【 更新情報 】

スポンサードリンク

適性検査突破の次は…

適性検査というのは代表的なものにはクレペリン検査やYG適性検査
さらに性格検査としてMMPIやロールシャッハ検査などがあります。

これらの対策も非常に重要ですが検査を突破した後、
次に控えているのは面接試験ではないでしょうか?

私は某企業の人事担当者と繋がりがあり、その方からいつも
聞くことなのですが、


いくら適性検査を突破してきても、面接で全く通用しないという
人が多いそうです。


なぜ、そうなるのかわかりますか?
ここにその答えがあります。

⇒ http://www.raptor777.com/topMBA.html

適性検査について

就職試験において適性検査を受けたことがある方は多いと思います。
例えばクレペリン検査などがそれにあたります。
これらの検査というのは非常に種類が多いものですが、就活をうまく進めていくためには絶対に必要になってくるものです。
リクルートなどは適性検査の無料提供を行っていると聞いたことがあります。
また適性検査の結果と言うのは、その後のエントリーシートや面接にまで直接結びついてくるものなんです。なので絶対に気を抜かずに精一杯やってください。spiなどの対策で忙しい就活生だと思いますが、こういうところで頑張れるかどうかで一生が決まってしまうかもしれませんよ。
将来の自分のため、今出来ることを精一杯やっておきましょう。必ず、その成果は実る時がきます。

適性検査と就職活動

最近の就職活動(就活)においてはテストセンターやナビ、webテストを利用したものまであります。このように今、適性検査というのは非常に多くの種類があり、また様々な媒体で受けることが出来るようになっているのです。
このように、種類がおおくなってくると、その対策法も多岐にわたるということが言えるのではないでしょうか。
私はその問題を1つ1つ全部やっていく必要はないと思いますが(実際には出来ない)あなたの受ける職業に最も近い適性検査は一度受けておくことをお勧めします。なお、運転免許などの適性検査と言うのは非常に簡単なものが多いのでそれほど対策はする必要がないでしょう。
反対に、クレペリン検査などのかなり専門性の高いものを取り入れているパイロットなどの職業ではクレペリン検査の対策などは絶対にはずせませんよ。

適性検査の種類と対策

適性検査というのは就活や転職において絶対的に必要になってくるものです。
いわゆる職業適性検査というものですね。
この検査では、その人の仕事に対する適性を問われます。
またその内容によっては、適性検査の結果で合否が決まってしまうような職種もあるようです。
また、公務員の試験にも警察官や消防員、私学教員などにおいて適性検査が取り入れられています。
中高一貫校などの高校の受験試験でもやっている場合がありますね。
このように適性検査の種類というのは非常に多く、その内容は多岐にわたります。
こうやって適性検査の内容だけでその人のなにがわかるというのか!と思うかもしれませんが、これは現実です。
どのようにすれば乗り切れるのかということを常に考えていきましょう。
そうすることで突破口があなたにも見つかるはずですよ。