ラビーのトンボ

November 21 [Mon], 2016, 13:02
今どきのマンションやアパートでは隣や上下に住んでいるのはどんな人か、知らなくても生活が成り立つことがごく普通になっています。
とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、何かあったときに助け合うくらいの関係は必要だと言えます。

良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に伺うことは、当たり前ですが大切です。


転居するときに、覚えておかなければならない事が、さまざまな手続きです。

自治体の役場へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も必ず行います。

特にガスは立ち合いが不可欠なので、早めに手続きをしてください。また、銀行の通帳や運転免許証等の住所変更手続きもなるべく早く済ませておいた方がいいです。引越しをすることになりました。住所の変更手続きに伴い、車庫証明ももう一度取り直す必要があるみたいです。
実家に住んでいた時には、こういった手続きは全て父が行っていました。それでも、父は面倒だとか、大変だとか一度も言ったことがないような気がします。


やっぱり父は偉大なんですね。

引っ越し業者に頼む場合でも、自分自身でできる範囲の梱包をやっておけば、比較的、引っ越し料金を節約できます。
当然、引っ越し作業にかかってくる時間も短くできます。テレビのCMや雑誌の広告などで全てお任せでOKといっている引っ越し業者でも実際にはいろんな目的別のプランがありますので、一度調べてみることをおすすめします。引っ越し作業についてですが運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、会社にもよるのですが、梱包を引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。


でしたら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、荷物に何かがあったとしても実際の作業をした業者が、その責任をとって被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。
転居をきっかけとして、電話回線をどうするかも考え直した方が良いでしょう。今どき、固定電話は絶対必要とは言えませんが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならば電話会社との間で、転居しても使い続けるための作業が欠かせません。書類の往復に手間取っていると、固定電話もファックスも使えない生活になりますのでいわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く手を打つに越したことはありません。
そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、エアコンの取り外しや設置について、何も決定していないという困った状態に陥ってはいませんか?エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、でしたら購入した電気屋さんに依頼するか、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、どうしたらいいのか、よくわからなくなってきます。
エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで疑問点を尋ねてみるのがおすすめです。単身赴任の引っ越しを先日行ったのですが、その際に、引っ越し業者さんへ渡す心づけをどのくらいの金額にしようかと奥さんと相談しました。引っ越しとはいってもそれほどの荷物はなかったので作業のために来られた方は2人だけで、作業そのものにも1時間ちょっとしかかかりませんでしたので、そうそうおおげさな礼はかえっておかしいかと思い2人には作業中お茶を出したくらいで心付けについては今回は渡しませんでした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイキ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる