43分
病院に行ってきました。
ひとまず鎮痛剤で頭痛をおさえつつ、
一週間血圧を測ってみることになりました。
その結果によっては、降圧剤を飲むことになるかもしれません。

今さらですが、生活の乱れを正していかないといけません。

・塩分を控えること。
・なるべく体を動かすこと。
・食べ過ぎないこと。

うーん、今回は塩分の高い物を食べ過ぎたのが発端かも。
食べ過ぎ注意! これ、すっかり忘れていました。
気をつけましょう。

助けて。 

2006年10月20日(金) 2時37分
明け方に頭痛で目が覚めることがあります。
しばらくすると吐気がやってきて、それから数時間は
布団とトイレを往復することになります。
出勤時間までになんとかおさまってくれればよいのですが、
大抵は半休か休みをとる羽目に。

身体的、精神的に無理をしたときや、
暴飲暴食をしたときに出やすい症状で、
血圧も関係しているらしい。

独りの部屋で頭を抱えてのたうちまわっていると、
いつも以上に将来が不安になってきます。

誰かにそばにいてほしい…
もうひとりぼっちはたくさんだよ…

いつまで続くんだろう。誰か助けて。

情緒不安定。 

2006年10月11日(水) 3時16分

苦楽を共にした同期が5月、6月と続けて退職して以来、
人とあまり話さなくなりました。
新しい部署の席の配置上、ということもあるし、
仕事のパートナーが外回りでほとんどいないから、というのもある。

だからといって、日がな一日独りで寂しくいるわけではなく、
それなりにいろいろな人と話すように努力しているし、
たまに誰かが話しかけてくれると、ひどく嬉しかったりもする。

でもね、何かこう…溜っていくのです。
本当に想っていることを話せる場がないから。
だから時々何もかもが嫌になって、イライラして、爆発しそうになる。

今日は、わりと仲良くしてもらっている人の言葉に、
自分でも驚くほどにカチンときて、つい、怒りをぶつけてしまった。
人と付き合っていく上で、私が大切に想っていることが、
彼女には理解できないのだ、どちらが良い悪いではなく、
根底にあるものが違うのだ、とこれまでの付き合いの中で
わかっていたはずなのに、その部分で爆発してしまった。
たぶん彼女には何のことやら理解できなかったでしょう。

言ってしまったあとで、とても苦い気持ちになりました。
伝えなければ、怒りに満ちた真っ黒い心を持て余して、苦しかったでしょう。
でも、彼女の心を曇らせたことは、私の心に雨を降らせた。

小さい頃から、自分の気持ちに正直でいようとすると、
決まって誰かを傷つけてしまい、激しい自己嫌悪に陥ってきました。
自己主張が下手なのね。
だから、言葉や感情がどんどん溜っていって苦しくなる。

この悪循環、なんとか断ち切れないものか。
自分に素直に生きることは難しい。

帰宅してからも沈んだ気持ちでいたら、
今いちばん心の距離を縮めたい人からメールが届いて、
少し救われました。ありがとう。
この気持ちは恋愛感情ではない、と思う。
物事の捉え方や人との距離の取り方、好きなことが似ていて、
こういうのをソウルメイトというのかしら、
と思うのです。でもまだお互いに遠慮があって。
もっと居心地の良い関係になれるといいなぁ!

いつか私も。 

2006年10月09日(月) 22時35分
10月に入り、最初の1週間だけで3回の結婚式に出席しました。
三組三様、個性が出るものですね。実に興味深い。
みなさん、どうか末長くお幸せに。

昨夜、久しぶりの母との長電話でこのことを話したら、
案の定、「あなたはいい人まだいないの?」と。
申し訳ございません、母上殿。
「真面目に生きてるだけなのに、何がいけないのかなぁ」
思わず弱音をぽろりと吐いて、“しまった!”と反省。

ところが、
「そうね。あなたはいい子なのにね」
思いがけない母の優しい言葉に、泣きそうになった。

母親ってすごいな、と思いました。叶わないですね。

ありがとう、お母さん。

いつか私も幸せにならなくちゃいけないね。
その日まで待っててね。

またもや。 

2006年09月05日(火) 0時23分
沖縄に来ています。
初めて那覇より南下しました。
まずは、ずっと惹かれていた場所。斎場御嶽へ。
思っていたよりもっと山深くて、緑が濃くて、
静かだけれど力強い意思を感じる場所でした。
聖域に少しだけおじゃまさせていただいたような感じ。
写真を撮るのもためらうような、つい小声になってしまうような。
やっと行けてよかった。おじゃましました。

そして、少し足を伸ばして、これまた憧れていたカフェ。浜辺の茶屋へ。
本当に浜辺にありました。
開け放した窓から見える海は、いつまでも眺めていられそう。
心が洗われました。

さて。今はぐんと北上して、本部町の海沿いのホテルにいます。
一時間ほど前、波の音に混じって聞こえる激しい雨音に、外へ出てみたら、
浜辺はザーザー降りなのに、海の上には月がぽっかり浮かび、
淡い月光に照らされた水面がキラキラしていました。
この感じを胸に刻んでおこう。そう思いました。

今日も新たな力をくれた沖縄に、感謝します。
ありがとう。

マイ☆ヒーロー 

2006年08月09日(水) 20時37分
先月再会した「大好きだった人」と、久しぶりに話をしました。

「調子はどうだい?」と尋ねられ、
私は 「まぁまぁ、ぼちぼちかな」 と答えました。
すると、その人は言いました。

「バッカだなぁ! こういうときは、嘘でも“絶好調!!”って答えるんだよ。
 そうすると、本当は調子がよくなくても元気が出てきて、
 すごい幸運が巡ってきたりするもんなんだぞ!!」

本当は、「まぁまぁ、ぼちぼち」なんかじゃなくて、
くたくたで、くよくよしていました。
そういうところにちゃんと気がついて、
でも気づかない顔で、元気づけてくれる。

その昔、いろんなことに馴染めなくて、
いつもガチガチに緊張していた私の背中を、
「嘘でもいいから、いつもの笑顔で笑っていればいいんだよ。
そしたらきっと本当に笑えるようになるから」
と押してくれたのも、この人でした。

滅多に会わないのに、ここぞというときにあらわれて、
ポジティブな気持ちをくれる人。
出会えてよかったと心の底から思える人。

私にとって、永遠のヒーローです。

いろんなことがありました。 

2006年07月23日(日) 23時48分
前回の日記からずいぶん経ちました。

5月。苦しんできた場所からの脱出が決まりました。
   2回目の阿嘉島で、6〜7年ぶりのダイビングに挑戦。
   浮かれ気分でいるところに、父が入院しました。

6月。新しい部署での仕事と、父のお見舞いで、
   身も心もくたくたの毎日を過ごしました。
   でも、10年ぶりに家族が結束できたことは貴重な経験でした。
   「好きだ」と思える人ができました。片思いだけど。

7月。父が退院しました。完治したわけではないけれど、
   これからは、母と二人でお互いを想いあって暮らしてほしいと願う日々。
   大好きだった人に再会しました。
   会わない間に、離婚して、再婚して、今度はちゃんと指輪もして、
   少し太って、幸せそうで。
   あなたが幸せでいてくれたら私も幸せ。
   そう思っていたころのことを懐かしく思い出しました。
   もう二人の道が交わることはないけれど、
   ずっと心残りだったから、また会えてよかった。神様に感謝します。
   「好きだ」と思えた人との距離は縮まるどころか広がっているかも…


あ。すごいことがあったのです。
ドリカムを聴けるようになりました。これはすごい進歩です。
ずいぶん時間がかかりすぎたけれど、確実に進んでいます。
がんばれ。私。

風にのろう。 

2006年05月10日(水) 1時15分
1ヶ月ぶりのご無沙汰です。
気づけば5月。
1年の3分の1が終わってしまいました。
もがいて、もがいて、苦しい4ヶ月でした。

ここを去ろう、と思うきっかけになった出来事は、
いまだに解決できていないし、
今後の自分像はまだ見えてこない。
友人の幸せを素直に喜べない気持ちのときもあって、
そんなときは、自分の心の狭さに嫌気がさす。

でも。

嬉しいこともありました。
新しい発見もありました。
胸がときめく出逢いもありました。
笑顔の自分を感じる回数が増えてきました。

風向きが少し変わってきたような気がします。
新しい段階に進んだような。

風にのろう。はばたこう。
きっと大丈夫。きっと飛べるよ。

あやかりたい。 

2006年04月05日(水) 1時48分
先週から、友人たちのおめでたい話題が続いています。

まずは先週の月曜日。
6つ年下の同期からの結婚(が決まった)報告。
年内に挙式予定とのこと。おめでとう!

その翌日は、大学も前職場も一緒だった、1つ年下の後輩より、
結婚(が決まった)報告。
夏に式を挙げて、その後は甲府に住むのだそうです。
おめでとう!よかったね。

そして今日は、昨年7月に結婚した同期から、懐妊のお知らせが。
大阪〜福岡の過酷な出張中に判明したそうで、何事もなくてよかったです。
明日から東京でのハードな生活が始まるので、全力で助けたいと思います。
予定日は11月29日とのこと。楽しみだなぁ。
おめでとう!本当におめでとう!