転職活動 

June 06 [Fri], 2008, 15:29
終身雇用という考え方が現在の日本ではなくなりつつあります。よりよい職場を求めて転職活動をする人が増えています。転職活動をしようという人にとって心強い味方が転職支援サービスがあります。具体的に転職支援サービスとはどのように転職を支援してくれるサービスなのかご紹介します。インターネットで転職支援サービスをしてくれる会社は簡単に検索することが可能です。このシステムは、その会社に相談すると経験豊富なキャリアコンサルタントが、自分のキャリアや希望に合ったぴったりの求人企業とマッチングして仲介をしてくれるというものです。一般には公開されていない求人を紹介してもらえることも、転職支援サービスをしている人材登録会社に登録することによって可能になります。これにより情報収集や転職活動の幅が広がるでしょう。キャリアカウンセリングを受けることができ、いろいろな相談をすることもできるのが転職支援サービスの良いところだといえます。実際に面接を受けるときには面接に関するアドバイスや、職務経歴書の添削なども受けられますので心強いでしょう。厚生労働大臣の認可を受けて、転職支援サービスをおこなっている民間企業が多々あるようです。自分ひとりで転職活動するよりも効率的にできるという点からも、転職を考えている人は転職支援サービスを利用することをおすすめします。

言語聴覚士の転職 

May 11 [Sun], 2008, 18:22
言語聴覚士の転職活動の仕方について調べてみました。ここ数年、言語聴覚士の転職を繰り返しながらキャリアアップをしていくことを希望する人が増加しています。就職して2〜3年で言語聴覚士の転職を考えることも珍しくありません。では実際に言語聴覚士の転職しようと思ったら何をしたらよいのでしょうか?最初に必要なのは、言語聴覚士の転職活動と職探しの流れを把握することです。言語聴覚士の転職のきっかけは様々ですが、仕事を変わろうと意識し始めた時に最初にすべきことは、何故言語聴覚士の転職したいのか?を自問して整理することです。そして、これから就職活動をするに当たって自分が身に付けたいものは何なのかを考えます。そのためには、まず今までの自分の仕事内容、キャリアを振り返って、自分の好きなこと・嫌いなことを整理してみることです。その上で進みたい方向を検討することを始めます。それからいよいよ職探しです。インターネットやフリーペーパー、もちろんハローワークにも通って、いろんな媒体を調べて情報を集めましょう。その中から希望の病院をピックアップします。ぜひやってみたい仕事、チャレンジしてみたい仕事が見つかれば、職務経歴書や履歴書を作成して、その診療所に応募してみましょう。応募の前には、面接や試験の準備もしっかりしておく必要もあります。内定をもらうことができたら、いまの病院の退職する日を決めて直属の上司に退職願いを提出します。そして後任者に丁寧に引き継ぎをして書類など各種手続きを完了させ、円満退職をめざしましょう。ここまで説明してきた言語聴覚士の転職活動の流れを目安に言語聴覚士の転職活動の日程を組み立ててみましょう。いまの福祉施設を退職して次の仕事を決めるまでのおおまかな言語聴覚士の転職活動の流れのスケジュールを決めていきます。言語聴覚士の転職サイトなどのアンケートを見てみると、言語聴覚士の転職活動にかかった期間はだいたい1ヶ月〜3ヶ月ぐらいという人が多いようです。それぐらいのスパンで自分なりの計画を立ててみるのも良いかもしれません。

ケアマネージャーの就職 

April 17 [Thu], 2008, 10:06
女性のケアマネージャーの面接は男性の介護支援専門員の面接とどう違うのでしょうか?
一般的に、男性の介護支援専門員の面接官が多いといわれている面接において、女性のケアマネージャーの面接にのぞむ準備をしている人もいるでしょう。転職活動には性別の関係などないと思う人も多いかもしれませんが、女性のケアマネージャーの面接を分析してみると、女性ならではの質問を投げかけてくる面接官もいるようです。女性のケアマネージャーの面接の特徴としては、病院側が女性のライフスタイルについて探りを入れてくることが考えられるといわれています。特に、独身女性などは結婚、出産、子育てなどこれからのライフプランについて聞かれるのも女性のケアマネージャーの面接にありがちな質問内容でしょう。雇う側も真剣な思いで、長く働いて診療所に貢献してくれる人を選ぼうと、女性のケアマネージャーの面接に臨んでいるからという理由もあります。しかし、実際にどのような答えが福祉施設から求められているのか、女性のケアマネージャーの面接を経験した人はその難しさに戸惑ったこともあるでしょう。女性のケアマネージャーする者側としては、通勤が便利であることは大切です。女性のケアマネージャーの面接で大切なのは、デイサービスに対する思い入れやどのような仕事で老人保健施設をサポートできるか、というアピールを十分にできるかという点につきるのかもしれません。ただし、女性のケアマネージャーの面接で女性らしさを強調しすぎるような短いスカートや、長くて鬱陶しい髪はマイナスポイントになる事も考えられます。すっきりとした身なりで女性のケアマネージャーの面接を受けるのが良いでしょう。また、女性のおしゃれの一つであるネイルの色なども、ピンクやベージュ系など、主張しすぎない色で女性のケアマネージャーの面接に臨むのが常識といえます。ノウハウとしては、女性のケアマネージャーの面接も男性の介護支援専門員の面接試験も同じと考える人が多いかもしれません。しかし、女性ならではの面接のテクニックが女性のケアマネージャーの面接で活躍することもあるでしょう。女性のケアマネージャーの面接について勉強したいという人は、女性のケアマネージャーをサポートする会社のセミナーに参加してみるのも一つの方法です。インターネット上の情報を上手に活用して、女性のケアマネージャーの面接を成功させましょう。

医療・福祉 

March 28 [Fri], 2008, 8:15
秋田県は、医療・福祉施設や特別支援学校などを秋田市上北手の南ケ丘ニュータウンに一体整備する「こども総合支援エリア(仮称)」の療育機関について、弾力的で安定的に事業を運営するため、地方独立行政法人化が適当だとする運営体制案をまとめました。2,010年4月の開設に合わせ、単独法人を設置するとしています。療育機関は、県が運営主体の太平療育園(秋田市)と、県100%出資の社会福祉法人「小児療育事業団」が運営する小児療育センター(同)を統合して新設します。療育園の職員125人は、非公務員型の新法人に移行。センターの職員79人についても新法人が継承します。・・・ ヤフー!ニュース より

音楽療法士
行動療法士
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tensyoku-110
読者になる