ドアー就寝泥棒入室の行が盗人を開いています

June 09 [Sun], 2013, 14:12
15日早朝に、家住樹湯路のある住宅地区の王女史起床する時は、ズボンが枕元に投げ捨てると発見します。 彼女は前のひと夜さが睡以前に臨んで自分でズボンに外套掛けに掛かると記憶して、まさかズボンは自分で動くことができますか? 彼女は握った起き上りにちょっと触って、ポケット内を見付けるlvの財布は会わなくて、たとえ内面には何百元かがただあっても、そうでなくとても大きいことを損失して、ただ思い至る自分で眠って熟する時泥棒が旁行に盗むことは、彼女は全身の冷や汗を驚かし出す。
王女史と林女史の合は借りる一襲の両居室は、彼女は急いで隣家がドアを打つことに駆け寄って、林女史のちょっと検査することにどんなものを落とした。 林女史最終は自分で何という同様に落とさなかったと確定します。 王女史は合点が行かなくて、相宿の一セットの部屋は、泥棒は部屋に潜ってなぜただ彼女のlvの財布を掠める? あとで、両氏は温泉派出所に事件を届け出ます。
人民警察は発見を調査して、王女史寝付きの時開は戸障子通風を着て、林女史は寝間ドアを反対側ロックさせます。 泥棒は可能的に部屋以後に入ることで、王女史を見付けるドアーは開いていて、そこで潜った室内は盗みます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tellpurse
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tellpurse/index1_0.rdf