沢山のメッセージを有難うございます! 

2017年04月23日(日) 16時38分
和太鼓てきゃら「安田邦彦」本日、60歳になりました。
沢山のメッセージやメールを頂き、ありがとうございます。

昨年8月に大腿骨を骨折した母が、手術以降38日間の闘病生活と77日間のリハビリ入院を経て、我が家に戻り4ヶ月半が過ぎました。
お陰様で、それなりに元気で、週2回のデイケアでのリハビリと内科受診・整形外科受診と、認知症の頭を混乱させながらも、スケジュールをこなしています。
夜中、伝い歩きの母を見守り、介助しながら、自由のきく仕事であることに感謝しつつ、自分の人生を振り返ると、今ここで母と向き合う時間を与えられているのだとつくづく感じます。

何かと頭を悩ませる息子に、母親と向き合う時間を下さった定めに感謝です。
そして、私を生んでくれた母に感謝します。

60歳。これからが本当のスタートと思っています。まだまだいっぱいやりたいことがあるし、やらなければいけないこともあります。
今まで以上に精進し、千晶と共に切磋琢磨してまいります。皆様、どうか今後とも宜しくお付き合いくださいます様、お願いいたします。

 

2016年03月16日(水) 17時13分



先日、母の米寿を祝うことが出来ました。

先月2月中旬より約1ヶ月、体調が悪く床についていましたが、見事に復活!!

今回は、流石に寝たきりになってしまうのかと心配しましたが、笑顔も戻りホッとしています。

病院嫌いの母は、以前通っていた病院も処方薬もやめ、サプリとChiakiさんの愛情レシピに切り替えて間もなく2年がたちます。

何とかぎりぎりセーフって感じですが、益々頑張りそうです!

ありがとう。。いつまでもお元気で!!

Chiakiさんに感謝!!


正月!そろい組み!? 

2016年01月08日(金) 15時11分
皆様、明けましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になり ありがとうございました。
本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年もお陰様で、群馬での演奏で幕があがりました。感謝申し上げます!

さて、今年のお正月は、和歌山からChiakiさんのお母さん(カヨさん)が駆けつけてくれました。
遅ればせながら、初めての家族揃ってのお正月となりました。

私の母(ノリコ姫)も、ご心配おかけしましたが、元気な笑顔でお正月を迎えることが出来ました。
今年は米寿の歳。。いつまでも元気でありますように。。。



そして、もう一人の家族。。愛猫「おぎょん」さんも、いつも通りのマイペースでお正月をお迎えあそばしました♪♪



家族揃って、元気であることに感謝いたします。

皆様もどうかお健やかで、幸おおき年でありますように 心からお祈り申し上げます♪♪♪

2016年 1月 8日

「みなかみ組曲」お披露目!! 

2015年10月03日(土) 14時38分
いよいよ明日、みなかみ町町村合併10周年の記念式典で産声をあげます!
お披露目は、式典終了時の13:40頃の予定です。
いろいろと盛りだくさんのようですので、皆さんどうぞお出かけ下さい!
私達、てきゃらの演奏はありませんが、ステージでご挨拶させて頂きます。

■開催日時  平成27年10月4日(日)午前9時〜午後4時
■場所  みなかみ町月夜野緑地広場(月夜野総合体育館西側)
■イベントスケジュール
  9:00 オープニング
  9:10 上州月夜野矢瀬太鼓&でんでこ座三国太鼓共演
  9:40 MNF(吉川晃司トリビュートバンド)
 10:10 NaturalRhythm(利根商吹奏楽部OB・OGバンド)
 10:40 水小ハッピーウインドバンド(水上小学校)
 12:10 10周年記念式典
 13:00 FM群馬公開生放送
 14:00 利根川源流賛歌
 14:30 テリー齋藤
 15:00 みなComing体操
 15:30 なつこ
 ※スポーツ体験 10:00〜15:00(ホッケー、ニチレクボール、スナッグボールなど)
 ※飲食等出展ブース 9:00〜16:00





みなかみ町の二つの和太鼓集団、「上州月夜野矢瀬太鼓」と「でんでこ座三国太鼓」のめんめんによりまして、このよき日にこの場所で産声をあげます「みなかみ組曲」を作曲させて頂きました。
町村合併10周年の喜びと、これから益々みなかみ町を盛り上げて行こうという心意気の和太鼓の響きをどうか、音霊(おとだま)として、お受け取り下さい。
みなかみ町町村合併10周年、おめでとうございます。


「みなかみ組曲(くみきょく)」             
― 水は いのち。いのちは巡りて、今を謳う。―

和太鼓 奴達〜てきゃら〜 作曲
上州月夜野矢瀬太鼓・でんでこ座三国太鼓 演奏

水は山に生まれ、やがて川となり走り始めます。
数々の稜線を折りなす谷川連峰を背に 利根川と赤谷川は、ここに合流します。
育み、育まれた いのちの記憶を語り合うかのように
川面は弾み、ひとつになった流れは その勢いを淡々と漂わせています。
ここに根ざす人もまた、恵みへの感謝と畏敬の中で
強く、優しく、しなやかに暮らし 巡りゆくいのちの営みを謳歌するのです。   
 ゆるぎなき自然と、そこに生きる私達の喜び、そして誇りをこめた太鼓の響きを
どうぞお聴き下さい。

写真は、練習風景です。みんなよく頑張ったね。。本番は楽しんでね!!



ありがとうございます!!

演奏演技指導2 

2015年05月27日(水) 13時58分
2015年5月24日。みなかみ町にて
「みなかみ町・町村合併10周年記念 和太鼓組曲」
「上州月夜野矢瀬太鼓」「でんでこ座三国太鼓」合同練習の2回目が行われました。

前回、前半部分の確認を終え、今回は後半を確認。。
全曲通しで演奏できました。

ここからは、細部に色付けです。


写真は、掛け声の入れどころをパート別に打ち合わせしているところです。
演奏者みなさんの、真剣に真面目に取り組む姿勢は、いいものを創り上げようとするエネルギーを感じます。
こうして、生まれつつあります。。大いに楽しみです!

この曲は、太鼓の生き音をシンプルなパターンによって響かせ、その組み合わせによって 荘厳な山々と森林、川の流れ、そしてそこに育む人々の伊吹を表現した曲です。

以下、楽曲の紹介です。

「みなかみ組曲」
−水は いのち。いのちは巡りて、今を謳う。−
 水は山に生まれ、やがて川となり走り始めます。
数々の稜線を折りなす谷川連峰を背に利根川と赤谷川は、ここに合流します。育み、育まれた いのちの記憶を語り合うかのように 川面は弾み、ひとつになった流れはその勢いを淡々と漂わせます。
 ここに根ざす人もまた、恵への感謝と畏敬の中で 強く、優しく、しなやかに暮らし巡りゆくいのちの営みを謳歌するのです。
 ゆるぎなき自然と、そこに生きる私達の喜び、そして誇りを込めた太鼓の響きをどうぞお聴き下さい。」
広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:てきゃらKuni
読者になる
夫婦(めおと)和太鼓ユニット『和太鼓 てきゃら』 篠笛と和太鼓のKunihikoと和太鼓と鳴り物のChiakiの日常を、Kuniが気ままに綴ります。
http://www.tekyara.com/