いつか、本当の

May 10 [Fri], 2013, 19:10


私、友達に避けられてるんですよね。


何をしたわけでもなく。

何かをされたわけでもない。

こういうのって、
いじめって言うのかしら。。


だとしたら





あらま




って感じ。






え?



軽い?




やだな




私、基本こんなだから(笑)

でね

こういうときによく聴く歌があるんだよね。


その歌が、自分にリンクしてたり、してなかったりするのがいいの


今回は、その歌詞に当てはめて、私の状況を書いてみる




友達にどんな顔をするのが正解なのか、分からないけど、でも、友達といるにはそれしかないから、大丈夫なんて思ってる
その「大丈夫」が自分を消してるなんて知らないまま、進んでいくことが一番怖いんだ

でもね、だからって「私はここにいる」って叫んだって意味がないの。その叫びに気付いてくれる人はいるのかな?……きっといないのよ。だったら、泣いてやろう。そんなの恥ずかしくなんかない。結局、明日なんて来ちゃうんだから

それが辛くて泣いて、誰かに助けを求めても皆無視。だからまた泣いて。
でも、そうやって私は成長するのかな。でも、傷付く事が怖くて、色々我慢してたら、あれ?笑えない…

気付かなくたって1人。でも怖い。けど、たまに差し伸べてくれりその手が怖いくらい優しくて、それさえも拒否してしまう。……結局、私が悪いのね。

いつもみたいにふざけて笑い合って、あれは嘘?あの頃に戻りたい。そう思っても意味がない。今は、今を受け入れるしかないから。

ほら、何だかんだ言って、生きてるの。確実に、明日に進んでるの。でも、それでいいよね。
うん、大丈夫。この「大丈夫」は、はじめの大丈夫とは違う。私は、必ずここにいる。周りなんか気にしないで、全てを見せればいいんだ。それが、私だから。







こんなの読んで、いい気がするわけない。


でもね


きっと、周りに叫んでる子がいると思う。


それを助けなければ、助けなかった貴方も同罪になる。


どうか、皆さんは
本当の関係を築いて欲しい。


私は、そう思います。




読んでくれて、ありがとう。


ブランコ

March 07 [Thu], 2013, 20:53


あの日見た空は青く透き通って 雲一つないキレイな快晴で

二人でブランコで揺れながら 同じ景色ずっと見上げてたね

君の笑顔見るたびに 胸がキュンと高鳴るの

この気持ちはまるでブランコのように揺れている


あの日見た空はもう あの日にしか見れないんだ

君は静かに「キレイだね」と呟いた

君のあの時の涙は何を思ってたの?

何も聞けない弱気な私 ブランコに揺られるだけ


バカなことして笑い合って でも全部昔のこと

振り返る余裕さえない 私たちはすれ違ってしまった

君の後ろ姿見るたびに 胸がぎゅっと苦しくなるの

二つ揺れてたブランコはもうどこにもないんだ


どこを探しても全然見つからないよ

いつかの雨に流された? 私たちの忘れ物

一人ブランコに揺れて ずっと泣いていたとき

暖かい風に包まれて ブランコはゆっくり止まった


不器用な私たちだけど もう離れたりしないよ

手を繋いで空を見上げてる ブランコが揺れている


あの日見た空はもうあの日にしか見れないんだ

二人そっと流れ星に願いを込めてみた

無邪気な君の笑顔に 胸がキュンと高鳴るの

二つのブランコが止まって 二人の影重なった



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リョウ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/teheperodoumei/index1_0.rdf