定年後の生き方を考える

March 17 [Sat], 2012, 17:45
定年を65歳まで引き伸ばす法案が閣議決定したそうですね。

65歳まで再雇用、閣議決定

現在40代より若い人たちは大抵年金をもらえる年齢が65歳ですので、それまでは働ける社会を作りたいという政府の意向のようですね。これで私達は、65歳まで雇用してもらえるので年金もらえるまでは働けるかな?!と思ったら大間違いですね。

全ての社員を65歳まで雇用できる会社なんて、ハッキリいって日本に何社あるでしょうか?社員数4〜5名の零細企業であれば、むしろ高齢者でも働いて欲しいと思うかもしれません。ですが、社員数が多い会社は60歳の社員だって重荷です。それを65歳まで雇えと言われたって無理な話です。

65歳まで安心して働けるのは公務員くらいでしょう。それが証拠にしばらく国家公務員の新規採用を4割から最大8割削減するんだとか。そうなれば、公務員は老人だらけで若い人は全く参入できない社会になってしまいます。高齢者の雇用を企業に依頼するのであれば、もっと企業を支援する態勢を取らなければこんな話は単なる絵空事で終わってしまうのではないでしょうか?!

やはり定年後に自分で生きていける環境を会社員のウチに築きあげる必要があるでしょう。いろいろと手段はあると思いますが、私の場合会社員のウチに資格を取得しておこうと考えています。今取得しているのは社労士とFPですが、将来的には社労士として独立開業して未来を切り開きたいですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:teinen
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる