店舗の電気代節約!電気料金を削減するにはコチラ!

May 04 [Wed], 2016, 4:36
意外とかさむ電気代。

店舗を持ち、経営を行っている場合、
電気代の削減は、利益を上げる上で、重要な問題です。

いかにして電気代を節約するかは、経費の削減につながり、
利益を確保するために必要なことです。

店舗の電気代を節約するには、どのような方法があるでしょうか?



【電気代節約のための設備投資がかからない方法】


店舗の電気代を節約するには、例えば、
シーリングファンを設置したり、
照明にLEDを導入したりする方法があります。

あまり費用がかからない方法として、
近年増えているのが、LEDの導入です。

設備投資がかからない方法には、他に、
時間帯割引契約にする、
契約アンペアを下げる、
待機消費電力を節約するなどが、
普通、採られている方法のようです。

店舗を開けている間は、
基本的に電気を消すことはできません。

照明や冷暖房は、今日、
最低限の安心と快適さをもたらすものです。

店舗の電気代を節約しようとしても、
単純に使用量を減らすということは、
しにくくなっています。

照明を間引くのは、
一般家庭ならば可能ですが、
店舗では無理です。

エアコンの設定温度を変えるというのも、
例えば、飲食店などでは、実施するのは困難でしょう。

【新電力事業者に乗り換えることも考えよう】

そこで、注目されているのが、新電力事業者への乗り換えです。

今までも、特別高圧、高圧といった比較的大規模な工場や店舗などは、
一般電気事業者と言われる電力会社以外から電気を購入できるようになっていました。

2016年4月からは、電力の全面自由化が開始。

今まで規制部門だった小規模店舗や一般家庭の電気も、
好きな電力会社から購入できるようになりました。

新電力事業者の中で、
「簡単に節約できて、初期費用がかからない」と評判なのが、
イーレックスです。

イーレックスは、
10年以上電力小売業に携わってきた、
新電力事業者の中では老舗に当たります。

イーレックスは、工場が所有している発電設備の余剰電力をメインにしています。

そのため、電力会社より安い料金が実現できるとされています。

イーレックスは、ユーザーごとに見積もりをしています。

セット割は、今のところありませんが、
電気代単体で見て、かなりお得になると評判です。

こちらからご確認いただけます。
↓  ↓  ↓