名古屋場所10日目

July 22 [Tue], 2014, 23:55
荒鷲関に寄り切りで敗れました。

立ち合いの踏み込みは荒鷲関が有利でした。
そして左上手を取られました。
遅れて時天空関も左上手を取りました。
しかし、右下手も取った荒鷲関が前に出ました。
そのまま時天空関は、寄り切られてしまいました。


うわーん。゚(゚´Д`゚)゚。
昨日の長い相撲の疲れですか・・・。


終盤戦、なんとか持ちこたえられますように!

名古屋場所初日

July 14 [Mon], 2014, 23:55
※久しぶりの更新です。

若の里関に内掛けで勝ちました。

立ち合い時天空関は、左胸から行き、すぐに左上手を取りました。
若の里関は右から両差しになり、前に出ていきました。
時天空関は土俵際で右を巻き替え、右を差して少し戻りました。
若の里関が左上手を取り、続いて時天空関も左上手を取りました。
時天空関は、右足内掛けで崩して前に出ようとしました。
そこで若の里関は後ろに倒れ、勝負が決まりました。

いい滑り出しでした。


取組前
「若の里関の土俵経験の長さ」から、藤井アナは「対戦相手も土俵経験が長い」という流れで時天空関に関して言及しました。
「時天空も今34歳、次の秋場所で35歳」
「時津風部屋には場所前、蒼国来が連日稽古に通っていました。大関琴奨菊が稽古に来た日もありました」
「その中で時天空は連日元気な姿を見せていました」

取組後
北の富士さん「器用なもんで、嫌な足癖ですね。簡単に決まるようなそんな強烈なものはないと思うのですがね。若の里がちょっと(以下略)」
舞の海さん「(スローVTRを見ながら)若の里も両差しになりかけたんですけど時天空に右差しを許すんですね。それによって時天空も右の下手を引き付けることができますから、自分の腰を相手の腰に密着することができるんですね。それで内掛けの足が届いたと思います」
舞の海さんにしては優しいですね(笑)
北の富士さんがきつかった分のフォローでもあるし、内掛けは舞の海さんの得意技ですから語りやすかったのでしょう!

その後、内掛けについて語っていました。
藤井アナ「腰をぐっと寄せる訳ですかね」
舞の海さん「そうですね。下手を引き付けると同時に、自分の腰を相手の腰にぶつけるように近づけていって、そのタイミングで足をいくんですね」
聞いてできるわけではないけれど、「ほーっ」と感心して聞いてしまうのが技に掛け方についての話。

花道を厳しめの表情で下がる時天空関も格好良かったです!
花道の奥で出迎えていたのは加美豊さんでしょうかね。

今日の土俵入りは、白鵬関名古屋後援会からの化粧まわしでした。
先場所に続き、白鵬関の露払いを務める模様です。
たまたまだと思いますが、地の薄紫色が時天空関の肌の色に合っていました。


場所前のニュース
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(複数ありましたが、日刊スポーツの記事を引用します)
「時天空が年寄名跡「間垣」取得していた」
>大相撲の幕内時天空(34=時津風)が年寄名跡「間垣」を5月29日付で取得していたことが17日、分かった。
>引退後に日本相撲協会に残って親方となるための名跡を得るのは、モンゴル出身力士では初めて。時天空は1月に日本国籍を取得している。
>「間垣」は、昨年12月に体調不良を理由に相撲協会を退職した元横綱2代目若乃花の下山勝則氏が所有していた。時天空は幕内在位通算56場所で最高位が小結。5月の夏場所は西前頭14枚目で7勝8敗と負け越した。
>[2014年6月17日18時41分]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
旭天鵬関がまだ年寄名跡を取得していない、というのが意外でした。
「先の見通しが立った」という点で「良かった」と言うことのできるニュースでした。


今場所も活躍を願います!

夏場所14日目

May 24 [Sat], 2014, 22:07
後で追記します。


妙義龍関に寄り倒しで勝ちました。


関取自身の思いが通じたような力強い寄りでした。
嬉しかったし、明るい気持ちになりました。


千秋楽、いい形で終わることができますように☆

夏場所13日目

May 23 [Fri], 2014, 23:35
後で追記します。


高安関に叩き込みで勝ちました。


土俵際の叩きで勝負が決まりましたが、立ち合いからの蹴手繰りとか攻めがありました。
きっと、それが結果として良かったのでしょう。
土俵際のことでものいいはつきましたが、誰が見ても時天空関が残っていましたし!


つらくてもやるだけのことはやる、それは大切なことだと思います。
難しいことなのですが。
相撲を見てそれを思い、自分を見つめ直す管理人でした。
相撲を与える側からは意図していない、勝手な想いです…。

夏場所12日目

May 22 [Thu], 2014, 19:35
(後で追記します)

照ノ富士関に寄り切りで敗れました。


内掛けも虚しく…。
照ノ富士関のコメントによると、(伊勢ヶ濱)部屋の関取衆から聞いていたとのこと。
わかっていてもはまる、というのを続けるのは本当に難しいことだと思います。


白鵬関土俵入りの際に時天空関の顔を見た時、「疲れているなー」とは思いましたが…。
今更言っても後出しじゃんけんです。


気持ちの晴れる、白星を☆
プロフィール
  • ニックネーム:ten_shoku_color
  • 性別:女性
  • 誕生日:1980年
  • 現住所:
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧