たむらけんじ、澤穂希と友達

August 11 [Sat], 2012, 17:04
たむらけんじは澤穂希とメールのやりとりや夜食をする関係らしい。



「このメンバーだから取れた。力を出し切れたので悔いはない。胸を張って帰ります。素晴らしい試合をしてくれた。誰よりも沢ちゃんが一番、金メダルをほしかったと思う。限りなく金に近い銀です」




試合前には「サッカー人生の集大成。悔いなく最後まで走り続ける」というメールを受け取っていたらしい。





本人は最後のオリンピックなので思い入れは強かっただろうけど、沢ちゃんが一番、金メダルをほしかったと言うのもどうなのだろう。


みんなそれぞれ事情は抱えているだろうし、思いはそれぞれあるだろうから、自分だって特別な思いがあったという選手もいるんじゃないかね。



情報番組『とくダネ!』の視聴率が低下とか

August 08 [Wed], 2012, 18:13
2年ほど前までは8%前後の視聴率を維持してきたものの、スッキリに引き離されているとか。


菊川怜と気まずい雰囲気、ピリピリしているという話がありましたが。



小倉さんが番組後の会議で彼女を皮肉っても、まったく聞く耳持たず、協調性がないとか。





2002年から09年9月まで福澤朗キャスターと情報番組『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)をやってきたプライドがあるという。



菊川怜のとくダネは見たことはありませんが、いつか見てみたいと思います。


中野美奈子もそれほど良い風にも感じませんでしたが。



株主優待制度を導入する企業が増える。

June 24 [Sun], 2012, 11:23
昨年よりも11社多い1031社上場企業数に占める割合は27・4%で過去最高。


株主優待は企業が自社の株主に、自社製品や商品券などを「優待品」として提供する制度で、海外ではほとんど例がない。


富士フイルムホールディングスは今年4月、初めて優待制度を導入、100株を保有していれば、化粧品のサンプルがもらえたり、市販価格より安く購入できたりする。

国内の上場企業は、株主の3割弱を外国人投資家が占め、「国内の個人投資家にもっと株を保有してもらいたい」






百貨店の大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは、傘下の店舗で買い物をすれば、一定額を限度に10%が割り引かれ、保有期間が3年以上なら限度額がさらに引き上げられる。

アシックスやロート製薬も、長期保有者向けのメニューを取り入れた。

 野村インベスター・リレーションズ(IR)の調査では、平成4年に251社だった優待制度の実施企業しかし「優待を受ける権利がない株主との公平性を欠く、として制度をやめる企業もある」(野村IR)という。

は、20年に1064社に達した。その後、リーマン・ショックに伴う上場廃止や業績悪化で制度中止が相次いでいたが、3年前から再び増加に転じている。

また配当の方がいい株主もいて「まず配当を増やすべきだ」と指摘されるkとおもあるとか。

産経新聞



その他牛丼店やファストフード店などでは商品券が数千円分とか、アクセサリー関連では1万円相当のアクセサリーがもらえたりと、そんなに特をするものなのかというほどなかなか良いものもありますね。


株価が下がったら厳しいですが、優待を楽しむために持つ人もいるようですね。


海外ではやっていないというのは以外というか、でも海外はたしか配当額が高くなってきているそうなので、お金として還元してもらえるようです。


海外からの投資は300兆円以上とも言われますが、それでも国内投資の額の方が高いのですね。