Saffronを知っていますか?

June 08 [Wed], 2016, 14:49
思い出の作品@
やっとお有りい合いした恋人とのデートは常に外車でした。
それでも私は外車酔いしてしまうので、常に一気に眠って仕舞う。
ある日、恋人がかわいらしい瓶に詰め替えた沢山のメントールキャンディを私にくれました。
「ここあめをなめてたら酔わないよ。たまには、起きてるさんと共に移動目指すな。」
「それでも、寝ちゃってても、いいけどさ。どうなっても、しら乏しいよ?」しょっちゅう寝ちゃっててごめんね。
も、実に移動が器用だったから、安心して寝てたんだよね。
今でも父親移動の外車が一番眠りを誘うゆりかごだ。

思い出の作品A
ずーっと乗り続けている外車で、長野から鳥取まで運転して行ったこと。
当時付き合っていた恋人(今ではダディ)の自宅にお辞儀しに行きました。
年末年始だったので、最中、スノーが甚だしくてドキドキしながら恋人って交代しながら運転しました。

思い出の作品B
免許を取っていよいよ公道を走ったことをそれほど覚えています。
18年の時だ。
素行分野がひろがり、ハイスピードを乗り継いで都内まで行った思い出の作品があります。
ようやく確かめる都内のコントラストに励みを受け、現代を分かる楽しさを味わった記憶があります。"

思い出の作品C
18年で免許を取得し、一気に外車をかってもらいました。
白や黒ではなく真っ赤な外車だ。
やけに気に入っていたし、短いオーダーではないので面倒臭くても充分洗外車を通じて大切に決める。
そんなに決めていました。
通年ほどしたある日、夜うちに帰宅途中にふとした縁石に乗り上げました。
危なかったな、心掛けなきゃ、と思いつつ帰っていると外車がガタガタ効く始めたではありませんか。
おやなに!という小気味よくパニックになりつつも走行、それから後ろから外車もきてたので停まれず走り回り続けました。
その間にガタガタは激しくなり走り回る度に外車がアップダウンにぶれるようになりました。怖くて停まれず、縁石に乗り上げてから2移動ほど走って家に到着しました。
そうして外車はタイヤがパンクしてゴムがボロボロに巻き付いて掛かるだけでホイールは何処かに飛んでいってしまっていました。
よく、無事に帰ってこれたなというのが直感でした。
父母にも驚かれ、外車を修理する時もマジ驚かれました。
今となっては笑い話ですが、当時は必ずパニックになって焦りました。"

思い出の作品D

私がいまだに大学生のあたりの現象だ。
4年上の兄が免許を取ったばかりで、稽古がてらレンタカーで旅に行きました。
お父さんが助手ダッグアウトで見守りながらの移動でした。
2泊3太陽のトラベルの初日、宿にたどり着く前にちっちゃな滝があり、ちょっと寄り道して行こうについてになりました。
滝を見て、駐外車フロアから出ようとした際、お父さんは誘いにつき、外車の外部にいました。
お父さんが「オーライ!」の指図をした時期、兄がアクセルを相当踏み込んでしまい、何かに乗り上げたって思ったら、お父さんの組み合わせが見えません。
それほど、兄はセーブ失態でお父さんをひいてしまったのです!
パニックときの兄を落ち着かせ、お父さんを外車に乗せて近くの病院にかけこみました。
幸運、右足の骨折だけで大事に別条はありませんでしたが、元来旅は宿を撤回し、丸々うちへ立ち戻ることになってしまいました。
あのパニック状態で、ぐっすり兄は頑張って引き返し運転したなと思います。
これがきっかけで、私は免許を採り入れる思いを落とし、とても年を取り去るまで無免許でした。
今は持っていますが、移動へのスリルはまだ抜けきらず、決定的紙乗員だ…"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:樹
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/telnslslupeesa/index1_0.rdf