去る者も 来る者も

September 22 [Thu], 2016, 21:45
リーグ戦が終わる。

一軍のペナントレースも。
二軍のイースタン・リーグ戦も。

そうしてやってくるのはストーブリーグ。
人事関連の話。
例年以上にこれは怖い。

ドラフト会議が10/20にある。
少なくともここで取る人数分は、誰かの首を切らないとならない。
一軍二軍、全ての選手を実際に生で見てきたシーズンならでは、心配になる選手の顔が浮かんできてしまう。
それ以外にもFAや外国人の獲得も考えに入れないとならない。
戦力外や自由契約、任意引退…。

これは色々考えても仕方がない。
プロの宿命だから。

それでも、どこへ行っても何をしていても、ヤクルトにいた人は応援したい。



去る者は日々に疎く、というけれど。

そんなに簡単に過ぎてはいかない。

自分の応援する選手がトレードになったら?
引退したら?
戦力外になったら?
野球を辞めたら?
それは常に考えていることだけれど。

答えはやっぱり応援し続けるだろう、ということ。
どんな形になっても。

今、貴くんや江村くんを応援してるみたいに。
それはなかなか目の前で応援するわけにもいかないかもしれないけど。


自分が推す選手じゃなくても、ヤクルトにいた選手はみんな応援したい。

ヤクルトファンてそういうところは結構あると思う。
慶三のことを気にしたり、川本さんや米野さんや鬼ちゃんのことを応援したり。
ファミリー体質は、そんなところにもある。

八木ちゃんのこともずっと応援してるよ。



近ちゃんも。
元々好かれる人なんだなぁと思うけど。
写真を載せた時の、リツイも半端なくて。
たくさんの人が気にしてるんだなぁ。
応援してる人のところに届けようとしてくれるんだなぁ、と思う。


私のところまで回ってくる八木ちゃんの写真や現地レポのツイートも、そんな風に人の手を経てるんだなぁ。


ヤクルトは外から来た選手に優しい。
そういうところは昔からある。
資金力を持たず、弱者の野球を模索する中で、野村再生工場は、今も受け継がれている。
ファンでも「生え抜き」にこだわる向きもあるし、育成面を疎かにしてはならないけど。
でも入ってきた選手が上手くやれる環境は大きい。

ぐちびき。ナミさん。さんちゅさん&なぎさん。モリスケさん。井野くん。
みんな移籍だって意識しないもんなぁ。
うぐのことも。
自分でもこんなに肩入れするとは思わなかったけれども。
みんなの受け入れ方もなかなかすごいものがある。
そんな土壌はあるんだろう。



ドラフトもやってくるけど。
話題になる選手が気にならないわけじゃないけど。
いいなぁ欲しいなぁ、と思う選手ほど取れない。
クジに当たる気が全くしない。
なので慌てず騒がず期待しない。

でも、誰になっても。
スワローズに来たなら、それが運命。
全力で愛し、応援していく所存。


一人ひとりみんなが集まってヤクルトスワローズ。

顔ぶれが少しずつ変わっても。
寂しさも悲しさも嬉しさも幸せも、色々あるけど。
それでも一緒にいたい人たち。
ずっと近くで見ていたい。

ずっと大好きなヤクルトスワローズ。

ラストチャンスのその後で

September 18 [Sun], 2016, 23:30
鵜久森淳志はどんな打者になるはずだったんだろう。



最近考える。
甲子園で4番を打っていて、ホームランを量産して。
春の優勝と夏の準優勝という華々しい戦歴を持ち。
その活躍の勢いそのままに、下位指名ながらプロになって。

どんな打者になることを期待されていたんだろう。
日ハムで実を結んでいたら、どんな風になっていた?

「将来の四番打者」
そう言われていた。
少しぐらい守備には目をつぶっても、お釣りが来るくらいに打っていただろうか。
ホームランバッターとして。中田翔みたいに?

あるいは筒香みたいな?

済美の頃は「どこへ投げても打たれそう」な隙のない打者だった、と誰かが言っていた。


実際には一軍での稼働は少なかった。
二軍でホームランを年間20本打った時はあるが、一軍でのホームランは最高でも年間4本に留まった。
守備に難があったこともある。
代打やDHで、結果を出せずにいた。



何が大きく変わった、というわけではないのだろう。

今までだって努力をしていたはずだ。
後がなくなり「ラストチャンス」「ファイナルラストチャンス」と言われ続けた。

トライアウトを経て、ヤクルトにやってきて。
「拾ってもらった」
「監督のために」
そういう強い気持ちが出たのは確かだろう。
杉村コーチに出会って、バッティングも変わったかもしれない。

それでも、ハタケの離脱がなかったら、ここまでのチャンスはなかった。
あるいは雄平が好調を持続していたら。
そしてシーズン半ばで加入した、同じ右の外野手兼一塁手としてのジェフンが成功していたら。
出番はなくなっていたかもしれない。

シーズン初め、神宮開幕シリーズで、ホームランを含む一試合2安打。
この後ぱったり打てず、松山を待たずに二軍降格。
再び一軍に上がった試合で2安打した。
しかしまたぱったり打てず、二軍降格。

8月に一軍昇格するまで、一軍で打った安打はこの4安打のみだった。

そのまま終わる可能性もあったが、主力の怪我もあり、監督はみたびチャンスを与えた。
「ラストチャンス」がまたやってきた。
戦力外から這い上がっても、打てなければもう先はない。

そうして、鵜久森淳志は打った。

スタメン起用が当たり、8月以降でホームラン3本。
打点も安打数も、キャリアハイを更新中だ。
代打で使われるだけだったら、ここまで打ててはいなかっただろう。
ここまで来れば、恐らく来季の首は繋がったと言っていいはず。



甲子園での満塁ホームランの折、こんな表現をした記事が印象に残った。

「12年は遠回りではなかった」

本当にそう思っていいだろうか。
日ハムには悪いが、本当にそうならこんなに嬉しいことはない。
ヤクルトで花開き、しっかり実を結んでくれれば。
いずれ心底ヤクルトに来て良かったと思ってくれるだろう。
来てくれて良かったと皆が思うだろう。

また来年頑張れる。
またひたすらバットを振っていく。
まだまだ鵜久森淳志は未完成だ。
これからどんな打者になっていくのかは、これからの君次第。
強打者としての成長を楽しみにしている。

出来たら今季もう1本ホームランが見たい。
来年に向けて、大きなアーチを架けてもらいたい。

希望を持ったシーズン終了になることを信じている。

Play Swallow 打者編!

August 29 [Mon], 2016, 19:26
遅ればせながら、Play Swallow打者編の体験レポを。

これは8/21のイベントで、他にも親子始球式、グラウンド整備、写真撮影ツアーがありました。
Play Swallowは10名限定。
この日は開門少し前に行って燕プロユニ付きのイベントチケットゲット。

集合は試合後なので、それまでは自由です。

この日の試合は、なぎさん先発。
5回を4安打、1本塁打、2失点でまとめています。
二番手の寺田くんが2回1安打、奪三振3という好投。
ここへ来て寺田くんがいい感じです。
遠投に長い時間を費やすなどずっとずっと調整を続けてきて、ようやく実を結んできたという感じですかね。
シーズン終わるまでにワンチャンあるかなぁ。来季のことがありますから…。
打線は西武ウルフに5回まで2安打しかできなかったけど、6回に猛攻。5点を挙げて一気に試合をひっくり返し、廣岡くんのホームランも出て、最終的には9-2で勝利しました。

試合中のブルペンも楽しかったー。

終わってから集合して、グラウンドに入ります。
選手で発表されてたのは、廣岡くんと渡邉くんだったんだけど、急遽山川くんも参加。
そしてユウイチコーチ、斉藤コーチが一緒という…。
このコーチが参加してくれるというのは緊張ですわー。
何故だろう?選手と一緒より緊張する

グラウンドで各自ストレッチなど。
あと寝っ転がってみてもいいですよー、っていうことで、みんなで寝転がってみました。
内野は人工芝、外野は天然芝。
人工芝は神宮と同じものです。
天然芝気持ちいーー。
「寝たい」
「ここに住みたい」
という人続出

場所を移動して、ホームベース近くまで。
いつも選手がティーバッティングしてるネットのところなんですけど。
そこでまずスイングを見てもらいます。
選手からアドバイスを、ってことなんだけど。
廣岡渡邉両選手は「いいと思います」程度のことしか言ってくださらず(笑)
語彙の問題かな?
谷内くんのフォームで構える人がいたら
「谷内さんだ!」「谷内さん」
って喜んでましたが(笑)
「二人とも谷内くん大好きですからね〜」って藤澤さんにも言われてた。

私は山川くんに見てもらったんですけど
「ステップをまっすぐに」ってちゃんとアドバイスしてくれましたよ。
こっちに向かってこう、と。

で、ティーバッティングは!

コーチが投げてくれるという

一人10球ほど。
まぁ厳密に数えて代わるわけでもないですけど。
私は斉藤コーチに投げてもらいまして…。
緊張しますよ!
上手い人は上手いし!
まぁ子供ちゃんとかもいるけど。
固定ティーの人もいたけど、私は投げてもらう方で。
「構えたところからバットを引かずに、そのまま前に」
というアドバイスをもらって打ちました。
まぁミートといえるような当たりは少なかったけど。

何気に硬球に木のバットで打つとか初めてですもんね〜。

でも気持ちよかった。

最後「ロングティー対決」は選手対ファンで。
3人選抜だったんですけど、飛びそうな人とか子供ちゃんに譲りました。
「選手がいかにすごいか見てください」
ってハードル上げられて(笑)頑張る選手たち。&斉藤コーチ!(笑)

廣岡くんは柵越えも見せてくれました。
ティーでよく飛ばせるなぁ〜。やっぱすごい。
近くで見られて感動もんでした。

ほかの人は結構写真撮ってたんですけどね。
私は荷物置く時に一緒に置いてきちゃってたからなぁ。
こんな写真しかありませんの。
終わった後で撮った写真ですが。

イベント終わって居残り守備練習の廣岡くん。

帰る途中での風景。
普通にリヤカーが使われてる球場(笑)


今回も選手のみなさんコーチの方々、スタッフさん。
本当に楽しかったですー。
ありがとうございました。

集合の時にフォロワ―さんが撮ってくれてた写真。
自分がめっちゃ笑ってて、本当に楽しかったんだなーと思う。
次に何かあったらまた参加したいです!
よろしくお願いします!

(あー、でも9月のイベント日がことごとく息子の試合と重なってる気がする)

Play Swallow S&C編を体験!

August 12 [Fri], 2016, 7:50
<注意書き>
選手と一緒のイベントであれこれしています。「自慢かよ!?ぷんぷん」てなりそうな人は読まないでくださいね〜。

2016/8/7の戸田イベントは

・親子始球式
・写真撮影ツアー
・グラウンド整備
・Play Swallow S&C(ストリングス&コンディショニング)

でした。
それぞれ先着で。

写真撮影ツアーはねー。神宮ならやりたいけど、戸田だともうあちこち写真撮りまくってるからな…。
もちろん遮るものはいっぱいあるので、それをなしに中から撮れるのは魅力ではあるけども。
ただ、そんな性能のいいカメラとか腕じゃないので、多分生かしきれない…。
ということもありPlaySwallow狙い!

8時より少し早く着きましたが、門の前にはもう列が出来てました。
そんな長くはなかったけどね。

まぁPlaySwallowの場合、スカートはいてる人はまずやらないから、多分大丈夫…。
と思ってチケット販売開始を待ちます。
この日もチケットの列を場所取りして、一旦休憩。
選手が来た頃にちょっと写真撮って、10時になったらチケット買って一旦帰宅コースでした。
無事にPlaySwallow参加をゲット。

また試合前に戻ってきまして。
このイベントの場合は試合後のグラウンドを使うので、試合が終わってから集合になります。
(前は8回終わってから集合してたけど、そうでなくていいらしい)
試合は普通に見られました。

7日は新垣渚さん大乱調の回…。
2回で既に7失点。
打たれまくってました。
最終的には5回1/3で9失点。
打つ方も結構打ったんだけど、1点差に追いついてきたと思うと、投手がまた失点という。
野手のモチベーション保ちづらいような展開でした。
きゅーちゃんは育成にホームラン打たれるし、木谷くんも簡単に失点してたし。

打者ではジェフンが3ラン含む4安打で大活躍。
途中で出たうぐもタイムリー打ちました。よかった。


試合終了してから集合。
グラウンドの準備ができてから、球場に入ります。
一緒にやってくれる選手は、原泉くんとジュリアスくんでした!

そして指導してくれるのは前も指導してくれた菊池コンディショニングコーディネーター。
長いので菊トレでいいや。
菊トレは「かかとのあるヒールの靴など履いている人は、灼熱のグラウンドで裸足でやってもらいます」なんてにっこり言ってますけど。プチSじゃないとトレーナーとか勤まらないよね(笑)
「明日筋肉痛ですね。明日ですよ。今日じゃないです」とかさ。
スタッフで付いて来てる藤澤さんも「1000mって走ったことある?」なんて子供に訊いて脅してるがw
走るわけないしそんなに。

外野の芝生の上。小さいコーンやラダーが置いてある。
まずは軽くストレッチ。
一人でやるものと、二人で背中合わせで体を伸ばしたり、あと肩に手を置いて足を振るアレ(笑)とか。
二人でやるのは泉ちゃんやジュリアスと組む人もいて。んまぁうらやま。
泉ちゃんの背中に乗せてもらって体伸ばすとか何つー体験ですか。
後はよく練習で見るやつ。その場で足踏みして、合図された方向に体を捻るとか。左、右、上、とやって、次は上の時はジャンプせず、左と右だけに反応するとか。結構難しいよね、とっさの反応。

ラダーは最初ゆっくり。後でスピード上げる。
右左と移動しながら足を中外と出したり入れたりしながら進んでく。
まぁ難しいステップじゃないんだけど、子供ちゃんとかは苦戦してたな。
考えるとできなくなる。
そして子供ちゃんには泉ちゃんやジュリアスが指導してたんだけど、ジュリアスゆっくりやったら分からないらしくて、足の置く位置違って教えたりして泉ちゃんに突っ込まれる(笑)

さらに腿上げで走ったり途中でジャンプしたり。
ダッシュも。
これもただのダッシュじゃなくて、菊トレが投手で投球動作を始めたら走る!とか実戦的。
コーンの間だけだから、そんな長い距離じゃない。

さて、あとはトラックの方に移動。
今度はゲームをするとのこと。
四方にコーンが1個ずつ。真ん中に3個コーンが置いてある。
4人が四方に陣地を持ち、それぞれ1個ずつコーンを持つ。
で、自分の陣地にコーンを3個揃える。
コーンは真ん中から取ってもいいし、他の陣地から取ってもいい。
これは体とともに頭も使う。状況を見ながら動く、ということ。

最初に泉ちゃんと女性3人。
次にジュリアスと子供ちゃんたち。
最後私と男性3人。
結構難しくて、みんな戸惑ってる感じ。
2個は揃っても3個目はなかなか。泉ちゃんは「できる気せん」って言ってました(笑)
とりあえず私は素早く動くことだけ考えて、真ん中から1個ゲット。
次によそから1個ゲットして勝利

で、2ゲーム目。
さて、女性3人と泉ちゃんがやる時に

「勝った人には原選手がお姫様抱っこしてくれます」


はい
いいんですかそれ???
いいんですね????
冗談だったのかもしれないけどほんとになりました(笑)
後でやりましょう、ってことに。

さて、慣れてくるとゲームがドツボにはまることもある(笑)
ジュリアスと子供たちは、延々誰も3個揃わないという…。
意外と難しいよね。2個は集まるんだけど、3個目がね。
ジュリアスは勝てそうだったんだけど、最後は子供に譲りましたね。
クタクタになってたわー。

公式サイトフォトギャラリーより

で、私ですが。
さすがに1回勝ったらマークされる。守ろうとしても力づくで取られたし。
すぐは無理。
でも周り見つつ、2つのところを潰す。後は小回りとスピードでね。
現役中高生には勝てなくても、30〜40代には負けん!
はい2連勝〜〜!

ついでにお姫様抱っこありですか!?と所望してしまったジュリアスくん、と。
自分のハイテンションっぷりが痛いわー。
頭沸いてたわー。でも嬉しいわー
まぁ年齢親子ですから(定期)戯れに母を背負いてな感じと思ってください

最後やってもらいましたよ。ちょっとお見せできませんけど。
ジュリアスくん罰ゲームみたいになっちゃってすみませぬ。
後から「投手の肩に負担のかかるようなこと!」と不安になったけど、菊トレが言ってるんだし大丈夫かー、と。
泉ちゃん「原にしてもらって嬉しいんでしょうか?」とか言ってたけどさ。いやいや絶対嬉しいでしょうよ〜?一生の思い出よー?かっこよかったよ〜?

泉ちゃんとも一緒に写真撮ってもらって、「ナイスランでした」って声かけてもらった!

選手に「ナイスラン」て言って頂けるとは…!
マジで嬉しかったなぁ。
しかし並ぶと私の小人感半端ないですよ。153くらいしかないので…。

原泉選手、ジュリアス選手、菊池コンディショニングコーディネーター、藤澤さん、スタッフの皆様。
ありがとうございました。とても素敵な体験でした。

いつもいつもあんなもんじゃないトレーニング、ずっとやっているの見ています。
地道なトレーニングがきっと実を結ぶ。努力が明日へと繋がる。

これからも応援しています。

公式の写真、新田カメラマングッジョブよ!ついでに奎二くんも写してくれて!
ブルペン傍だったんで気になってたんだよねぇ。この日の奎二くんほとんど撮れなかったから嬉しい

公式サイトフォトギャラリーより新田カメラマン撮影



この後神宮にも向かったわけでして(笑)
2回表くらいから充分見られました。
神宮は4日連続。戸田は3日連続。
3回ハシゴして、2日連続でイベント参加して。

誰よりも楽しんだ自信がある!ってくらい楽しみました。スワローズ三昧な日々

ガールミーツボールボーイ

August 08 [Mon], 2016, 23:02
戸田球場では色々イベントがありまして。


今年やったのでは選手のトークがある「Meet Swallows」。
選手やトレーナーさんと一緒に練習が体験できる「Play Swallow」。
ほかには抽選で始球式やイベント参加。
ユニフォームプレゼントやピンバッジプレゼントなど。

イベントチケットは普段より1000円ほど上乗せになります。
ケバブの時は500円でケバブがつき(つうかケバブ普通に買っても500円なんだけど)、イベント参加は抽選でしたけど。

さて、8/6,7のイベントは燕プロデー。
燕プロユニ付きチケットが売りだされ、買うと先着順でイベントに参加できます。
親子限定というのも多いです。

戸田のタイムスケジュールを紹介すると、球場入口の開門が8時。それまでの時間道満公園には入れるけど、球場敷地内には入れません。
チケット販売は10時。
チケット売り場の前に列を作りますが、早い時には8時の開門前に門の前に列が出来てたりします。
まぁイベントチケットの時でもいって10〜15人ほどですが。
前の方の人は必ずしもイベント目当てではなく、写真を撮りやすい席を求める方たちも多いですね。
私の好きなブルペンシートは比較的後まで残ってます。


選手は9時頃来始めて、アップをしてから練習になります。

練習は11時頃までして野手と試合で投げる投手は上がり、バスで寮へ行ってご飯食べたり。
12時過ぎくらいまでに戻ってきて試合前の練習。
試合に出ない投手とかリハビリの人はトレーニングしてたりするので、チケット買った後は練習見るのが普通なんだけど。
6、7日は暑いのと、イベントがあるのと、神宮ハシゴなので自重していったん帰宅。
夕ご飯作ってまた試合前に戻りました。

6日のイベントは
・スピードガンチャレンジ
・キッズウグイス
・ボールボーイ体験
・応援傘プレゼント抽選

ウグイスがキッズじゃなければやりたいのになぁ〜〜。
うぐもりを鼻濁音で発音してやるのになぁ〜〜。
なんて思いつつ。
スピードガンはこないだやってお粗末だったし。
応援傘は戸田開幕でもらったし。

ここはボールボーイ!

試合中のグラウンドに入れるとか!
夢のようではないですか…。
4組限定で、子供なら親子ペアで。大人は一人で可。
2イニングずつ、審判にボールを届けるのを体験します。

この日は8時開門くらいの時間に到着して無事にチケットをゲット。
試合前にいったん集合があり、説明を受けました。
全員大人だったよ(笑)ホッ
申し込み順で、私は5、6回を担当。
4回表が終わったら出入り口に来るように言われました。

試合は結構大変な展開。
まず先発が土肥くんで。
1回1/3でスクランブル。肩押さえてたんだけど、小山田さん曰く「手がブラブラするらしいよ」ということだから、どうも力が入らないような感じなんじゃないかな。痛みではなさそう。
急遽徳ちゃんが呼ばれ、慌ただしくブルペンで投げ始め。
それも時間がなくマウンドへ行き、投球練習。
ブルペンが「全然出来てない」「ジェフンの方がいいんじゃない」とか言ってたけど、投げ始めるとストライク先行でちゃんと打ち取ってた。
徳ちゃん偉い!
1失点はしたものの、4回2/3を投げて試合を作りました。
打つ方がなぁ。お手伝いの知人と井野くんでヒット3本。それ以外はジェフンが2本。泉ちゃんと廣岡くんが1本ずつ。
相手投手の中川が崩れなかった。1点止まり。

そんな中、4回表が終わったのでグランド入口へ。

4回裏2アウトまではそこで待機。2アウトになったらドアの前まで移動。
前のイニング担当が終わって出てくるのと入れ替わりで中へ。

グラウンドですよ。
試合中ですよ。ヘルメットをかぶってダグアウト外のベンチに座る。
一緒にいる本職ボールボーイ(いつもは神宮専)に説明を受ける。
審判にボールを届けるだけ。転がってくるボールやバットの処理は本職の彼がやる。
審判が手で5のサインをしたらボール5個用意。次にファールやボールの交換をした時に審判に届ける。
イニング間には「3個お願いします」とか言われることもあるので、その時にも持って行く。
それだけでも感無量。いつもは奎二くんやジュリアスがやってるようなこと。

試合中にこれだけ審判に注目してたの初めてかも。
5のサインをもらってから準備してもいいんだけど、ファールとか数えてあと1個かなとか予想して。
持って行くと審判も丁寧に「ありがとうございます」って受け取ってくれる。
ベンチ日向だったけど全然気になりません。
ボールボーイの彼は暑そうだったけど。
グラウンド整備の間に少し話したけど、大学生で、3年目。野球は高校まで。
4年生が就活なんかで忙しいから神宮の出番も多く回ってくるとか。
この日も本当は神宮の予定だったけど、イベントがあるということで急遽戸田に来たそうです。
この時期神宮のデーゲームはないから、暑さがきついと言ってました。
神宮は基本大学生みたいです。

審判も大変だー。
イニング間に水分補給して、氷嚢で首とか冷やしてました。
審判出ずっぱりだもんなぁ。
両軍はベンチがあるけど。
審判きっとマスコットの次に重労働だ。

ボールボーイの前はネクストがあって、打者が入れ替わり立ち替わり。
素振りをするのが間近で見られたり。
右を見ればヤクルトベンチも見えて。声が聞こえて。
そう、井野くん途中で神宮に向かったんだけど、その前にヒットを打って。ちょうどボールボーイの時。
代走が出てベンチに戻ってきた時、みんなとハイタッチして「めっちゃ嬉しい!」って言ってるのが間近で聞こえて。
なかなか見られないかなって笑顔で。
そうだよねぇ。試合出たいよね。打ちたいよね、ってしみじみ思った。
ああ、スタンドの声もね、グラウンドまでよく聞こえるよ。(雑談もだけど)

6回終わってお役御免。

以前入ったのは試合後のグラウンドで、礼をするのを忘れてたから、今回は忘れず、出入りの際にきちんと脱帽して礼をしました。
グラウンドへ。選手へ。審判へ。スタッフへ。
敬意を込めて。
貴重な体験をさせてくれた感謝を込めて。

ありがとうございましたー!


試合は負けましたが、うぐの出番もなかったですが、楽しかったですー。

投げた投手は試合後外野を走ってる。きゅーちゃん徳ちゃん。
試合後クールダウンして上がるうぐを待って、うぐボードにサインをもらいました。


「神宮ではこれ持ってますから!」って。神宮でうぐまた見たいよー。
頑張れ。打て。

選手は居残りしてたりしましたが。
廣岡くんと渡邉くんがサブグラで特守してたりね。
ここで戸田を離脱。

試合後の練習は(試合終了時刻にもよるけど)5時頃まで。

その前に出発して、神宮の試合開始には間に合いましたとさ。


そんな感じのボールボーイ体験でした

ボールガールってピンとこないしな。
ボールパーソンっていうとテニスになっちゃうしな。
私はボールボーイになりたいからボールボーイでいいか、っていうボールボーイでした。

スワいちオフ会!

July 31 [Sun], 2016, 22:35
笑福亭べ瓶さんがニコ生でやっていたスワローズ応援番組「スワいち!」。

3月で一旦終了し、寂しく思っていたけれども、オフ会で復活。

私自身は去年忘年会から参加し、番組を見ていたのもほんの短い時間でした。
ニコ生のコメントなんてうるさいぐらいにしか思ってなかったのに、生放送でコメントを拾ってもらえるという双方向性にすっかりハマった。
スワローズ検定の勉強会も役に立ったし。
浦添のことも見てすごく身近に感じるようになったなぁ。

セイバーメトリクスも!楽しい!
データって面白いなぁ〜〜と思います。


さて、7/30。
高田馬場「Bar B♭」にてオフ会開催。
前の忘年会の時は30人くらいだったかな。
今度は少し少なくて20人くらい?

去年忘年会に参加した時は、知らない人ばかりだったけどすごく楽しかった。
そして今回は、飲んで友達になった人たち、神宮ライスタで会う人たち、戸田で見知った人たちと、なかなか知り合いも増えてましたねー。
以前に同席した人とまた同じとこ座って話したりもして。
ほんと楽しい。

べ瓶さんと山本祐香さんも、時々twitterやfbで絡んだりもしてるので、あまり久しぶりの感じはしない。
たくさん話が出来て楽しかった。

またしても熱く戸田の話をしてましたけども。

んでも「誰かいい選手いますか?」って言われるとなかなか。
今すぐ一軍行って活躍できそうな人ってことだとなぁ。
自分的な今年のイチ推しは平井くんだったからな。岩橋くんも上がってるし。
まぁ石山くんや山哲がブルペン入ってましたよー、とか。
近藤さん二軍登板良かったですよー、とか。その辺かな。
廣岡くんはシーズン終わるまでに上がると思うけどね!

ご飯食べてお酒飲んで、お宝披露会。
前回私は智さん関連の古い雑誌とか新聞とか持って行ったんだけど、今回は用意してなかった。
一応考えてはあったんだけどね。
kekotanの「はい天才」ユニが随分べ瓶さんに受けてて(笑)
すごいすごい言ってましたし。ニコ生放送内で紹介したいって。
あれはいいよほんと。バットに夢を乗せてるし。燕のプリンスだし。可愛い。

ニコ生放送も開始。

あらかじめみんな「重大ニュース書いてください」って紙に書くように言われたんだけど。

「10大ニュース?」

って感じで書きだしちゃったよね(笑)

まぁ色んなことを書いてたのが放送で一人ずつ紹介されてって。
自分的な「重大ニュース」とかもね。

私は「由規復活」「平井復活」で。
これバラバラに切り離したくないんだよなぁ。


で、この日も鳥越さん解説でセイバーメトリクスのグラフ登場。
得点と失点と勝負、つまり何点差で勝ったか負けたかのグラフなんだけど。勝ちが赤、負けが青、間の色の部分が幅広いほど得失点差が大きい。
広島は真っ赤。青いとこは交流戦だったりとか。
巨人は2位と思えないほどバランスが悪い。
横浜の方が2位っぽい。
阪神はバランス悪い。
一番バランス悪いのは中日。

そしてヤクルトは真っ青(笑)

全体的にグラフの折れ線の位置が高い!(笑)
そして幅が広すぎー。
逆に赤いとこって何があったっけ?ということで振り返るのも面白いね。
そいや3連勝したりとか。
サヨナラ勝ちしたりとかがうっすら赤かったりするわけね(笑)

まぁこうして見るのは面白いなぁ。

ま、そんなところで中継も終わるわけですけれども。

後はお宝ももう少しやったりとか。

手作りのお宝もいいよね。
あとその時しかない思い出を象徴するものとか。
次回忘年会のときこそ。


それと慎吾の靴に慎吾のサインもらえればそれもお宝だなぁ。
ええ、慎吾のってだけでもお宝ですけど、5って書いてあるだけだと、ほら間違いってこともあるじゃん(涙)


3時間はあっという間でした。


べ瓶さんも言ってたけど。

こういうチームの状況だからこそ。

「逆に燃える!」

ということ。

多分あそこに集まってた人たちは、みんなそういう気持ちあるんじゃないかな。
みんなツワモノばっかだし。
むかーしからのファンもたくさんいるし。

これ以上ないほど過酷な状況。

それに対してどう策を取るのか?
どんな選手が出てくるのか?

未曽有の逆境。未曽有の闘い。
それを目の当たりにしてるのだから。
目を見開いて見ておかなきゃ。

こんな時こそ現地で力いっぱい声出す。



忘年会も楽しみですなぁ。
選手背番号ビンゴもまたやるそうです。

ローガンはあるのか?(笑)


応援の形

July 23 [Sat], 2016, 21:16
ヤクルト2連勝でやれやれ。
これで少しはTLも落ち着くな、ってそっちの心配をするのがちょっと何だかなぁ、ですね。
負けが続いたら、しばらく試合中にtwitter開かないようにしようかと思ったもん。
twitterしながら野球見るの好きなのに。

文句が言いたくなるのも分からないわけじゃない。
自分だって言いたくなるときもあるけど。
でもそれより応援したい気持ちの方が強い。

負けてる試合でも最後まで応援したいし、見ていたい。
せっかくの野球なんだもん。
家でも負けてるからってテレビを消すことはなくなった。
球場では声を出して応援したいし、最後の一人まで応援する応援団と一緒の気持ちでいる。


この間、頭の後ろでずっと文句を言ってる人がいる、とツイートしました。

それは、応援団のすぐ隣の席だったんですよ。

太鼓が直接体に響く席。
そんな席でずっと文句を言ってた。
それも、「川端がいなくなってから全然ダメ」とか、「山田はオールスター以来全然ダメ」とかハァ!?って感じ。
その日タイムリー打ったがね?
しまいにゃライアンを「カス」呼ばわり。
推しをカス扱いされて平気でいられるかっての。

こういう人って普段試合見ながら何言ってんのかね。
勝ち試合では何言ってんのかね。
勝ち試合では「さすが」「ナイスピッチング」とか言いながら、負け試合で「カス」とか言ってるんなら、そんなのもう応援じゃなかろう…。

まぁでも、そういう人が球場に来るな、ってことではない。
それも含めて球場だと思うし。

でも、応援する人は応援したいんだよ。
負けてる試合でネガってる人にポジれなんて言わないよ。
文句言わずに応援するのがほんとのファンだなんて、そんなこと言わないよ。

でも私はこうなんだよ。
そういう人がほかにもいるんだよ。
みんな真剣なんだよ。

他の人に押し付けることはしない。
みんなそれぞれの形がある。
でも、諦めずに応援の声を届ける人が、一人でも多ければいいなと思うよ。


ある人がツイートしてたけど

負け続けると応援しなくなる人もいるけど
「こういう時こそ応援しなきゃ」と球場に来る人もいる。
だから神宮には応援する声が変わらず溢れているんだと。

応援団の傍にいれば、少なくともそんな人にいっぱい会えるんだな。

私はそう。
一緒に勝とう、って選手に声を届けたい。



「文句言いたくなって当然」という時でさえ、私は選手に文句をぶつけようとは思わない。

で、その理由をふと考えついた。
自分の家族が野球やっててひどい状態でボロ負けしたとして、「カス」って言う人はいないわな。
「次頑張ろう」って励ますんじゃないかな。

多分、そういう感覚が近い。

それって選手を甘やかすこととは違うと思う。

ファンの声援が、選手を動かすんだから。
力になることができるんだから。

選手は絶対に勝ちたいと思ってるし、諦めてなんかいない。
同じ気持ちで寄り添いたい。


人がどうこうじゃない。

それが私の応援の形。

強靭な向かい風は

July 21 [Thu], 2016, 2:30
負けが込んでくるとTLが荒れます。

自分の精神衛生上、そしてリア友や家族や関係者も読むことを考えたら、中身のない文句だけのツイートは、私は出来ません。
腹が立つこともあればがっかりすることもあるけど。それは自分で消化します。
現地では、楽しめることを楽しみます。
どうでもいいような議論はパス。


負けることは最悪じゃない。

最悪なのは野球を見られないことです。
会いたい人に、会えないことです。


正直、慎吾のいない穴を誰が埋めるかは。

誰 で も い い 。

どうでもいいんじゃないですよ?

埋められる人がいるなら誰でもいいんですよ。
埋めてみて欲しいんですよ。
そんな選手がいるなら喜ばしい。それは本心から。


まぁ先の見えない故障じゃない。
知人みたいに治りが悪いこともあるかもしれないけど、概ね予想もできる。
しばらくすれば、様子が見えるところにも出てくる。
耐えられる、とは言えないが、耐えるしかない。
自分でどうにもならないものは。

きっと他にも痛いところあっただろうし。
この際全部治しておいで。

そいや慎吾って、今季まだお立ち台に立ってなかったな、とふと思う。
残り何試合でもいいから戻ってきて、神宮でお帰り言わせて。
お立ち台で「ただいま」って言って欲しい。
1000本安打は来季でも、今季から慎吾meter作っておくから。


戸田で練習が出来るようになったら、やって欲しいことが一つある。

それは、後輩の指導。
もちろんやってくれると思ってる。
インフルの時はゆっくり話をするほど一緒に練習したり、試合したりしてなかったんだろう。
スポルティーバの記事で、神宮練習見学の時、4人の若手に囲まれて質問を受けた、という姿がすごく印象的だった。
それぞれの立場に合わせて、丁寧にアドバイスする姿がありありと想像できて、泣けた。
今度はもっと長くなる。
戸田で一緒にいるうちに、積極的に若手と話して、アドバイスをして欲しい。
ハタケが泉ちゃんの指導をしてたみたいに。

若手にとってはすごく貴重な時間だろうし、成長のきっかけになると思う。
慎吾にとっても得るものはあるだろう。
技術的な面でも、精神的な面でも。
本当のリーダーになるためにも。そしていずれ指導者として残るためにも。


マイナス面の大きい怪我だけど、その中で出来るだけのことを。
来季以降に向けて、慎吾の影響力は小さくないと思う。
だから。
自分が治して復帰する以外の、周囲への影響を。
発揮していって欲しいと思う。

そしてこれから

July 15 [Fri], 2016, 10:21
オールスターですね。

前半戦、というには消化数が多いのですが。
後半戦突入すると、8月9月もあっという間に過ぎていきそう。

球宴前を振り返ると。
とにかくお友達が増えました。
キャンプで出来た燕女子会。
facebookで繋がったり。
スワローズ検定で会ったり。
Twitterでお友達になったり。
飲みに行ったり。

そして戸田に毎週行くくらいハマって。
神宮に行く回数も激増して。

一軍二軍のすべての選手を見てきました。

ヤクルト愛もヤクルト熱も増すばかり。


今はこの熱と社会生活を両立するのが課題ですねー。
とりあえずしなきゃいけない勉強はする。
後半戦の目標。


前半戦。

最も大きかったのは「復活」。
むらちゅー。平井くん。由くん。タテさん。

それだけでも大きな意味のある時間でした。

これからに繋がる復活でした。


由くんはこれから一軍で智さんと一緒に、コンディショニングや勝ち方を考えていけばいいよ。
ジャイ球の御前試合の時の方が制球は効いてた。もっとよくなると思う。
平井くんも一軍セットアッパーとしてはまだまだこれから。
秋吉やたかっちゃんも近くにいることだし、教わって経験して実績積んでいこう。

それを近くで見られることが嬉しいし、すごく楽しみにしてる。


私の「推し」選手、Twitterではプロフィールに掲げてるんだけど。
智さんは「推し」ではないので別として。
慎吾は好きになって長い。やっぱり現役選手で一番好きなのは変わらない。
今応援したいランキングとして、由くん平井くんが続くなー。前から好きだったし。
あとうぐ。そして奎二くん、晃大朗くん、奥村くん。
今年、応援したい人が増えた。見てると楽しい人。ずっと見ていたい人。
ライアン、きゅーちゃん、タテさん、雄平も安定して好き。

一軍にいないのは、うぐと晃大朗くんだけになったなぁ。
奥村くんがいない戸田はちょっと寂しいけど、なるべく長い間戻ってこないでね〜〜。


さて。球宴明け。
カツオくん、ライアンが戻ってくる。
由くんの次の試合も決まった。
むらちゅーやにゃるせはどうなるのか?
ローガンはいつ戻るのか?
二軍では山哲がそろそろ実戦?谷内くんも復帰間近かな?

楽しみですなぁ。


体力つけて暑さを乗り切るぞー♪

今の由規を

July 09 [Sat], 2016, 2:59
いよいよ由くんの一軍登板。

嬉しさ半分。不安が半分。
不安というか、ふわふわした感じ。
なかなか実感が湧かない。
多分由くんはもっとそういう感じを味わってるんだろう。


5年前の、テレビで見ていた由くんと

ここ数年、サイトの数字とわずかな機会でしか見られなかった由くんと

今年春からずっと近くで見てきた由くんと


それぞれの印象が自分の中で重ならない。
ここのところの戸田での印象が強すぎるんだろう。



でも、明日投げても、きっとそれらは重なることはない。

重ならないまま

今の由くんが重なっていくんだろう。
これからの
一軍で投げる由くんの印象を、積み重ねていくんだろう。



何があっても。
一球一球を見届ける。

今の由くんのすべてを。

2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
私がイラスト描きました!
最新コメント
アイコン画像リュウジ
» 平井諒が投げる時 (2016年06月11日)
アイコン画像HISATO
» 平井諒が投げる時 (2016年06月10日)
アイコン画像リュウジ
» 平井諒が投げる時 (2016年06月09日)
アイコン画像HISATO
» 行ってきます。 (2016年02月11日)
アイコン画像しっこ
» 行ってきます。 (2016年02月11日)
アイコン画像HISATO
» また来年 (2016年01月01日)
アイコン画像しっこ
» また来年 (2015年12月31日)
アイコン画像HISATO
» 球場の外でも (2015年12月02日)
アイコン画像れおぱ
» 球場の外でも (2015年12月01日)
アイコン画像しっこ
» 球場の外でも (2015年12月01日)
http://yaplog.jp/tengai-banri/index1_0.rdf