手のひらがアンモニア臭い場合の対処法

March 20 [Mon], 2017, 12:36


手のひらに汗をかき易い。

手のひらの臭いを嗅ぐと、
アンモニアのようなツーンとした嫌な臭いがする。

吹いても吹いても、
ニオイが落ちない時があり困っている。

臭いが周囲にバレたら嫌だし、
なんとか手汗やアンモニア臭を治したい。

あなたは、このような悩みを抱えていませんか?

手のひらからアンモニア臭がする原因、
それはストレスや疲労が溜まっていることが原因です。

多汗症であれ、汗が出やすい体質であれ、
汗からアンモニアのような臭いはしません。

臭いがするのは、疲れて乳酸が溜まっていて、
それらが排出されずに体内に留まっているからです。

血流をよくし、
老廃物と一緒に乳酸を出すことが、
最もよいとされています。

サウナに通ったり、運動をたくさんして老廃物を出す。

血行がよくなれば、
手のひらに汗をかいてもニオイがしなくなります。

皮脂や毛穴に溜まった汚れが流れてしまうことで、
手のひらからアンモニア臭がしなくなります。

でも、なかなか汗を自ら出すことって難しいですよね。

社会人であれば、
仕事から帰ってスポーツして汗をかいて、
お風呂に入って老廃物を一気に出す。

そう簡単に出来ることではないと思います。

そこでお勧めなのが、
『ホットタブ重炭酸湯』です。

湯船に6粒入れてからお風呂に入ることで、
血行を促進させ、老廃物を一気に流してくれます。

手のひらからアンモニア臭がするのは、
毛穴に汚れが溜まっていたり、老廃物が留まっているので、
それを流してあげることで、臭いの問題が解決します。

もし、あなたが手のひらの汗で困っている。

アンモニア臭が気になって、
他のことに集中できない。

本気で悩んでいるのであれば、
一度『ホットタブ重炭酸湯』を試してみてはいかがでしょうか。

効果の秘密は、こちらからご確認できます^^
↓ ↓ ↓
血行を良くするために【ホットタブ重炭酸湯】