全国に店舗を展開するカメラ量販店のヨドバシカメラにおいて、売り上げ

April 15 [Fri], 2016, 23:13
全国に店舗を展開するカメラ量販店のヨドバシカメラにおいて、売り上げデータに驚くべき変化が表れた。Macの販売で、秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaや新宿のヨドバシカメラ 新宿西口本店など東京の旗艦店を抑え、大阪のヨドバシカメラ マルチメディア梅田が全国トップになったのだ。
シャネルiphone6 ケース

【詳細画像または表】

 大阪でMacの売り上げが急伸して東京の店舗を追い抜いた理由を取材すると、大阪の人の性格や地域性に合わせて「どんどん店員に聞いて、触って、比較して」というネット通販にはできない体験を重視したお店作りが客の理解を深めて納得させ、売り上げ増につなげたことが分かった。

●2フロアでAppleショップを展開、ゆっくり触れるように配慮

 大阪地区の旗艦店として梅田・大阪駅前に店舗を構えるヨドバシカメラ マルチメディア梅田では、ショップ・イン・ショップ型のアップル製品専門コーナー「Appleショップ」を地下1階と1階の2フロアに展開している。
Ray-Banレイバン サングラスAppleショップを同一店舗内に2カ所も設置しているのは、ヨドバシカメラのなかでもマルチメディア梅田だけだそうで、異例の取り組みといえる。

 マルチメディア梅田は大通りに面しているものの、おもな入店ルートは市営地下鉄梅田駅や各線の連絡通路と直結している地下1階からとなる。
ルイ・ヴィトン / LV 携帯ケースそのため、入店した客の往来が多い地下1階に小規模ながらもAppleショップを設け、アップル製品を目にする機会を増やした。ワンフロア上にある1階のAppleショップは面積を広く確保しており、MacやiPadなども多くの台数を展示。
シャネルiphone6 ケースフロア担当の高田翔平氏によると、「ゆっくり触りたい方は1階のAppleショップへどうぞ」と誘導するようにしているそうだ。

インターネット通販にはできない体験や相談の場を提供し、購入につなげる
 2フロア構成でAppleショップを設けるなど展示を充実させた背景には、大阪の人の購買スタイルが挙げられる。
グッチマフラー「昨今はインターネット通販が普及し、実際に製品を見ずに購入する人が増えた。だが、大阪の人は製品をじっくり触って納得してからでないと買わないケースが多い。
シリコンiPhoneケースお目当ての製品を自由に試せる環境を充実させることで、購買の増加につなげたい」(高田氏)と狙いを語る。店員に話を聞きつつ、2〜3時間近くMacやiPadを試す人の姿は珍しくないそうだ。
グッチ iPhone6 ケース

 さらに、Appleショップの周囲をiPhoneやiPadのアクセサリーなどアップル関連商品で固めるのではなく、日本マイクロソフトのSurfaceシリーズやAndroidタブレットのコーナーをあえて隣接して設けたのも注目できる。競合製品と触り比べて比較検討することで、Macならではの使い勝手や機能が理解してもらいやすくなったそうだ。
ルイヴィトンiPhone6ケース

 高田氏は「東京の場合、Macならではのスリムなスタイルに一目ぼれして購入するケースが少なくありませんが、大阪の人はMacの使い勝手や実用性の高さを評価して購入に至るケースが多いですね」と語る。マルチメディア梅田の「店員にいろいろ尋ねながらMacに触れ、ほかの製品と比較できる環境を充実させる」作戦が、大阪の人の購買スタイルにマッチして売り上げを伸ばしたのは間違いない。
Hermesエルメスiphone6ケース

 高田氏は、大阪では口コミも売り上げを大きく左右する要因だと分析する。iPhoneやiPadなど注目度の高い新製品は、東京では発売と同時に一気に売れ、その後は緩やかに落ちていくそう。
ルイヴィトンiphone6sケース「あらかじめインターネットで情報をチェックして購入を決め、いち早く入手したいと考える人が多いので、発売直後が一番売れる」。イノベーションとは、人々に新しい価値をもたらす行為で、日本語では「技術革新」と訳されることが多い。
アイフォン6シャネル1952年に製造されたホンダの「カブ」、1979年に登場したソニーの「ウォークマン」、1980年に発売された任天堂の「ゲーム&ウォッチ」などは“ザ・イノベーション”と呼べる商品だ。しかし、である。
シャネル iphone7ケース「イノ―ベ―ションは重要」と言われ始めてから、世界中を驚かせる日本発の商品が影を潜めている。

 マーケティングの教科書などをみると、いまの時代にイノベーションと呼ばれる商品・サービスといえば、iPhoneやらFacebookやらドローンだそうである。
ルイヴィトンIPHONE6ケース「かつてのホンダやソニーのように、日本企業はもっと世界で戦える商品を世にだしてほしい」と思われたかもしれないが、記者が取材する中でちょっと気になる商品を見つけたのでご紹介したい。「コンタクトレンズ」である。
iphone6ケース

 コンタクトレンズといっても、従来からある半透明のモノではない。外側は半透明であるが、真ん中部分は黒色。
ディオール携帯ケースよーく見ると、小さな穴がたくさんあって、中心に少し大き目の穴がある。実物を見せていただくと「なんだこりゃ」と感じたが、このレンズ1枚(両眼で2枚)で、近視にも、乱視にも、老眼にも対応できるそうだ。
iPhone6 シャネルス

 「そんな“魔法”のようなコンタクトレンズ……本当にあるの?」と感じられたかもしれないが、開発をしているユニバーサルビューによると、2017年度中の商品化を目指しているという。現在は臨床研究を進めていて、もし店頭に並べば人々の「目」を変える可能性があるのだ。
ルイヴィトンiPhone6ケース

 世界初の度数をもたないコンタクトレンズは、どのような原理でできているのか。また、開発にあたってどのような苦労があったのか。
iPhone6ケースグッチ同社の鈴木太郎社長と見川素脩CTO(最高技術責任者)に話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンライン編集部の土肥義則。
グッチ iPhone ケース

●ピンホールコンタクトレンズの原理

土肥: レンズ1枚で、近視、乱視、老眼などに対応できる「ピンホールコンタクトレンズ」というモノを開発しているそうですね。コンタクトレンズといえば、近視用とか乱視用とかがあって、その人の度数に合ったモノを装着しなければいけません。
iPhone6ケース香水風それなのに、ピンホールコンタクトレンズは度数をもたないので「たった1枚」で対応できるとか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:etset
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tegsfxve/index1_0.rdf