明日から夜勤です。 

April 24 [Tue], 2007, 2:15
だからなんだと言われればそれまでですが
もう今日なのかな?
昨日とうとう、I君がノルウェーに帰る前準備で広島に行きました!
何で広島?わかりません!
たぶん友達がいるのでしょう!
海外の知人たちはまず間違いなく
宿泊費をかけません!だから私がそちらへ行っても
ただで泊まらせてもらうつもりです!
でも、人の別れはやっぱり切ないですね!
日本の中でもそうなのだから
海外の人であれば、下手すれば二度とあえない可能性がある!
しかも北九州であれば再度また来北九州は考え難い!
東京であれば、まだチャンスもあるのだろうけど!
今まで一緒に暮していたのだけれども
いなくなると、なんか物足りない感じがするね!
いまさら、今こうやって仕事を変わり
将来に向けて活動することは
私の生き方を見直そう、という目的から生まれてきているのだ!
もうここに住んで46年目!
何年後かに世界を旅して行くことは
新しい出会いや刺激的な経験を得るためですから!
それを終えたら田舎に引きこもろう!
あまりにも北九州のガスを吸い過ぎたため
アレルギーが出始めたのだ!
明日から夜勤!嫌だね!
でも、収入増を考え仕事を移ったのだけれど
その中で働く派遣社員というのは
さまざまな癖を持っているよね!
私もそうだけれども!っはは!
年配者は何かで落ちこぼれた優れ者か
事業で失敗したか、あるいは
使い物のにならない窓際族系オヤジが主流で
人性の厳しさがよーく出ている!
ここを外したら、後は雑踏警備員ぐらいしかない!
だから必死だ!文句を言っても止める人はいない!
私の部署もそうだが、一番面白くない、単純な作業ばかりで
ここへ親父たちは収容されるのである!
それは人性を物差しで計っているような作業であり
これは若い子は我慢ができないみたいで
何十人も3,4日で止めていくらしい!
でも私から言わせると、すごくいい環境なのだ!
パラダイス!
どこでもそうだが、いったん社会の歯車に絡むと
何もできない、仕事だけ人性が待っていることを
知らないらしい!!
それに比べれば、かなり自由がある体制で
かなり恵まれている!
だから、欲を出さず!
何も考えなければいいのだ!
.......
あー眠いなー!

自分で何を書いているかわからない!

えっ?何で寝ないの?だって!

そりゃー夜勤の練習で朝までとりあえず起きておくのだ!

前の仕事方が良かったか?だって!

そんなの決まってんじゃん!

面白いことに会社を出たら近くに飲み屋さんがいっぱいある!
これは戦略だね!
先週その罠にはまって、
1人酒をして、2千円使ってしまった!
それじゃ―意味ないんだよ!わたし君!
だから自転車を買ってしまった!
仕事を終わったらさっさと帰ろう!

少し、ボォーッとしてきたね!

そうそう、これを機会に酒の量を減らそう!
ビール、うまいね!(ぜんぜん違うこといっている!)
いつも思うんだけど、居酒屋って高くない?
2,3千円といえば、そんなに高くないと言う固定観念があるけど
この価格で回転寿司なら、3回くらいは行ける!

ふぁーっ!あーあっ!

えっ?そんなこと、どうでもいいだっちぇ!

そうねぇ!どうでもいいね!

がんばろう!

あと一時間と30分!

みんな、ありがとう!

ふあー!..........
(こうやって、夜が更けていくのでした!こりゃ、こりゃ。)

来週検査だよん!生きて帰れるか? 

April 08 [Sun], 2007, 13:42
体が浮遊している、と言う感じだろうか、
食事制限を自ら課した1日でこの有様である!
いかに私が弱い人間なのか、わかったよ!(ヤケ気味!)
それにしてもこんなんに、ふくよかなお腹の割には
1度食事抜くだけでフラフラになるとは
われながら情けなや!
なんかいつも眠たくって、シャキッとしないのだ。
こうなると、あれを思い出す!
あれ!
そう我が愛のカレン・カンペンター!
拒食症で亡くなった世紀のスパースター!
別にカーペンターズが大好きと言うわけじゃないけど
このあまりにも悲惨スパースターを思うと
成功する事が最悪な不幸に導く事がことがあるもんだ、とおもう!

いえいえ、おこがましくてそんな比較?いやいや!
私は桁違いだから....
えっ?次元違いだって?!

そうねー、身体は軽いんだけどね!
なぜかしまりのない感じ!
というか、ピシャッて決まらないのだ!
出来れば太っていたい!
しかし、もう、私も、いい加減、いい年だから
節制しないといけないからね!
でも野菜って本当にまずいね!
あんまり食べれないのだから!
例えば、
腹へって、食べる気満々でも
スギナ、オニオンの水付けスライス、キャベツ。サニーレタス
を多量に作り、レモンとオリーブオイルとコショウだけで
ドレッシングを作りそれをメインお味で食べたとする!
本当にあんまり食べれない!
歯がきしむ感じがする!
あの時はスープも悪かった!
人参と玉葱だけの和風完全塩なし薄めスープ!
美味しくなぁーい!
でも無理やり食べて
お腹だけを太らしても
野菜自体にエネルギーになるものがないため
頭脳に、満腹中枢に、
お腹いっぱいだよぉー、と言うサインが行かないのだ!
これ、すなわち、異常な状態である!
お腹だけいっぱいなのにすごく物足りない!
満足とか、幸せとか、程遠いこの感覚!

カレンも同じ感じを持ったのだろうか!

空間が違うって?
(無視!)

このような状況になるのは
みんなもお気付きかも知らないが
新しい昼間の仕事を得たことによるのだ!
つまり来週すぐに健康診断が入るのだ!
みんなも知っているように
前回の仕事が、
運がいい事に
臨床検査系の仕事だったため、
また、会社内検査があったため
その結果を知っているため
私はわたしの弱点を良く知っているのだ!

それは血圧と総コレステロール!

何としてでもこの弱点を克服するには
ヤギになるしかない!メー!

ヤギっていいよね!

瞳が縦で、キモイ!

アー、それにしても腹減った!
血圧も前回検査を受けた際
痩せていたので、問題なかった!
つまり肥満が全ての症状につながっているは
誰がみても明らかなのだ!

(突然、独り言が始まる!)

肥満!
ヒマン!
悲ーマン!

(虚ろな目で空を見上げ!)

悲ーマン!ぼくを助けてくれ!
メタボリを追い出してくれ!
世界にヒーロー!悲ーマン!
頼むぞ!

(すでに空腹のために幻想の世界へと....導かれる!)

えええええええ!
何をする、気が狂ったか!悲ーマン!
突然、悲ーマン!
俺たちの前で、焼き鳥を焼くなー!
キリンラガーを抜くなー!
から揚げを揚げるな!
山芋鉄板をつくるなーぁぁぁぁぁぁあぁっぁあっぁあぁ!

“ヘイ、いらっしゃい!”

“あれー、大将!店に名前変えちゃったの!
 居酒屋、メタボリワスレーナ!って、ヘンじゃない?”

“そうすか!ちょっとイタリアンぽくしたんですがね!
 キリンでいいすか?”

“今日は止めとくよ!ウーロン茶!来週、検査なんだ!”

シュポ!トクトク!シュワー!

“何やっての、大将!ビールダメだって!検査があるの! 
 グビグビ..アーうまいなーキリンラガー!最高だね!”

“大将、野菜焼いて、そしてサラダもね、ドレッシングかけないでよ!”

“ハイ、豚腹3本、鳥皮2本、レバー3本!”

“だめだよ、野菜注文したんだよ!
 そんなにオイリーなヤツを出しちゃー!
 来週検査があるの!わかる?!”

“唐揚げ、おまちー!”

“揚げ餃子、と揚げ豆腐!”

“健康を考えて、野菜天ぷら!”

“チーズ揚げ!”

“ああああああああああああああああああああああっ!”

人間とは悲しい存在だ!
やってはならぬことが、大ああーい、好きなのだ!
こわいよ!野菜が攻めてくる!
サニーレタスが高いよ!
レタスが高いよ!ダイエー...............

...とぉ、このまま、オチも付かないまま
話は終わる!ご清聴ありがとうございました!

逆転、人生わからぬもの!GET JAB! 

April 07 [Sat], 2007, 10:56
ふふふふふふふ!
やったね!

月末の時点で決まっていた仕事は
本当はかなり厳しい仕事で
時給以上に働かされる地獄のテレホン・オペ!
たぶん6ヶ月続けば上出来、と考えていた!
だって、オペの最中、
管理者がそれを全部聞いてて
まずい対応なんかはその場で注意!
出来るだけ短時間の対応で効率を上げ
人件費を減らす戦略をとられていると
人材派遣者の間ではもっぱら有名な話!
時給はいいけど!
続かなければ意味がない!

ところが、私の運がいいのか、はたまた神様がお救いになったのか!
突如、好条件のIC関連製造の仕事が回ってきた!
当然、前の仕事はキャンセル!
すぐさま、面接と実習らしきテストを受け
大敗したが、ここで歴史が動いた!

見事、合格!

働く時間は多くはなるが
テレ・オペに比べれば
すごい差だ!

面接の時、あれだけ悪く言われたのに
なんで、健康なのに5時間の仕事に就いたのか、とか、
1年前後で急に辞め気になったのはなぜなのか?とか
なんか、良くないような雰囲気を作っていく面接官に
希望が消えていったのに!
結果はOKだ!

こりゃ運がいいぞ!

しばらく10日前後、仕事開始まで時間があるので
遊ぼうかぁ!
阿蘇でも行こうかそんな開放的な気分だ!
もうすぐアイナーも帰ってしまうし
最後の九州ツアーに出ようかなという気持ちだ!

これでヨーロッパ行きもまんざら夢でなくなった!
しかし浮かれていて、事故に遭う可能性もあるので
気は引き締めていた方がよさそうだ!
ねっ!

八幡の風は、いま別れの季節! 

April 02 [Mon], 2007, 22:14
とうとう、あの仕事をやめてから
1日過ぎてしまった!
明日、まず今度の仕事の最初のコンタクトだが
なんか実感わかないんだよね!
人間仕事していないと不安になるね!
ほんと!
いやぁ!こりゃー前向きな不安だね!
なんでもそうだが、何かをやめて、何かを始めるときのストレスは
かなりのものだ!

本当はやめたくなかったのだ!

でも私のようなオチこぼれオヤジは
目を吊り上げながら身を切り売りしていないと
本当の役立たずになってしまう!
頭の中では絶えずリスキーな面の解決策がめぐっている!
しかしまだ私はいい方だ!
親もいないから、最悪な場合でも私の問題だ!!
それだから、私以外の家族を面倒を見る心配はない!
自由だからこそ
次の手が打てる!
どうだろう!すごいだろう!     (?)

でも本当にそうだろうか?少し心配だが!
やるしかない!

前回のツバメ地獄の話は3月19日に
アメリカ・フロリダの連中を阿蘇に連れて行った時のエピソード!
彼らと行動をともにしていると
かなり楽しい!
いちいち反応してくれるのが嬉しいのだ!
日本人の若い子は、かっこつけてそんな表現をしないから!
そこでその続きを少し書いてみる!

朝早く北九州を出発をしたぼくらは
みんなデカイアメリカ人4人組と私だ!
車にぎゅうぎゅうに詰められた私たちは
6時間近く車に乗らなくてはならなかった!
大体彼らには阿蘇と言う火山のイメージがつかないらしく
山を見るたび、
あれが阿蘇山だぁー!と言い始めるのだ!
まだ彦山の辺りからである!

日田を過ぎた辺りから
みんな居眠りをしだしたので少し静かになった。
いろいろ質問されることがなくなると
運転に集中が出来るからいいのだ!

杖立を過ぎた頃にみんな起きてまたおしゃべり合戦になり
私に質問嵐がやってきた!
おれは専門家じゃないからわからないよ!
特に目を引いたものは
天狗のオブジェを見て
あれは何だ!と訊いてきたので!
適当に説明した!

あれは天狗と言って日本のモンスターでカラスの化身だ!
すごく大きくて、そらも飛べて、人間を食いながら生きている
危険な怪物なのだ!と言った!
説明が合っているかぁ、わからないけれど
そんなこと考えていたら話しが進まない!

みんな、目を白黒させ仰天していた!

“そのカラスはまだ生息しているのか?”とチャックが訊いた!

私は当然こう言った!

“もちろん!”

そうこうしているうちに外輪山の当たり来て
大観望に進む!

やはり息を飲むこの風景はみんなにも好評で
しばしこの風景を楽しんだ!



チャックだけは軽装できていて
セーターの間からお腹を出していたが
かなり寒くてこちらはたまらなかった!
少し心配した!

誰もがこれから食事をして温泉に行くプランと思っていたらしく
次はあの真ん中の火山の火口に行くぞ!
といったら!
“クレイジー!火口なんかに危険すぎて行ける訳ないだろう!”
なんて、困った顔をするのだ!

私は
“時々、人が死ぬけど大丈夫!大丈夫!行こう!” (本当だよ!)
と言うと!

“本当かよ!”

この時点では彼らは火口まで登山すると考えていたらしく
車で近くまで行ける、というと
少し安心したみたいだ!



運良くガスも晴れて、バッチリ火口が見られた!
さすが地球の活動にみんな興奮したらしく
いい思い出になった!

その後、ぼくらは純和風の田舎食堂に入った!
田舎定食は高菜めしと豚汁
山芋、山椒の佃煮、小魚の煮物に、手作り豆腐と
超マイナーな日本食を平らげることになる!
ビックリした事に紅色の山芋のすり物を
食べた!
外国人で初めてそれを食べるところ見た!
高菜めしには七味唐辛子がたくさん使用され
私たちのテーブルだけで
使い果たされた!
ごめんね!食堂さん!
さすがに人目につくらしく
高菜メシを食らう外国人に仰天していた!

食事を終えて
その後ツバメ地獄に行くことになる!
そこでの話が前回話である!



それからすぐに黒川温泉に行く!
みんな裸はオッケイ!と言うわりには
全裸にならずに待っているのだ!
君達!何を待っているのだ!
だから私は号令をかけて、みんなを裸にした!

そこに入っていたお客さんは、恐れをなしたのか、そそくさと出て行った!

温泉につかり、私たちはいろんな話をした!
将来のこと、帰国した時のこと、次の目標!日本のこと

いつも思うんだが、せっかく日本に来ているのだから
このようなディープな日本に接触しないと意味がない!

温泉から出て、町を少し歩き
ビールを買って車でパーティーが始まる!
もちろん私は飲んでないけど!

最後は由布院を通り別府、明礬でわざわざ硫黄臭い蒸気を吸って
硫黄臭い温泉卵を買って食べながら帰った!

当然、みんな宇佐(USA)の自由の女神を見て笑った!
恐怖ありの笑いありのステキな旅行は
彼らの良い思いでになることだろう!

九重のツバメ地獄のデッドメン! 

April 02 [Mon], 2007, 9:27
ぼくらは、その、不思議なネーミングに
興味をそそられた!

チャックは言う!

“そこは大丈夫なのか?”

“大丈夫なわけないだろ!
 動物が死んでんだぜ!”

“なら、なんでそこが観光地なんだ!”

“わからない!意味がわからないんだよ!”

“スパロウ、ヘル!”

“そう!スパロウ、ヘル!”

“ツバメ地獄!”

“そう、ツバメ地獄!”

“なんだか危険感じがする!
 よした方がいいんじゃないか!”

“生きてアメリカに帰れない?”

“そうかもな!”

ぼくらは危険な雰囲気と
恐怖を引きずりながら
奥のほうへむかった!
チャックが言った!

“オイ、ツバメじゃなくて
 人が死んでんぞ!”

“やばいぞ!”

みんな駆け寄ってきた!
そして、その息絶えた人間をよく見ると!

















それは.....





それは私だった!
そしてみんな笑った!

ジャステインが言う!
ヨウチャン!チョット、ヘンナニホンジン!

復活!そしてスタート! 

April 02 [Mon], 2007, 8:57
約2年ぶり?
そう、ここに帰って来たのはある目的がある!
今振り返ってみると感慨深いものだ!
あの40代から45までの激動の5年間は
私にとって不可欠なものだった。
歴史が動いた!
そしていい風が吹いてきた!
と思いたい!
ラスト土曜、約一年働いていた仕事を卒業した!
未練もあったが、派遣と言う立場が
まるで豆腐のように実態のないものだと感じて以来、
実態がなくていいから、お金が少し貯まるような
そんな余地のある仕事に変わらなくてはならない、よね!
それ以来、いつも、そんな自己脅迫感が付きまとっていた!
でも今はたった一つの砂糖粒に返って来た感がある!
人生はクランキーチョコのようだ!
次なる人生の津波にどう立ち向かうか?
見ていてくれたまえ!
はははははは!





バックナンバー、先月の検査の日のブログ公開!後編 

March 06 [Tue], 2007, 13:58
後編

いくらオドケテ見せたって、現実は冷ややかに引き算をしている!

いくら調子よく笑わせたって、看護婦の目は真実を語る!

まぁーい!

まあーーーーい!

まあーーーいいや!

実際に私の体の脂質は、血圧を押し上げ
結構、いい感じでワルイ!
看護婦さんは、こう言った!

“オマケしても、やはり高い数値ですね!”

もともと高かったんだよね!血圧!
ほら、人生って!
太く、短く、生きようねってね!
前向きだから!
心配ないって!               (しどろもどろの1人ごと)
おかしくない?
えっ、笑い事じゃないの?
そう、そうなの!

ンンんんーーーーーーーーーーーーーー!

その日は、とても寒かった!
検査をするには、頭の中で何かが切れそうなくらい
とても寒かった!
私のフルートを持つ手も凍えて!

しかし検査室はどうだろうか!
あたたかい!
ぬくい!
季節で言えば、春の成熟と言う感じだ!
一面に張られたポスターや看護婦さんの異常な笑顔
高めの柔らいかい声、優しい、優しい、柔らかい言葉!
狭い検査室なのに、あちこち笑顔で走り回るぼくたち!
それは不健康のしるしかな!
そうすることで今を忘れようって魂胆かな!
子供の頃、病弱だった私は病院の雰囲気に慣れていたのに
いま、なぜか、美しい看護婦さんや背景としての灰色の壁、
狭い部屋を区切っていている意味、人間臭い匂い
それらが鼻に衝いた!

生きて帰れない!
一瞬、そんな感じを受けた!

そして、静かに目を瞑ると
まぶたの裏に
アイナー君と飲んだくれて
スティクスのMr.ロボットを歌っているヘベレケな私が見えた!

サンキュー!ミスターロボット!
おおっ!ミスタァー!思わず声に出てしっまった!

そこに
突然、”採血します!”と看護婦さんが私に笑いかけた!

生きて帰れない!

鋭い注射針は私の体内に入り込み
血液を吸い出している!
巨大な蚊が採血管の中に餌を溜めている!
でも痛くないし、気分が悪いわけでもない!

少し心配だったのだ!
私に血が緑色で、もしかしたら
私は本当はバンパネラじゃないか、と!
エドガー、ぼくも連れてってくれ!
この赤い液体がエネジーを持っているとするなら
私は生きているとね!そう思った!

今度は待合室に戻された時
現実の部屋にいた!

私は何かを、そう!本や映像を見たくなり
本棚から、ナッセを取った!
ページをめくると
そこには、不健康そうな食事が3000円で食べ放題の記事が
いっぱい、いっぱい、載っている!

この国じゃ、生きて帰れない!

1時間30分の検査から開放されて
あらためて、自分がデブだという認識を持てた!
一見、そうでもなさそうなんだが
そうなんだろう!

今若い人たちにも検査が恐ろしく見えるらしく
検査の事を口に出したくない方も多い!
それは体を大切にしてないことからの逃避なんだろうけど!
それでいいんだ!
いいんだよ!

私を見たまえ!
どっこい生きている!
9回入院して4回死にかけた私が
今45歳の自分の血圧について心配している!

血液の中に何が含まれていようが
肝臓さえ機能していれば
酒は飲めるのだ!

えっ?生きて帰れないぞ!だって?
                                   2007 3/6

バックナンバー、先月の検査の日のブログ公開! 

March 05 [Mon], 2007, 13:53
病気になれば?

ただ死ぬだけ!

これを合言葉に生きてきた私に若い頃は
その意味さえわからない、アホだったんだ!
Aあああああああああぉぅ!            (Mジャクソン風)

だが、そうだとも、よく考えたまえ!
わが人生!不健康がテーマだったじゃない!
幸福な生活など望んでなかった!
だから、仕事が終わって家に帰るんでなく
バーや居酒屋に行き、酒を飲み
ビールを飲み、カクテルを飲んできた!

そうすることによって、得られる安心があった!
少なくとも、私が足を突っ込んでいる音楽の世界は
しっかりした幸福の充実感などおぞましい物だった!

飲んだくれて、ストーブのないアトリエで
肺炎おこして死んでしまったモジリアーニのように!

そんなカッコイイ死に方をカッコイイと疑っていなかった!

だが今はどうだろう!

昼間の仕事に浸るにつれ                 (何の仕事か知ってるよね!)
描き出される本当の人間(オヤジ)の姿とは
そんなこと言っていらるほど
甘くぅ、ない!なぁい!

日本人のオヤジの大半がそうであるように、
メタボリは、いまや一家に一台の
よき友であり!
成人病発症の悪魔の案内人である!

その先の残された結末とは
けっしてカッコイイどころか、醜い地獄絵図である!
死に急ぐために
体のアチコチが最後の悲鳴を上げ!
今までしてきた不摂生の償いを
足腰が立たないような動きから止めてしまう方法で
自分の身体で払ってもらう!
これが今やトレンディーなオヤジの状況なのである!
いやややややあぁーーーーーん!            (オカマぽく!)

どうする、どうする、どうする、どうする!
どうする、どうする、どうする、どうする!

どうする、あいふる、こうする、どらいぶする!
どうする、あいふる、なにする、どうしようもない!

自慢じゃないが、私はきっぱり!メタボリのような気がします!

(しーーーーーーーーーーーーん!)

ふふふ!
どうでもいい!         (開き直り作戦!誰に直るのか?)

ぼく自身のメタファーが残っていれば良いのだよ!    (意味不明!)

なんてことを言っても仕方ない!
だって現実的に、今日、検査の日だもーーーん! (ユミユミ風発言 注1)

行きゃいいんだろう!うるせい奴らだ!
どうなっても、知らねえぜ!       ハイナリ、ポポ!
結果次第では入院してしまうぜ!   ソウナリ、ポポ!(ユミユミ風擬音注1)

フー!それじゃー!今から行ってきます!

後編に続く!!!

注1 北九州を代表するモダンジャズ ピアニスト。
その特異なキャラクターとは逆に、ハードなピアノプレイは驚愕!

多肉植物を飾ってみると! 

October 21 [Fri], 2005, 19:49
多肉植物!まるで肉をいっぱい食べそうな感じではないか!

君は子宝弁天草という
きみのわるい多肉植物を知っているだろうか!

ぬぅ、ぬぅあんと言う、感じの悪さ!

なにがこれだけ、私に反感を持たせるかといえば
私の望んでる事とその弁天草がやりたいことがぜんぜん違う!

私はただ単に成長して欲しい!

その分厚い葉にあった大きな木になってほしんだ!

つまり、マグリットの絵画や
アンリ・ルソーに出てくる、あの南国的で変わった感じの葉になって欲しい!

素朴的で、新印象派的で小さな南国を感じたい!
まるでゴーギャン絵画を見るかのように
実物のフォルムでエコールド・パリを感じたい!

なのに、弁天様は成長せず、お子供をお作りになりまして、あらせられます!
それはそれでいいとしよう!
僕らは生物なのだから!

でもやり方が違うんだよ!
弁天君!

普通、僕たちの仲間の植物たちは花を咲かせることから始める!
花がいるんだよ!
弁天君、わかるの?
美しい花だよ!
色もきれいで、良い香りをさせなくてはいけないんだ!
その美しい花の中にメシベとオシベが必要なんだ!
オシベから花粉が飛んできて、そこで種になるものができて
熟成して果実になり、それから酒のもとを作り、残った種が
水はけのいい土地に芽をだし、
1日中太陽が照っている場所で草になり、
害虫も病気もない木になるんだよ!

おしゃべりは幸せのしるし! 

October 19 [Wed], 2005, 23:11
つい、つい、毎日が、さら、さらと過ぎていく。
毎日、顔を見せるジャズの生き字引のT氏と
音楽や野球について、アーだらコーだら話している、だけで
全く、先に進まない!日々!
そう、そのように本当に過ごし易くなった最近。
秋のひと時は、一番良いね!
あなたもそうでしょう?

ところで
おとこって、無口がかっこいいと思っているね!
私も無口だがぁ!
(ぷっ!)
そこの君、笑わない!

でもあんまり、話さない人だとおもしろくないよね!
無口は、なんか男らしさの象徴みたいだけど
男らしいおしゃべりもあっていいとおもう。

(シーン、店内が)






当店の常連、飲みすぎC子が
こんなことを言った。
“マスターがおしゃべりだから、飲めなくて酔わない!”


なんて、ことを言うんだ!
この会話では、
(私はおしゃべりなんかしたくなくて、お酒が飲みたいのに
 おしゃべりテンぴょうがマシンガン・トークで
 話すので、お酒を飲む暇がなくて
 ぜんぜんおもしろくない!)
と言う意味に取られかねない!

まるで私のおしゃべりが、じゃまで
お酒を飲む行為をじゃましている!

つまり営業妨害を自分自身で演じている
能天気なマスターのように感じられるではないか?

私は好き好んでおしゃべりをしているわけではないんだよ!

仕事なんだよ。

しごと!

もし、もし、わたしが何もしゃべらなかったら
なんか、いまいち、しまらないだろう。

それでも、C子は同級生のやっている近くの店に乗り換えそうだ。

去るものは追わず!

彼女の話だと、あんまり構ってくれないから
お酒がまわるんだそうだ。
それって、いいこと?

せいぜい、若者同士楽しむがいい!

といって縁が切れるわけでもないが
私たち、オヤジか、訳のわからん外国人などと
交流を持っていても、致し方ない!
同世代の友達と遊ぶのはいい事だと思う。

でも、実を言うと、私はおしゃべりである。
でも、それは、自分では、センスがいいと思っている。
たぶん、何に対しても意見が言える、という技である。
それを誇りに生きていこう。

あなたはおしゃべり男は嫌いですか?