桃でアビシニアコロブス

July 09 [Sat], 2016, 6:57
新卒で勤め始めた新人介護士や、転職してきたばかりの介護士に対し、経験不足を理由に、労働に見合うだけの残業手当が未払いになることがあります。
ただ働きで残業をさせるのは、新人だということは何の言い訳にもならず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、手当として支払われなければなりません。
一般に高給取りだとされている介護士ですが、その給料は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。
他方で個人介護施設の状況を見てみますと、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

公立介護施設なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。自身の結婚、出産あるいは転居など一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。



転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。

なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。
たとえば正社員として働く介護士は月給制です。
でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。時給がどのくらいなのかというとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが大体の相場らしいです。
パートの仕事の割にはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。


どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。



まず履歴書を、転職を希望する介護機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接試験を受けることになります。



この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。しかし、そういった話の内容のほかに、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も観察されることになるはずです。介護士としての能力に加えて、人としての良い部分も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。
介護士という仕事に就いている方の中では、勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響してまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、介護士の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても役立てられることがよくあるといいます。
例として、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。介護士という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、とはいえ、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければちゃんとした雇用条件で働けず、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。
介護士というものはストライキをすることも難しく、看護婦を雇う側がちゃんと考えてくれることが最も大切です。

色々な働き方ができる介護士なのですが、結局、大多数の介護士は介護施設で働いております。



ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。


必ずしも介護施設でなくとも働く場所も多いですから、自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。



よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。



しかし、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。
挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。

そして、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、その上に、介護現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そんなお仕事だとわかっていながらも介護士を希望し、勉強に励む人が多い訳は、短所を帳消しにできる良い点がたくさんあるということなのでしょう。交代勤務を代表に介護士の仕事は大変ハードでも、特に油断できない仕事が申し送りです。
入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、責任を持って交代する介護士に伝える必要があります。

伝言で済むものも多いとはいうものの、患者の生死に関わる重要な情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。新卒、もしくは、既卒の方が介護士の働き口を探してみてもなかなか見つからないという方は、年齢が原因になっている可能性があります。


求人広告や求人サイトには特に年齢制限の記載がなくても、場合によっては、介護施設が内実に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。中でも、30歳以上で未経験の場合、難しくなります。



一昔も二昔も前の話になりますが、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると広く考えらえていた節があります。しかしながら、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、介護士はそれに相当する給金の獲得が可能であるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。
何しろ介護士の給料といえば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。
そう、つまり介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。病棟勤務の介護士は介護施設によりますが、2交代制か3交代制でみんなが夜勤を務めます。

夜勤においては人手がだいぶ減ってしまい、それなのに、夜半に容態が急変した重体患者が出たりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。
介護施設には多くの科が設置されていますが、勤めている科が違えば、介護士の仕事やケアのやり方も違ってきます。ローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。


今後の進路を考える事もできますから、やる気も上がります。

学校卒業後、ずっと同じ介護施設で勤務していますが、ちょっと気になることがあって、介護士というのは喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。
それから、たまにあるお酒の席などで見られる、介護士たちの酔い方、といいますか、酔態は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。
こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。



昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。
しかし、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。
ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。



無資格でも看護関係の仕事に就くという事も出来ますが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。



すると、介護施設で看護助手として勤めながら資格を取ることが出来る事を知りました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。



卒業後、介護士の受験資格を取得できる機関には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。

大学の特徴を挙げると、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。それに対して専門学校は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、そういった経験を生かして即戦力になれます。



そして、必要とされる学費については専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長の仕事をサポートしたり、介護士たちを指導する等、一般の会社組織においては課長職に近いものです。課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、勤めている介護施設の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。そのほかにも、公立介護施設と民間介護施設ではまた違いますし、介護施設がある地域が年収に影響していることもあります。


ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立介護施設に勤めた場合で、750万円位だと想定されます。
実は、介護士でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、公立機関や国公立介護施設で働く以外ありません。

本来、職業としての介護士が専門職で長く勤務することが出来る安定した仕事だという理由から高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することで安定性は確実です。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは最大のメリットだと言えるでしょう。



24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として介護士があります。職場が外来の介護士であれば、日勤になることもありますが、大半の介護施設が入院病棟の方に多くの介護士を置きますから、まだ勤務年数が短いうちは殆どの人がシフト勤務になるはずです。妻の話ですが、介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので悩みました。
結婚相手として人気が高いと思われる介護士ですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際のところ、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚の差が開いている事が指摘できるのです。晩婚の理由として多いものは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、着実に介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。

なので、介護施設で勤務する介護士についてもどれだけいても足りないという程、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、人材を求める介護施設がそれだけたくさんあるということでもあって、介護士にとっては、転職がやりやすいといった良い面もあるのです。



介護士と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という一点では介護士の方が上なのだそうです。介護や福祉関係の機関では、介護士不足に泣いているところも多く一定数以上の需要が常に見込まれるので、景気に関係なく、収入が安定しているといった専門職らしい長所もあるのでした。収入が良いのは事実ですが、その一方で、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。介護士をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで育児との両立を目指す介護士にとってかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。


子供の就学前であれば数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。

そういう理由でパートとして働くことにシフトするという介護士も相当数いると思われます。介護士は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。そういう介護士の仕事を続けていると、介護にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、そのうち、自身の身体や健康のことなども今の状態を把握しやすくなるようです。

昔はあまりメジャーではなかった介護士の能力評価に関して、これは多くの介護施設で行われるようになっています。介護施設で働く介護士各自の、今の能力レベルを測ることを目的に、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。



この評価は、介護施設により月一のこともあれば、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。自分の能力評価を受け続けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても総合介護施設から地域の診療所まで、規模が随分違います。



他にも、介護施設や保育園に介護士が常駐しているケースがあります。会社によって給料が変わるもので、その点は介護士にも同じことが言えます。
総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では年収にも差が出てきます。

こういった事を考えても、介護士だからといって平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。



普通、注射や採血は介護士が行うものです。
好んで注射や採血をしてもらうような人はそうそう多くいるとは思えませんが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士にお願いしたいですよね。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手に刺してくれる人もいれば、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。

この辺りは運としか言いようがありませんね。

介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておく事が必須になります。中でも、女性の介護士は派手なメイクは避けてTPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。

素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がまた違ったものになるでしょう。高給取りで知られる介護士ですが、その中にも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。

介護士の資格を持っていれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ですが、本業で勤めている介護施設で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、第一、本業の介護士としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:輝
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる