のりで 

March 27 [Tue], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>のりで髪を正真正銘ã?®ãƒžãƒƒã‚·ãƒ¥ãƒ«ãƒ¼ãƒ?にしたã€?</p>
<p>くっそ恥ずかしいã€?</p>
<p>美容院から家に帰るまで視線が気になったã??</p>
<p>本当にビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã£ã¦è¦?領悪ã?ã€?</p>
<p>ヘフナã?¼ã«ã—ろ、他で使えã?­ãƒ¼ã˜ã‚ƒã­ãˆã‹?¼?</p>
<p>しã?°ã‚‰ãå¤–に出れませんã€?</p>
<p>ä¸?度よくè€?えるんだったã?»ãƒ»</p>
<p>新歓終わったらスポã?¼ãƒ?刈りにしよã?ã€?</p>
<br>

<br>

<p>髪型ã?®å¤‰é?·ã‚’振り返れば、小学校五年生まで坊ちã‚?ん風で、それから中三までスポã?¼ãƒ?刈りで、それから特にこれってã?ã?もã?®ãŒãªããªã£ãŸã‚“ã?なã€?</p>
<p>なんか、小学校の時に戻った気å??。あのころは大変おとなしい子どもだったなã€?</p>
<p>スポã?¼ãƒ?刈りにしてã€?野球に打ち込ã‚?ほど外向çš?になったものã?ã€?</p>
<p>さて問題ã?¯ã€ä»Šã?®é«ªåž‹ã?®æ‰‹å?¥ã‚Œã§ã™ã?‚ドライヤーに10åˆ?かかるã??</p>
<p>でも日é ?からマッシュルーãƒ?は恥ずかしいので、ライブã?®å‰ã«ãƒ‰ãƒ©ã‚¤ãƒ¤ãƒ¼æŒå‚で</p>
</div>

リンゴ?¼? 

March 26 [Mon], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>別に鼻がでかくて背が低くなくてã?ã??¼?</p>
<p>ビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºãŒã?ãƒªãƒ³ã‚´ãŒå¥½ãã§ã€æŽ¢ç©¶å¿?もあって、最低限のドラミングをきっちりこなして、そしてたまに歌う、そんなリンゴ役が欲しいã€?</p>
<br>

<p>今ã?®ãƒãƒ³ãƒ‰ã?®æ´»å‹•ãŒã€ä»Šå¾Œã?¯ãŠãã‚‰ãæœˆå˜ä½ã ã¨ä¸‰å›žç·´ç¿’してä¸?回ライブをã‚?って、それ以外にコーラス練をさらにã‚?る予定なのã?けれど、リンゴがいなくなっちã‚?ったã?®ã§ãƒ”ンチですï½?</p>
<br>

<br>

<p>æœ?近わかったことなんだけど、è?ªåˆ?があれこれ指図する前にきっちりビートルズをわかってる人とçµ?ã‚?ことがどんなに楽しくてかつ上達への近道なのかã?ã¨ã?ã?ことã€?</p>
<p>改めて聴ã?てみるとね、俺ã?ってまã?まã?これっぽっちもビートルズがわかってなかったよ。ここでこうã?ã?音がå?¥ã£ã¦ã€ã“ã?ã?ã?歌い方をして、こã?ã?ã?呼吸をして?½¥?½¥?½¥ãã†ã—てビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºãŒã§ãã‚がるã€?</p>
<p>ビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºãŒã‚ã‹ã£ã¦ãªã?とカラオケみたいになるã?‚浜崎あã‚?みと浜崎あã‚?み気取りã?®ã‚®ãƒ£ãƒ«ãã‚‰ã?の差はå¿?然ã€?</p>
<p>ã?から、今しなければならなã?こととã?えã?°ã€ã¾ãšã?¯è‡ªåˆ?がビートルズをもã?ä¸?度よく研究して、微妙な音をä¸?つä¸?つ聴きこみ、理解しã?å?ºã›ã‚‹ã‚ˆã†ã«ãªã‚‰ãªãã¡ã‚?ã?けなã?。その次に、è?ªåˆ?と同じくらã?熱å¿?なリンゴ役をみつけることã€?</p>
<br>

<p>俺はビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã‚?る時に、上手ã?ボã?¼ã‚«ãƒ«ã?とかギタリストだとかドラマã?¼ã¯å¿?要なã?。欲しいのはジョンとジョージとリンゴなんだã€?</p>
<p>幸ã?にして、この二é?±é–“ã?°ã‹ã‚Šã§æœ?高ã?®ã‚¸ãƒ§ãƒ³ã¨ã‚¸ãƒ§ãƒ¼ã‚¸(になる可能性の高い仲é–?)を見つけたよã?‚さらに幸ã?なのはみんな大学生で、やる気もあることã€?</p>
<p>同じã?けã?®ãƒªãƒ³ã‚´ãŒã„ã‚Œã?°ã€å¿?ずいã?演奏ができるã€?</p>
<p>まぁ当面はフロント三人がå¿?死に練習して、このバンドã?®ãƒªãƒ³ã‚´ã‚’やりたã?って、そã?ã?ã?状況を作らなきゃなã€?</p>
<p>かã?®å‰›ã•ã‚“だってそうã‚?ってリンゴになったã?®ã?から、どこから偉大なリンゴが生まれるかわからなã?んだよã?­ã€?</p>
<br>

<br>

<p>とりあえず、いã?バンドができて今ã?¯æœ?高に気持ちã?ã?んだ?¼ä»Šã¾ã§ãƒ“ã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã‚?ることに関して愚痴ばっかだったけど、よã?ã‚?くいã?方向になってきましたことをå?±å‘Šã—ますâ??</p>
</div>

ä¹?ã€?の公æ¼? 

March 25 [Sun], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>楽しいライブができました。乗りも良かったですã??</p>
<p>コーラスがよくなかったですã?­ã€?</p>
<p>å±?残り四時間ã?ã¿ã£ã¡ã‚Šã‚¹ã‚¦ã‚£ãƒ¼ãƒˆãƒ­ãƒ¼ãƒ‰ã«é›ãˆã¦ã‚‚らã?ましたよã??</p>
<br>

<p>でもã?ä»Šæ—¥ã®åŽç©«ã¯ã€ä¿ºã¯å±?å ´æ‰?をよã?ã‚?くみつけたぞって感じですã??</p>
<p>ビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã‚’やって、もちろん自åˆ?が楽しいしã?ãã—てお客さんを楽しませるのã€?</p>
<p>ã?ままでこれを大学でã‚?ろうとするから押し付けã?とかè¨?われてしまã?んだ。サークルのライブって俺ã?けでなくみんな押し付けã?からねã€?</p>
<p>でもã?ã“れからã?¯è¦‹ãŸã?人ã?けが見に来てくれて、そã?ã?ã?人をæº?足させるã?®?¼ã“れ最高に気å??ã?ã?ã‚?</p>
<br>

<p>今日は楽しかったけどもã?®ã™ã”く反省点が残ったã??</p>
<p>もっともっとがんばらなきゃね?¼?</p>
</div>

産休女 

March 23 [Fri], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>こうかいてThank you girlと読ã‚?そうですï½?</p>
<br>

<p>今日は園遊会でしたね、行かなかったけどã€?</p>
<p>行かずに明後日のライブにã‚?けての練習をしてã?ましたã€?</p>
<p>ã‚?っぱりビートルズは楽しいよã?­</p>
<br>

<p>ハリスンのおNEWにワインをã?¶ã£ã‹ã‘ましたorz</p>
<p>ごめんなさorz</p>
<br>

<p>四年生ã?®çš?様ã?ã¨ã‚Šã‚えずB研卒業おめでとã?ござã?ますã??</p>
<p>三人はまã?大学で会えますã?­ã€?</p>
<p>納会とかå?ºã¦ãã ã•ã„ね(色紙にも書ã?たけど)</p>
<br>

<p>?¼­ãã•ã‚“ã?®è²¡å¸?ã‚?らなんやらã?¯ç„¡äº‹ãªã®ã‹ï¼Ÿãƒ¡ãƒ¼ãƒªã‚¹ãŒæ—¥ã®å‡ºå‰ãã‚‰ã„に届くことは想定ã?®ç¯?囲外だっã?</p>
<br>

<br>

<br>

<p>写真は昼のä¹?ã€?の老人会ã?®å¯?合中に発見されたもã?®ã€‚河原美代子を髣髴させるã?­</p>
</div>

夢ã?ったã?ã¾ãŸå¦?想ともいえる 

March 22 [Thu], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>ふと気づくと、æ?”住んでたã?žãƒ³ã‚·ãƒ§ãƒ³ã«ã?るã??</p>
<p>隣にはずっと昔ã?å¿?から好きだったカエルがいるã??</p>
<p>多å??カエルと俺は家を探してã?て、俺がæ?”住んでたã?žãƒ³ã‚·ãƒ§ãƒ³ã®ä½ã¿å¿?地をæ?ã„出して、たまたま空き家があったから見に行ったã?®ã?ろうと想像するã?‚たã?、どã?してカエルとä¸?緒なのかがわからなã?ã€?</p>
<br>

<p>カエルってè¨?ã?のは俺の後輩がつけた蔑称で、なぜカエルなのかとã?ã?とピアノを弾くときに手が短くてそã?®æ§˜ãŒã‚«ã‚¨ãƒ«ã«ä¼¼ã¦ã?るからとã?ã?ことã?った気がするのã?がã??</p>
<br>

<p>そã?®ã¨ãå¤§åœ°éœ?が起こったã??</p>
<p>もã?®ã™ã”く揺れた。そしてこã?®ãƒžãƒ³ã‚·ãƒ§ãƒ³ã¯å€’壊したã??</p>
<p>気を失ったã?‚そして目覚めると手が見えるã?‚その手ã?¯æ‰‹é¦–からå?ˆãŒãªããªã£ã¦ã?るã?‚胴体も見えたã?‚へそã?®å‘¨ã‚Šã«ã»ãã‚ãŒäºŒã¤ã‚る。体ã?¯ã°ã‚‰ã?°ã‚‰ã«ãªã£ã¦ã?たã?‚どã?してばらã?°ã‚‰ã«ãªã£ãŸã?®ã‹ã?ãã—てならなければならなかったã?®ã‹ã?ä¿ºã«ã¯ã‚ã‹ã‚‰ãªã?。そã‚?(ã‚?)は紛れもなくカエルのもã?®ã?ったã??</p>
<p>多å??彼女は死んだのã?ろうã€?</p>
<br>

<p>カエルは二度死んだ。ä¸?度は五年前ã?äºŒåº¦ç›®ã¯ä»Šä¿ºã®å¤¢ã®ä¸­ã§ã€?</p>
<p>でもカエルは生きてã?るã?‚半年前に会ったã??</p>
<br>

<p>ä¸?度死んだ時ã?ã‚«ã‚¨ãƒ«ã®ã“とをもはã‚?愛さなくなったã?‚ã??しろそã?®é†œã„姿そã?®ã¾ã¾é†œã„と感じ始めてã?たã??</p>
<br>

<p>俺は生きてã?るã??</p>
<br>

<br>

<br>

<p>とã?ã?夢を見たã€?</p>
<p>今日は暖かã?ね?¼?</p>
<br>

<br>

<p>ミュージãƒ?クマンを弾こうと思ったら弦高が高くて、弾けなかったよ。そこで弦高を低くする俺ではなã?。é??反りさせて弦高を下げるã?®ãŒä¿ºã®æµå„€ã€‚サスãƒ?ィーンが得られる、と信じてã?るã?‚いã‚?、そã?ã?ã?感覚がなんとなく好きなんだã€?</p>
</div>

コーヒã?¼ãƒ–レイクインマイライãƒ? 

March 21 [Wed], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>アビã?¼å…¥ã£ã¦ã©ã?するの?¼ŸB研ã?®ä»£è¡¨ã¯ã©ã?するの?¼?</p>
<p>まずB研をã‚?めるつもりはなくて、でもしばらく落ちç?こうかと思ったり。少なくとも代表の仕事ã?¯ãã£ã¡ã‚Šã“なすし。間違っても文連総会をサボらなã?ようにしたã?なと(ç¬?)</p>
<p>B研に残ってどã?ã?ã?ことをするã?®ã‹ã?ã‚‚しくはしなã?のかをè€?え中で、とりあえずはアビã?¼ã§ãƒãƒ³ãƒ‰çµ?めたらアビã?¼å…¥ã£ã¦ãã?®å¾Œã©ã?しよã?かè??えたã?なã€?</p>
<p>とりあえず、楽器が揃わなきゃバンドçµ?まなã?、じã‚?なくて、ウイングスã‚?るã?®ãŒã„ã?と思ったã?‚ウイングスならã?ã?¼ãƒ«ã?けã?Œãƒ“ートルズã‚?るã?ã§åå??かつ人に押しつけなくてã?ã?からさã??</p>
<p>ã‚?っぱね、楽器と姿勢をビートリãƒ?クにするとね、それ以外でビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã®çœŸä¼¼äº‹ã?¯è‡ªåˆ?でã‚?るå??には中途半端に感じるんã?なã€?</p>
<p>あと意外に思われてるけど、俺は人にああしろこうしろè¨?ã?のが嫌いã?し苦手だから、だから「ビートルズã‚?るã?ã?®ã¯ãã†ã?った環å¢?がたまたまæ?った時にã‚?るよ。それまで「ビートルズã‚?るã?ã?®ã¯å°å°ã?なã€?</p>
<p>人に嫌われてまでビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã‚?りたくã?¯ãªã?と思ったã??</p>
<p>昔みたいに、楽器とか関係なしに(何しろã?˜ãƒ•ãƒŠã?¼ã‚‚リãƒ?ケンも持ってなかっã?)自由にバンドを引っ張る俺はウイングスをやるã?®ãŒã„まè€?えられるæœ?高ã?®è§£ç­?(極大)かなã€?</p>
<p>とã‚?ーわけでウイングスã‚?りたã?。その中でウイングス風ビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã‚’やってã?きたã?。そã?すれば誰も傷つけず、楽しみ楽しませそã?な気がしてã?るã?‚ã?Œã‚ã—だ」とã?ã?キャラはそうであるべきã??</p>
<p>そã?®ãƒãƒ³ãƒ‰ã?®ä¸­ã§ã€ã¿ã‚“なã‚?りたã?ことをやりたã?ようにã‚?れã?°ã?ã?のã?と、そã?è€?えるã?けでわくわくしてきたんだã‚?(*^?¼?')ãƒ?</p>
<br>

<p>今日は三月に入って初めて何もすべきことなã?休み。休まなã?と人間ã?¯ä½™è£•ãŒãªããªã‚‹ã?­ã€‚落ちç?ã?たら、また物事が違って感じられるã??</p>
<p>物事が違って感じられたから落ちç?ã?たともè??えられるけどね。まã?é ?序ã?¯ã•ã¦ãŠãã©ã¡ã‚‰ã‚‚真å®?</p>
<p>ところで、真実って好きなè¨?葉だわã?‚なんだか仰ã€?しい意味ã?けどね</p>
<p>俺なら信用できる嘘よりé?¼ã‚Šãªã?真実を大事にするけどな。å?˜ã‚っての真実だから、信用できる嘘を大åˆ?にするのも結構だけど、誰かが覚めてなã?とã?けなã?ã€?</p>
<p>時に真実ã?¯ä¿¡ã˜ãŸããªã?。信じなくてもいã?、けれど受け入れてほしい。å?˜ã‚’信じてもいã?と思う。フィクションの小説を読ã‚?ようなもã?®ã?ã€?</p>
</div>

A級戦犯の収穫 

March 20 [Tue], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>どã?もã???¼Ÿï¼Ÿï¼Ÿã“と僕ですã?‚ってすでにかなりã?°ã‚Œã¦ã?ましたけれどもï½?</p>
<br>

<p>まずã?¯ã‚¢ãƒ“ã?¼ã®çš?様ã?ã•ã?こã?¼?¼?早é€?してごめんなさいでした。しっかりç—?気療養しますã??</p>
<br>

<p>まずã?¯åçœã‹ã‚‰ã€ã?œã?¼ã‚«ãƒ«ãªã®ã«å£°ãŒå?ºãªãã¦ã©ã?しよã?もなくorzorzorzorzorzorzorzorzorzですorz</p>
<br>

<p>ä¸?方収穫は結構あって、特にã€?</p>
<p>みんな?¼‘~2バンドくらいにã?ちこんで、すげã?¼å®Œæ?åº¦é«˜ãã¦ã€ã—ろã?¼ã¨ãƒ©ã‚¤ãƒ–じã‚?あ珍しく熱å¿?に見てたよ。ライブを「見る」ことをæ?ã„出したって感じ</p>
<p>あとたまには「音楽」やりたã?なって思ったã??</p>
<p>結構ものの見方が変わったã?²ã¨æ™‚だったなã€?</p>
</div>

痛み 

March 19 [Mon], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>まずã?¯ã€å·¦è¶³ã®è¦ªæŒ?の裏が痛い。多å??ブã?¼ãƒ?のせいなんだã€?</p>
<p>次に、肺が痛ã?。菌がå?¥ã£ã¦ã‚‹ã¨ã‹ä½•ã¨ã‹ã§å’³ãŒæœªã?にとまらなã?。でも痛んでるã?®ã¯è‚ºã§ã¯ãªãå¿?ã?とã?ã?説もï½?</p>
<p>確かにå¿?も痛ã?。é??風。ã?¯ã‚?く風向きが変わってくれれã?°ã¨æ€ã†ã€?</p>
<p>どれも致命傷じゃなã?ã€?</p>
<p>致命傷かもしれなã?、脇腹がè?«ã‚Œã¦ã?るã?‚è´?肉だと信じてã?たらちã‚?っとしこりがある。è?¹æ°´ã¨ã‹ã˜ã‚?なã?とã?ã?ã€?</p>
<p>でもã?æ²»ç™‚すれã?°è‡´å‘½å‚·ã˜ã‚ƒãªã?ã€?</p>
<p>本当にまずいのは、これまでの自åˆ?の生き様だと思ったã?‚ã?Œä»Šã¾ã§ã€ã¨ã€Œä»Šã?ã?¯å¤‰ãˆã‚‰ã‚Œãªã?。だから「未来」だけã?¯å¤‰ãˆãªã?とã?けなã?。今までã‚?今ã?®ã¾ã¾ã®æ§˜ãªè‡ªåˆ?はã?めだと思うã€?</p>
<br>

<p>「風の音をè?´ã‘ã?ã‚’読んだ。å?¨ä½“を通して何も話が完結しなかったã?ã‚るいみもã?®ã™ã”く平凡なんだろうがã?ãã®å¹³å‡¡ã•ãŒéžå?¡ã?ったã?‚非凡な平凡さってã?ったらわからなã?かな?¼Ÿã‚‚のすごく普通ã?ã£ã¦ã?ã?とわかりやすいかもã€?</p>
<p>どã?でもいã?大事なことã€?</p>
<p>ä¸?見対極に位置するようなもã?®ãŒãã?でもなã?ã€?</p>
<p>残された時間が僕らにはあるから大åˆ?にしなきゃと、æ?ã„ますã??</p>
<br>

<p>今日は昨日も書ã?たとおり、ゼミã?®å‡ºé¡˜æ—¥ã€?13時集合遅刻厳禁ã?ãªã®ã«å°ç”°æ€¥ã?40åˆ?のé?れで、早めに行ったã?®ã«é?刻。すげã?¼ç„¦ã£ãŸã?‚でもé??番が後ã?®ã»ã?ã?ったから助かったã??</p>
<p>何が起こるかわからなã?もã?®ã?ねã€?</p>
</div>

ゼミ登録前å¤? 

March 18 [Sun], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>こã?®å†™çœŸè¦‹ã¦?¼å¼Ÿã?®ãªã‚“だけど、これã?ã‚¯ãƒ?ションになってて、下からパンチするとコインの音するんだよï¼?非売品でã€??¼µ?¼¦?¼¯ã‚­ãƒ£ãƒ?チャーでしか手に入らなã?んだって!!あとクリボã?¼ã‚‚あるらしいã?</p>
<br>

<p>今日は朝から夕方までミスチルをè?´ãã¾ãã£ãŸã?‚みんな俺がビートルズ以外è?´ãã¨ã³ã£ãã‚Šã™ã‚‹ã‚“だ。今までã?とレãƒ?チリ聴ã?てるってもらした時ã?®å‘¨å›²ã®åå¿œãŒä¸?番すごかったなã??½?</p>
<p>「未来」ã?®ã‚µãƒ“以外が難しすぎる!!六時間くらã?聴き続けたよ</p>
<br>

<p>そしてそã?®ã¾ã¾å¤œã‹ã‚‰ãƒŸã‚¹ãƒãƒ«ãƒãƒ³ãƒ‰ï¼?アビã?¼ã®ç·´ç¿’で、前回よりã?¯ã¾ã¨ã¾ã£ãŸã¨æ€ã„まã?(とã?ã?かいつも俺のせいで上手くいかなã?んだけど?½?)</p>
<p>こã?®ãƒãƒ³ãƒ‰ã ã‘è¨?えã?°ã€ã‚¢ãƒ“ã?¼ã®é›°å›²æ°—に十å??慣れた気がしますが、まぁ本当にアビã?¼ã«å…¥ã‚‹ã‹ã©ã?かã?¯æ–°æ­“とかでビã?¼ãƒˆãƒ«ã‚ºã‚?るバンドに入れてくれるかどã?かにかかってるんですが、ウイングスでもいã?ので誰かã?ã?¼ãƒ«å½¹ã‚’やらせてくださいorz</p>
<br>

<p>で、終電で帰ってきて、今æ?Žæ—¥ã®ã‚¼ãƒŸç™»éŒ²ã®é¡˜æ›¸æ›¸ã?たところã€?</p>
<p>結å±?、いろんな先輩の俺に対する意見と、ç?”究対象、ç?”究å†?容、活動ã?®çµæžœãªã©ã‚’総合çš?に判断してã€??¼¹é‡Žã‚¼ãƒŸã§ã¯ãªãã???¼·æ‰ã‚¼ãƒŸã«ç™»éŒ²ã™ã‚‹ã“とにしましたã€?</p>
<p>もちろん倍率ã?とかã?ãã?ã?ã?ç?由もあるんã?けどさã?ä»–学部の俺にしてみれã?°ã€è½ã¡ã¦åˆ¥ã«è¡ŒããŸãã‚‚なã?ゼミに拾われるくらいならã?ã¨ã‹ã„ろいろè??えてã€?</p>
<p>そりã‚?ー?¼¹é‡Žã‚¼ãƒŸå—かったらすげーと思われると思うしã?ã‹ã£ã“いã?と思うã€?</p>
<p>でも最後ã?¯æœ¬è³ªã‹ãªã€?</p>
<p>俺は何をã‚?りたã?のかã?ã©ã?ã?ã?大人になりたã?のかをè€?えたらW杉å?ˆç”Ÿã®ä¸‹ã§ã¿ã£ã¡ã‚Šå›½éš›çµŒæ¸ˆå­¦ã‚’学ぶのがä¸?番自åˆ?のためã?ともæ?ã£ãŸã??</p>
<p>?¼¹é‡Žã‚¼ãƒŸã‚‚ã?ã?けどなー</p>
<p>まぁ俺は腹を決めたã€?</p>
<br>

<br>

<br>

<p>明日はé›?合時間が13時で、これにé?れるとゼミに入れなくなるã?®ã§(しかも商学部には届けをå?ºã—てなã?ので経済学部のゼミに入れなã?と無æ‰?属になりますï½?)目覚ましを10個くらいかけなきゃ!</p>
<p>そして明日の夜ã?¯èµ¤å‚でミスチルバンドï¼?アビã?¼ã®ç·´ç¿’ã?ãã—てそã?®ç¿Œæ—¥ã«ã¯å›½ç«‹ãƒªãƒã??(既に今年三回目)っすã??</p>
<p>どこで空白の時間をつぶそっかな。ミスチルをè?´ããªãŒã‚‰æœ¬ã§ã‚‚読みますか。赤坂付近でよい喫茶店知ってる人はã?ませんかい?¼?</p>
</div>

60年代イギリスを体感したã€? 

March 17 [Sat], 2007, 0:00
<div class="section">
<p>世代間対立とかってどの時代にもあるよねã€?</p>
<p>特に有名なのはイギリスの60年代でしょã?ã€?</p>
<p>当時のオトナは戦争を生き抜いてきて、彼らã?¯å½¼ã‚‰ãªã‚Šã«è‡ªåˆ?を犠牲に国を守り、若è€?たちは自åˆ?たちのお陰みたいな自è²?があるã?®ã?けど、若è€?にしてみれã?°ã‚ªãƒˆãƒŠã£ã¦ã?ã?のは身勝手で、果たしてベトナム戦争が国のため、若è€?のためとã?えるã?ろうかã?ã¨ã?ã?疑問が生じるわけでã€?</p>
<br>

<p>今日ね、うちのリビングでおじã?ちã‚?んとおã?°ã•ã‚“が口げんかしてたã??</p>
<p>ã?るさかったã?‚すんげー。だから二人にã?るさã?からã‚?めろってè¨?ったわけã??</p>
<p>そしたら俺の母親とおã?°ã•ã‚“がきれて、お前ã?¯ã?つも女性に対して不当な扱ã?をするだとかè¨?われて</p>
<p>極端なフェミニズãƒ?はこれã?からこまるã?‚å?¨ã¦ã®ã“とを女性ã?から不当に扱われると勘違ã?してã?るã??</p>
<p>程度をè¶?えるとフェミニズãƒ?はè¨?ã?訳のç?論武è£?に過ぎなã?ã€?</p>
<p>そして、いつもã?®ã“とã?けれど、こã?ã?ã?、ã?Œæ‰¶é¤Šã—てもらってるå?´ã?ってことをè?ªè¦šã—ろã??</p>
<p>ã?るさã?のが不愉快ã?からã?るさã?って発è¨?することがã?Œç›®ä¸Šã?®è€?に対する敬ã?のå¿?のæ¬?如ã?ã¨è¨?われるã?®ã?ったら、何てこã?®ä¸–界はすみにくいのã?ろうと思うã€?</p>
<p>実際お年玉とかもらってる身なので、そã?ã?われると不利ですã??</p>
<p>でもã?æ‰¶é¤Šã—てもらってるã?®ã?からとã?ってそれを弱みのように利用するのならã?ã?¯ã˜ã‚ã‹ã‚‰ãã‚“なã‚?つの扶養ã?¯ä¸è¦ã?ãªãƒ¼ã‚“てね?½?</p>
<p>まずã?¯å¼±ã¿ã‚’握るだけã?®äººã‹ã‚‰ã¯ãŠå¹´çŽ‰ã‚’受け取らなã?ことにしよã?と思いましたã€?</p>
<p>あと学費ã?って自åˆ?で払えることなら払ã?たいと思ってã?るã??</p>
<p>親でさえ弱みを握られたくなã?よã?‚俺は人に甘えたくはなã?のですã?‚甘えたくã?¯ãªã?しã?ç”˜ã‚?かされたくã?¯ãªã?のですã??(本当に辛い時ã?å‹é”にã?け甘えますがorz)</p>
<br>

<p>大抵の「上ã?®ä¸–代」ã?¯ã?つã?ってそうã‚?って下ã?®ä¸–代に対して「上ã?ã£ã¦ã?ã?意識をもってã?るが、上ã?®ã‚‚ã?®ãŒä¸‹ã?®ã‚‚ã?®ã‚’大åˆ?に扱ã?のは当たり前であって、弱みを握るために大åˆ?にするわけではなかろã?ã€?</p>
<p>下ã?®ã‚‚ã?®ã¯ä¸Šã?®ã‚‚ã?®ã‚’選べなã?ã€?</p>
<p>家族では親を選べなã?しã?ä¼šç¤¾ã§ã¯ä¸Šå¸ã‚’選べなã?しã?å­¦æ ¡ã§ã¯å…ˆç”Ÿã‚’選べなã?しã??</p>
<br>

<p>実ã?¯æˆ‘ã??は政治家ですら自由に選べてã?なã?のã?ã€?</p>
<br>

<p>ã?からä¸?刻も早くそã?ã?ã?上下ã?®ä¸–界から独立したいã€?</p>
<p>まずã?¯ä¸?人暮らしをして、è?ªåˆ?の腕を信じる職に就ã?て、学校を卒業しã?è?ã£ãŸæ”¿æ²»å®¶ã‚’信用しなã?、そã?ã?ã?オトナになりたã?ã€?</p>
<br>

<p>俺が上ã?®ã‚‚ã?®ã«ãªã£ãŸã‚‰ã€ã‚んまり上とか下とかè¨?ã?たくなã?なぁã??</p>
<p>サークルã?ったら後輩に対してどちらかとã?ã?とイーブンな関係でã?てほしいしã??é€?に後輩の困ってるときにイーブンな関係で助けたã?ã?</p>
<p>バンドだったら、あんまりあれこれè¨?ã?たくなã?。俺が意見を持ってã?るよã?に、相手だって意見を持ってã?るだろうから、別に俺がとã‚?かくè¨?ã?べき問題じã‚?なã?ã€?</p>
<p>家庭ã?ったら、夫としては妻に対して「俺が稼ã?でるんã?から」家事をã‚?れとか子育ては女の仕事だとかè¨?ã?たくなã?。そんなくらã?なら俺が主夫になるã?‚親としては子どもã?¯ã€ãã?ね、キャãƒ?チã?œã?¼ãƒ«ã—たã?な。キャãƒ?チã?œã?¼ãƒ«ã«ä¸Šã‚‚下もなã?。二人の人間がå¿?を込めて相手にボã?¼ãƒ«ã‚’投げてそれをもã?ä¸?方が受け取るだけã??</p>
<p>仕事だったらã€?部下を使ã?とかじã‚?なくって、このåˆ?野ã?¯å›ãŒãƒ—ロフェãƒ?ショナルã?から任せる?¼ã£ã¦ã?ã?ような、仕事を与えるとかじã‚?なくって任せる、ってã?ã?そうã‚?ã?表現、また精神的にそうでありたいã€?</p>
<br>

<p>実際はどã?なのかなã€?</p>
<br>

<p>不安だよã??</p>
<p>俺は自åˆ?の仲間を大åˆ?にしてã?るã?®ã‹ã?æœ€è¿‘ã?®ä¸å®‰ã??</p>
<p>みなさん、俺に大åˆ?にされてã?ますか?¼?</p>
<p>俺は時には自åˆ?を犠牲にしてでも大åˆ?にしてã?るつもりなのã?けど、それã?¯æœ¬å½“ですか?¼?</p>
<p>全ての行為はå–?意によるもã?®ã?と思ってるけれど、受け止める側はå¿?ずしも同じよã?には感じなã?、これが世ã?®ä¸­ã®ä¸?番難しいことじゃなã?かなã€?</p>
<p>経済学とかだとアウトã?—ットとインプットã?¯åŒã˜ã‚µã‚¤ã‚ºã«ãªã‚‹ã?¯ãšãªã®ã?けど、特にå¿?は違うよã?­ã€?1を伝えたいなã‚?100はアウトã?—ットしなきゃã?けなã?かもしれなã?ã€?</p>
<p>みなさん、俺に大åˆ?にされてã?ますか?¼?</p>
<br>

<br>

<p>甘えたくはなã?しã?ç”˜ã‚?かされたくもなã?ã€?</p>
</div>