ミヤマフキバッタとオオジシギ

April 20 [Wed], 2016, 16:18
10代の期間、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いと翌日にはにきびが発生していました。



食べ物がてき面に影響するんだ、と思ったものということです。


それから後、年齢が進むと伴に食生活にも注意するようになり、チョコレートやスナック菓子などには目をむけないようにしています!!その効果かニキビもすっかりなくなりました。

顔にできたにきびが炎症を起こした場合、洗顔などでちょっと触っただけでも痛いと感じるようになります。

そのため、ニキビ“思春期や大人”が炎症を起こしてしまったら、気になったとしても決して指で触らないで下さい。触ってしまうと痛いだけでなく、指から雑菌が入るために、ますます炎症がひどくなります。吹き出物を防ぐ為に、毎朝、フルーツを摂取するようにしています!!その季節の旬の果物を欠かさずに摂取しています。果物を食べるようになってから、肌を称賛する人が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。



便秘が治ったのも、吹き出物が発生しなくなった一つと推定できるかも知れません。妊娠してすぐの時期にはホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れといったことからニキビ“思春期や大人”が出来やすい肌になります。また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビ“思春期や大人”ができる原因となります。
だからといって、抗生物質などは使用が出来ません。
ホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)を整えていけるように、この時期にはリラックスして、安静に体を休めておくようにしましょう!!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タツノスケ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tego0redtnns5p/index1_0.rdf