年代別に見た女性の転職 

November 06 [Fri], 2009, 22:31
転職の基礎知識、転職に成功するノウハウ、転職サイトの比較・活用方法など女性の転職に役立つ情報が満載!
転職をしたい女性を応援します♪
女性のための転職サイト|転職で失敗しない方法


30代になると20代に比べ経験も豊富になり段々と仕事についての知識が高くなり、自分に対するリスペクトを考えるようになり、多くの女性が転職についても考えるようになります。
30代の女性の向上心と転職


40代女性が転職を考えた場合、一番最初にネックとなる項目は、「年齢」です。実際求職情報を見ると年齢制限は35歳ぐらいまでが多く、能力や経験が豊富でもまず年齢で除外されてしまうというケースが多くなってきます。
40代女性の転職を考える


中高年の転職についてアンケートをとった時、女性の回答率が低いという結果があります。これは、「中高年女性の転職」が非常にやりにくい、可能性が低いのではじめから考えないといった思惑がある為に出た結果ではないでしょうか。
中高年の女性が転職する時


女性の転職適齢期といっても、それぞれの仕事によって、また個人の考え方によって転職を考える時期は変わってくるものですから、一概に20代や30代が転職適齢期だとはいえないものだと思います。
女性の転職と適齢期について

女性の転職と勤務形態 

November 06 [Fri], 2009, 22:30
日本では、家庭において主に女性が子育てをして家庭を守るということが伝統的な考え方としてあります。そのことが、女性が家庭を持った時に正社員としては就業しにくいという結果をもたらしています。
女性に人気の雇用形態について


女性がアルバイトやパートを転職先に選ぶ最も大きな理由のひとつとして、時間の自由さという点があります。アルバイト・パートであれば、自分のやりたいことの余暇や家事、育児のあいまにやる事ができる仕事が多くあるからです。
女性の転職とアルバイト・パートについて


正社員として働いていた会社を、結婚や仕事の内容を考えて辞め、派遣社員として働く事を選ぶ女性は多いようです。
女性の転職と派遣社員について


女性が正社員への転職を希望する例として、現在の会社を結婚のため退職し、別の会社に就職を希望するというケースがあります。
女性の転職と正社員について


仕事を探して募集要項を見たとき、契約社員としての募集を見ると 正社員とどう違うのかを考えてしまいます。表面的に捕えると、正社員という立場の方がどうも上のような気がしますが、それは正しい認識ではありません。
正社員と契約社員の違いについて

女性の転職と職種 

November 06 [Fri], 2009, 22:30
今は就職が難しい時期。
しかし、どうしても今の仕事を何らかの事情で辞めたいけれど、次の仕事をどうやって探したらいいのか。
女性の転職と転職エージェントについて


海外への転職を女性が希望することは、案外と突飛なことではありません。国際公務員、NGOスタッフなど多くの女性が海外で活躍している例は多くあります。優秀な人材が、性別にとらわれずに起用されやすいのは、むしろ国内より海外ではないでしょうか。
女性の海外への転職について


公務員に転職した30歳前後の女性の例を何件知っているのですが、年齢制限があるので公務員を目指す時は早い段階で転職にむけての準備をする事が必要です。
公務員と女性の転職について


近年は高齢化などの為に医療従事者が不足しており、医師向けの仕事募集もかなり豊富なようです。女性の先生がいいという患者の希望が多かったりすることもあるので、転職先は引く手あまたといった感があります。
女性医師の転職について


女性にとって外資系の会社への転職は難しいかというと、そのようなことはありません。 日本よりも女性へのリスペクトが高いのが外資系企業、そう考えてもよいでしょう。
女性の転職と外資系について


今現在の社会情勢をふまえて金融系の会社への転職について考えると、非常に選択肢の判断が難しい状況ではないかといえます。
女性の転職と金融系について


美容師という職業は、昔から女性にとっては憧れの職業のひとつで、「手に職をつける」仕事の代表格です。一方顧客の女性にとっては、美容というものはもとめることに際限のない世界です。
女性の転職と美容師について


女性の転職先としてのアパレル業界は門戸の広い業界といえます。 アパレルショップで販売員として働いているのは多くが女性です。 販売員自身がマネキンとなってセンスよく装うことは、それを見た顧客の購買意欲を高めるのに大きな効果を発揮するので、センスの良さを問われる業種といっていいでしょう。
女性の転職とアパレルについて


現在の転職事情として、医療関係は慢性的な人手不足が続いています。
薬剤師も例外ではなく常に人材が不足している状況が見られ、求人は増加しています。
女性の転職と薬剤師について


今は医療関係所の人員不足が慢性化している時期です。看護士の仕事募集は常に出されている状態です。ですが、女性の転職先として、一般的な事務系などの仕事に比べ激務であるため、「今の雇用条件ではとても続けられない」と思って転職を希望する看護士も多いので、仕事の募集が必然的に多くなってくるのです。
女性の転職と看護師について


現在、女性の仕事の代表として考えられるのが事務職といえるでしょう。
女性の転職先と考えた時に、特に専門の国家資格を必要とする職業ではありませんから、「普通一般に仕事を探しやすい」と思いがちです。
女性の転職と事務について


経理ができる女性の転職がうまくいくか否かは、それまでに培ったスキルと仕事に対するまじめな姿勢、現場の状況に対応できる柔軟性、そしてそれをちゃんと表現できることがポイントではないでしょうか?
女性の転職と経理について

円満退社する秘訣 

November 06 [Fri], 2009, 22:29
転職を考えてそれが実現化してきた場合、重要な準備として退職願の届出が必要になります。 退職を考えた時、いきなり「明日から来ません」などということは現実問題としてありえません。
退社の意思はいつまでに報告すればいいの?


法律では「退社希望日の2週間前に意思を伝えればよい」という事ですが、それでは後で発生してくる各種手続き等の実務的な問題を処理して行くのに現実的には時間が足りません。
退社手続きの方法は?


転職や様々な理由で退職が決まった時は退職願を現在勤めている会社に提出しなければなりません。きちんとした形で退職するためにはそれなりの様式にのっとった退職願を書かなければなりません。
退職願の書き方のポイント


退職をする時にとても重要になってくるのが業務の引継ぎです。今までやってきた自分の仕事全部を後任に任せるわけですから、細部に割ったって引継ぎ作業を行わなければならず、必ず行わなければなりません。
業務の引継ぎのポイント


退職するという事は、どういう場合においても人間関係の問題が発生してきます。 会社を退職する時には、社会人として守らなければならないマナーというものがあります。
円満退社する時のマナーとは?


会社を退職すると、会社が失業保険の加入をしていたら次の職業が確定するまでの間に、条件にあった場合一定の期間収入の代わりに支給されるのが失業保険です。
失業保険の手続きの仕方


退職したあと、次の職業が決まっていない場合にやっておかなければならない重要な作業に、国民年金の加入と所得税などの税金の手続きがあります。
年金・税金の手続の仕方

女性の転職活動 

November 06 [Fri], 2009, 22:29
転職時にまず実質的に必要になってくるのが履歴書です。 女性の転職と考えた時まず考えるのが顔写真ですが、これはよく街頭で見かけるインスタント写真でもかまいません。
女性の転職と履歴書の書き方


転職を考えた時、辞職願いに書く言葉は通例のものが決まっているものですが、実際に女性の転職で退職理由をあげた場合様々な理由があります。 仕事の内容が思っていたようなものではなかった。
女性の転職と退職理由


女性の転職時、履歴書に書いた志望動機同様に自分の本来持っている志望動機というのは大切なものなので自分自身でしっかり把握しましょう。 履歴書、書類の選考で残ったとしてもそこからの選考が厳しくなってくるのです。
女性の転職と志望動機


女性の転職で考えなければならないことの一つが身だしなみです。 男性ももちろんですが、女性の場合も面接の時の服装はスーツを着る事が一番良いでしょう。
女性の転職と服装・スーツ


女性の転職時、いざ面接となった時にあわてないように心がけておかなければならないのが身だしなみです。 特に髪型は、女性の場合かなり見た目の印象が変わってくるので気をつけなければなりません。
女性の転職と髪型


女性の転職時に、面接で注意する点をいくつか上げると、服装や態度、言葉づかいなど、男性とは違う注意点がいくつかあります。 まず身だしなみですが、女性は化粧をするのが基本です。
女性の転職と面接


転職を考え、次の会社の求人に応募する時に、最初会社側に提出する書類は大まかに履歴書と職務経歴書です。 履歴書の場合は、市販の履歴書容姿やフォーマットを利用すればいいので記入の仕方もかなり楽になっています。
女性の転職と職務経歴書の書き方

転職サイト 

November 06 [Fri], 2009, 22:28
転職サイトとはいったい何かというと、中途採用などを積極的に行っている企業に対して、応募者を紹介し、反対に応募者を企業に紹介するというシステムを活用してもらえるための転職斡旋会社がネット上に作っているサイトの事です。
転職サイトとは?


ネットで検索をすると、たくさんの転職サイトが検索されますが、実際の転職サイトの利用法はどういったものなのかと、登録をした事がない人にはわからないものですが、簡単に言えば名前や希望などを登録して、情報を閲覧したり、メールを配信してもらって仕事の情報を探すといった形になります。
転職サイトの利用方法


転職サイトの選び方については、まず転職サイトでネット検索をすると様々な転職サイトがヒットします。 その際、転職サイトランキングといった項目が数件出るのでそこをのぞいてみるのが一番早いでしょう。
転職サイトの選び方

人材派遣サイトの人気ランキング 

November 06 [Fri], 2009, 22:28
リクルートスタッフィングの特徴・メリット・デメリットについてご紹介します。 リクルートスタッフィングは、リクルートグループの人材派遣会社。 リクルートというブランド力と、ネットワーク、ノウハウをフル活用できるところが最大の魅力です。
リクルートスタッフィングの特徴・メリット・デメリット


アデコの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
アデコは、世界60の国や地域に、6,600の拠点、34,000人の社員を有する、スイスの世界最大の人材サービス企業です。
アデコの特徴・メリット・デメリット


インテリジェンスの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
インテリジェンスは、「DODA」「an」「salida」というテレビコマーシャルでもよく知られる就職雑誌を発行するなどしている人材総合サービス企業。
インテリジェンスの特徴・メリット・デメリット


スタッフサービスの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
スタッフサービスは全都道府県に事業所を展開する、業界シェアトップの人材派遣会社。
スタッフサービスの特徴・メリット・デメリット


パソナキャリアの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
パソナキャリアはパソナグループの人材紹介会社。正社員の転職に強いという特徴があるのは、母体のパソナで培われた企業の豊富なコネクションを大いに活かしているから。
パソナキャリアの特徴・メリット・デメリット

転職サイトの人気ランキング 

November 06 [Fri], 2009, 22:27
パソナテックの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
パソナテックは、IT関連の職種に特化しているということが特徴の人材派遣会社。 人材派遣会社の「パソナ」から分社した企業です。
パソナテックの特徴・メリット・デメリット


リクルートエージェントの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
リクルートエージェントは、リクルートグループの人材紹介会社。リクルートという知名度の高さで、求人数や転職実績などが圧倒的に高く、業界ナンバーワン。
リクルートエージェントの特徴・メリット・デメリット


マイコミエージェントの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
マイコミエージェントは毎日コミュニケーショングループの人材紹介会社のこと。 マイコミエージェントは、会員45万人という就職情報サイト「マイナビ」を運営していることでもよく知られています。
マイコミエージェントの特徴・メリット・デメリット


@typeの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
@typeは転職情報誌の「Type」が運営する人材紹介会社です。もっとも大きな特徴は、Typeを利用して転職した人の65%以上の人が年収アップを実現しているということ。
@typeの特徴・メリット・デメリット


DODAの特徴・メリット・デメリットをご紹介します。
DODA(デューダ)といえばテレビCMでもよく耳にする名前ではないでしょうか。総合人材サービス大手のインテリジェンスが運営する人材紹介サービスのことで、人材紹介会社としては最大手です。
DODAの特徴・メリット・デメリット

その他のお役立ち転職情報 

November 06 [Fri], 2009, 22:26
女性の転職をサポートする支援サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。 今、女性の中途採用を積極的に行い、ビジネスを発展させていこうという企業が増えています。 特に女性特有の柔軟さ、行動力、そして経験値が重要視されているようです。
女性の転職と支援サービス


女性の転職先を探すには、ハローワークを利用するという方法があります。 昔は「職業安定所」、略して職安とも呼ばれていました。 全国に約600か所もありますので、お近くのハローワークをすぐに探すことができると思います。
女性の転職とハローワーク


女性の転職のためのセミナーは、多くの転職支援会社によって、様々な場所で転職支援の一環として行われています。 転職を目指す女性にとっては、積極的にセミナーに参加することによって、知識や意識を高めるという有意義なメリットがあるのです。
女性の転職のためのセミナー


女性のための転職フェアは、様々な転職支援会社などによって、大きなホールや会場を借りきって大々的に行われています。 多くの企業が集まっていて、それぞれのブースが並んでいます。
女性のための転職フェア


女性が転職を望む時、どこに相談をすればいいのでしょうか。 身近なところでは、全国のハローワークの窓口で転職相談に乗ってもらえます。
ハローワークに設置されたパソコンから、求人情報を得ることもできますので、近くのハローワークにまめに足を運ぶことをお勧めします。
女性の転職と相談


女性の転職に有利な資格とは、やはり企業の即戦力となることのできるものが挙げられるでしょう。 例えば、医療事務。
医療機関での事務を行う仕事ですが、求人数が多いというだけではなく、結婚や出産を経ても職につきやすく、再就職には大変有利と言えます。
女性の転職に有利な資格


女性の転職に有利な職種とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。
まず真っ先に挙げられるのが看護師や介護士です。やはり大変な仕事ということもあり、今人員が不足している職業と言われています。
女性の転職に有利な職種


女性の転職には、今まで積み上げてきたキャリアと経験値が大変重要になります。 今求人の需要は、外資系企業やベンチャー企業などを中心に増えていると言われています。
女性の転職とキャリア


女性の転職理由で、最も多く挙げられるのが人間関係と言われています。男女雇用機会均等法によって、女性も平等に働ける社会が作られてきたと言われてはいますが、実際はまだまだ平等とは言い難い現実もあるようです。
女性の転職理由


女性に不利な転職条件とは、やはり「結婚」「出産」が挙げられるようです。結婚退職する女性が多かったり、出産や育児のために休暇をとったり退職する女性が多いことが原因です。
女性に不利な転職条件


転職によるキャリアアップを目指す女性が増えている中、女性用住宅ローンも充実してきているようです。 従来、住宅ローンを使って「家」という一生の買い物をするのは男性の仕事という暗黙の了解がありました。
女性の転職と女性用住宅ローン


今、結婚よりも独身を選ぶ女性が増えており、同時に転職によりキャリアアップを狙い、一生の仕事を探そうとする女性が増えているといわれています。 転職は通常年齢を重ねるごとに難しくなっていきます。
独身女性の転職


女性の転職回数は採用に有利になるのでしょうか、不利になるのでしょうか。 転職を希望する際、必ず聞かれるのが転職回数です。 業種によっては、転職回数が経験値と受け取られ、アピールポイントとなり得る場合もありますし、職を転々としていると受け取られて採用に不利にある場合もあるようです。
女性の転職回数


女性の転職の悩みはどのようなものがあるのでしょうか。女性特有の悩みでトップに挙げられるのが、やはり結婚、出産に関するものです。結婚しても仕事を続けたい、出産後も正社員で復帰したいと願う女性が増えています。
女性の転職の悩み

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tenshoku86
読者になる
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる