冬子 

March 08 [Sat], 2008, 14:55
凍てつくような冬の寒さも薄れ、段々と季節が春めいてきました。
永遠が雪の中でも休まず手入れをした庭には、桃の花が蕾を見せ始めました。
もうあと少し暖かくなれば、愛らしい桃色を開かせるでしょう。
そんな中、メイドとして新しい方が来てくれました。
蓮実さんです。
アルバイトなので住み込みではありませんが、とても真面目に働いていらっしゃいます。


ノエ 

August 07 [Tue], 2007, 22:32
まいにちあつい。
これがにっぽんのなつなのよってふゆこがいう。
こんなにあついとねつがでる。

七海 

July 10 [Tue], 2007, 23:35
名簿に顔写真を載せる事になったんで、睦月さんにポートレートを撮ってもらった。
一応、フォーマルな感じの服装と指定した。
子どもたちはこのクソ暑い中、冬服の制服を着させたのはいいが、問題は大学生2人だ。
サキは正装を何か勘違いしたか喪服を着るし、夏生ときたら紋付袴・・・
勘弁して欲しい阿呆だ。

夏生 

July 03 [Tue], 2007, 1:22
間宮(夏生の苗字)の本家から、また例の郵便物が届いた。
此処は自宅ではないし、仮にも下宿先なんだから謹んでほしい。
本当にもう・・・・見合いなんてする気はないんだ。

永遠 

June 11 [Mon], 2007, 16:18
宿題で、自分の尊敬する人物についての作文を書くこととなった。
作文って好きじゃない上に、尊敬する人物って・・・



十夜 

June 06 [Wed], 2007, 17:43
今日、他校との練習試合中、ケガをした。
あれはぜったいファウルなのに、審判は故意はないってファウルをとらなかった。
ぜったいわざとだ。
俺は途中から選手交代になったし、さんざんだ。
結局、勝ったからよかったものの、今度はぜったい許さない。



草一 

May 26 [Sat], 2007, 16:03
僕は常々、不思議でならないことがある。
サキさんと夏生さんだ。
彼らは大学生であるにも関わらず、研究や勉強をしている様子はなく、あまつさえ、大学自体も満足に行っているのか不思議である。
大学という恵まれた環境にいることの自覚が欠如しているとしか思えない。
羨ましさを通り越して、憎悪を抱く。


椎那 

May 25 [Fri], 2007, 1:54
今日、下校途中で本屋に寄りました。
その帰りに、他校生・・・多分、高校生に絡まれてしまいました。
以前、七海さんに「街で絡まれたときには俺の名前を出せ」って言われたのを思い出して、やばいかなと思ったときに七海さんの名前を言いました。
絡んできた人たちがすぐに姿を消したので、何事もなく帰ることができました。
七海さんってすごい人なんですね。
僕は、彼の名前に頼らずとも、切り抜けられるようになりたいです。



サキ 

April 22 [Sun], 2007, 11:54
最近、すっかり春めいてきたせいか、涙もろくなった。
茜が寝坊し慌てて学校へ行ったと聞くと涙し、ノエが「さざ○さん」を見ているのを見ると涙してしまう。
他にも色々な場面で涙を見せてしまう。
まったく、私はどうしてしまったのだろうか。

黒希 

April 16 [Mon], 2007, 18:11

来週、提出しなければならない課題があるが、

茜とかいう子どもが邪魔で課題が仕上がらない。

どうにかしてほしい。