50代の転職情報

February 28 [Thu], 2013, 17:58
50代での転職って、若い世代に比べるとなかなか求人もないし、いまから新たな分野にチャレンジするのを躊躇ってしまうかもしれません。
確かに、50代になってからの転職・再就職ですと、他業種とか未経験の分野についてのは、いままでと同じ業種への再就職よりはぐっと難易度も高まります。
しかし、仕事以外での趣味や得意分野を活かすことができる分野にチャレンジしてみたいと思う方は多いようですし、実際、長年培ってきた経験を生かすことが出来る転職先で活躍する40代や50代の方は増加傾向にあるようです。
そうはいっても、どこかいい転職先はないかと新聞などで求人情報をみても、35歳を上限にしている企業が多いのが実情です。
だからといって、まったく50代の求人がないかというと、そういうこともなさそうです。
50代での転職・再就職を成功させるためには、やはりインターネットや人材会社の情報を活用することが大切になってきます。
企業にとっても、50代の転職者は即戦力になってくれますし、幹部候補としても期待できる人材を採用できると考えるようになってきています。
現在は転職を支援する、転職専門の人材会社がありますし、50代の転職ではこのような人材会社を活用して情報収集にあたるのがいいでしょう。
人材会社によって、得意とする業種はさまざまなようですから、業種や職種に絞って探すことが出来るとより具体的な情報を集めやすいでしょう。

http://www.azbooks.mbsrv.net/

50代で独立 コンサルタント

February 20 [Wed], 2013, 17:58
50代で独立してコンサルタントの仕事をして見ませんか。
50代になると会社での出世や老後のことも気になり始める年代です。
今の会社にいても仕事は限られているし、定年退職後再就職するにもあてはないなど悩みが出てきます。
 そんな時は独立を考えてみてはいかがですか。
 独立と言っても難しいことはありません。
今まで仕事で培って生きた能力を生かすコンサルタントです。
コンサルタントは自分の知識、ノウハウ、経験などを必要としている人にアドバイスするだけです。
もし、機械設備の営業をなさっている方ならば機械設備の販売の仕方、アフターフォローなどあなたの技術や情報ををアドバイスするのです。
また、人事部で働いている人は、人事についてのトラブルの解決方法や採用方法などをアドバイスするのです。
どうでしょう、あなたもコンサルタントして50代で独立している場面が想像できましたか。
あなたも50代で独立してコンサルタントを目指してみましょう。

中高年の転職と再就職を成功させる方法

April 01 [Fri], 2011, 10:50
50代での中高年固有の問題があるので、20代30代のステップでの転職や再就職をまねすることは出来ないのです。詳細は面接でしかわかりませんのでためらわずによい転職先や再就職先があれば申し込みましょう。ここをわかっておれば転職と再就職の成功の確率を高めることができるのです。20代や30代の転職や再就職と違って、50代中心の転職・再就職はおもむきが変わってきています。その大切なポイントとは「機会を逃がさない」ということにつきます。

50代中心の転職・再就職では求人数は20代や30代に比べて少ないことはすでに認識されているはずですね。ですから、「機会を逃がさない」ここに50代での転職と再就職の成功の秘訣なのかもしれませんね。その姿勢が転職先や再就職先の心象をよくしてくれます。それが、50代中心の中高年の転職と再就職を成功させる方法なのです。

ともかく応募してみなければ前には進みませんので、転職や再就職先によい求人があれば応募は致しましょう。でしたら「これは!」と思う求人がありましたら「必ず応募」してみてください。ここがダメでも次があると顔に出して面接などすると、相手にはわかってしまうものなのです。応募に対しては、当然ですが、全力投球で行ってください。

気に入った転職や再就職先があるのでしたなら、120%のアピールをして転職先や再就職先の面接官にはアピールしていきましょう。思い切って応募して、戸惑いながら笑みを浮かべて帰ってこられた方をいままで多く見てきております。転職や再就職探しで求人内容を自身で確認して「よさそうな企業だけれども・・」と躊躇(ちゅうちょ)してしまい応募をあきらめる50代の転職者や再就職希望者さんを見かけますが、これではいくら頑張って転職・再就職しようと考えてもうまくいきません。50代を中心に転職や再就職を考える人の中には、先入観や思い込みが強くなりすぎて良い方向へ行けばよいのですが「機会を逃がす」ケースをよく見かけます。

50代以上のの中高年をターゲットに求人募集

January 12 [Mon], 2009, 10:49
50代という、いわゆる中高年の年代層が再就職をするには以下のような理由があります。
1.リストラ
2.会社の倒産
3.病気
4.懲戒解雇

などの他にも人それぞれ、様々な理由があるでしょう。
そして50代という中高年の人達が再就職をするというのは20代、30代の人達に比べてかなりのハンディーがあるのです。

実はこのハンディーというのがいわゆる中高年層という年齢の壁ですね。この年齢の壁こそが50代という中高年層の人たちが、再就職を考えるときに最初にクリアしないといけない壁なのです。
現実にも求人の年齢制限はそのほとんどが35才以下となっています。仮に運良く就職先が見つかったとしても多くの条件がついてきます。
それは正社員ではなく、契約社員であるとか派遣社員であるとか、給料が安いとか、希望する職種ではないとか・・・・・
現実には満足できるものがないというのがほとんどです。しかし、50代という中高年層の再就職においてそれを実現するための王道といわれるポイントはあるのです。

そのポイントこそ、「業種や職種を絞らない」ということです。なぜならば、ハローワークや求人系サイトに募集のある求人が、ほとんど35歳以下になっているためです。
50代の人が再就職するための確率をあげるためには業種や職種を絞らないことが王道なのです。
しかし、これはあくまでも一般的なことであって、世の中にはむしろ50代という中高年層を重宝する企業もあるということを認識してください。

その理由は50代という年齢層は20代、30代に比べるとキャリアが豊富な年齢層であり、即戦力として期待されるからです。
現在のように、終身雇用制度や年功序列型の給与体系が崩壊した社会では、その反面、50代以上の中高年が再就職しやすくなった要因となっているのです。

実は、あえて50代以上のの中高年をターゲットに求人募集している業界というのもあって、引く手あまたの状態という業界もあるのです。

50代の転職情報

January 12 [Mon], 2009, 10:48
50代での転職って、若い世代に比べるとなかなか求人もないし、いまから新たな分野にチャレンジするのを躊躇ってしまうかもしれません。確かに、50代になってからの転職・再就職ですと、他業種とか未経験の分野についてのは、いままでと同じ業種への再就職よりはぐっと難易度も高まります。しかし、仕事以外での趣味や得意分野を活かすことができる分野にチャレンジしてみたいと思う方は多いようですし、実際、長年培ってきた経験を生かすことが出来る転職先で活躍する40代や50代の方は増加傾向にあるようです。

人材会社によって、得意とする業種はさまざまなようですから、業種や職種に絞って探すことが出来るとより具体的な情報を集めやすいでしょう。50代での転職・再就職を成功させるためには、やはりインターネットや人材会社の情報を活用することが大切になってきます。

現在は転職を支援する、転職専門の人材会社がありますし、50代の転職ではこのような人材会社を活用して情報収集にあたるのがいいでしょう。そうはいっても、どこかいい転職先はないかと新聞などで求人情報をみても、35歳を上限にしている企業が多いのが実情です。

企業にとっても、50代の転職者は即戦力になってくれますし、幹部候補としても期待できる人材を採用できると考えるようになってきています。だからといって、まったく50代の求人がないかというと、そういうこともなさそうです。

50代の再就職

January 12 [Mon], 2009, 10:47
35歳を越えると求人はぐっと少なくなり、企業が求める能力も高くなる傾向にあるので、50代の再就職の為には役職や年収のダウンそれに職種についても妥協が必要な場合もあります。」とお叱りを受けそうです。50代での再就職は若い世代に比べて楽ではありません。その為にはしっかりとした準備が必要なのです。

転職・再就職の経験、男性では4 割も!「ここ10 年以内に転職・再就職をした経験の有無」を聞いたところ、50代の男性の約40%が「経験がある」と答えたそうです。50代でもより有利な会社へ転職することも夢ではないといえるでしょう。平成のバブル時代、そしてバブルの崩壊、リストラを経験した世代から始まる新しい傾向なのでしょうか?終身雇用という考え方は今は昔という状況になってしまった昨今。働きたいのに就業できない理由としては、「経験・キャリアを活かせる適当な仕事がない」で、今までの経験・キャリアを活かして仕事がしたいと考えている人が多いにもかかわらず、その思いが実現していない実態が見えてきます。

不況のご時世です。つまり転職・再就職を専門とした人材会社を活用するのです。通常の転職活動以上に精力的に探す必要があります。

若い人たちも内定取り消し、派遣社員のリストラ「俺たちも就活、楽ジャネーヨ。一旦離職してからの再就職は50代でなくとも簡単ではありません。アメリカでは、ヘッドハンティングと言われ、転職はキャリアアップの手段として日常茶飯事ですが、年功序列・終身雇用がまだ常識であった、50代の男性の4 割もの人が転職を経験しているという結果になりました。


現実的に50代の再就職には収入や希望業種にならないなどの問題もあり、簡単に決まらないのが現実ですが、少なくとも個人で活動するよりもはるかに条件の良い再就職先を見つける事が出来ます。人材紹介会社に登録しましょう。

業種ごとに強みを持つ人材紹介会社も異なるので、業種専門のエージェントのいる人材紹介会社に登録する事から始めましょう。ハローワークの求人情報はインターネットサービスで厚生労働省職業安定局が求人情報をはじめとする雇用関係の情報を提供し、求職者が自ら求人情報を検索することによって、求人・求職の結合を図ること等を主な目的としており、全国のハローワークで受理した求人情報のほか、ハローワークへの求職申し込み、雇用保険手続き等の各種手続き、各種助成金、ハローワークの所在地等についての情報を提供しています。

人材紹介会社の転職エージェントは再就職を手助けしてくれます。再就職の為にエージェントを使う事で効率よく再就職先を探す事が出来ます。

現在では50代の再就職を支援する人材紹介会社も多く、職種・地域を絞って探す事も可能なので、これを利用しない手はありません。

50代からの転職支援サービス

January 12 [Mon], 2009, 10:46
50代からの転職希望で実際に面接を受けるときには面接に関するアドバイスや、職務経歴書の添削なども受けられますので心強いでしょう。またキャリアカウンセリングを受けることができるので、いろいろな相談をすることもできるのが転職支援サービスの良いところだといえます。転職支援サービスを厚生労働大臣の認可を受けておこなっている民間企業がたくさんありますので、50代からの転職を考えている人も自分ひとりで転職活動するよりも効率的にできますので、転職支援サービスを利用することをおすすめします。これは自分のキャリアや希望に合った最適な求人企業とマッチングして仲介をしてくれるシステムで、一般には公開されていない求人を紹介してもらえることも、転職支援サービスをしている人材登録会社に登録することによって可能になります。

実際50代からの転職を考えると20代〜30代のように簡単に転職とは行かないようです。50代の転職希望者が増えています。最近では、50代からの今までとは全く違った無理せず続けられる職種へ転職をするような新たな形での転職も増えているます。近ごろの日本では終身雇用という考え方がほとんど消えつつあるようです。

転職支援サービスをしてくれる会社はインターネットで簡単に検索できます。その一方で、中途退社、中途就職というスタイルも増えてきていますが、50代になってからの転職の場合は他業種や未経験分野への転職は厳しく、転職の際には多くの場合、50代という年齢が大きな要因となる場合があります。50代からの転職活動をする人にとって転職支援サービスは強い味方になるといえるでしょう。また50代以上の年齢での転職を支援するサービスも増えつつありますので、悲観することはありません。

50代からの転職活動でも、このサービスの利用によって転職活動の幅を広げ、情報収集をすることが可能です。そんな中でよりよい職場を求めて転職活動をする人が増加しています。しかし、50代の転職の受け入れがない訳ではありません。

P R