素赤ワキンがニホンイノシシ

August 19 [Sat], 2017, 7:18
株の売買の方法には、現物株以外にもいろんな投資方法があります。その中にはオプションがあります。



これにはコールという買う権利と売る権利のプットというものがあって、各それぞれに売買ができ、この4つのパターンを組み合わせて、自在に投資戦法が組めるようになったデリバディブ投資です。


ものすごく魅力のある投資法ですが、十分な知識が必要となってきます。

私は、某企業の株主優待が貰いたいために株式投資を開始した初心者です。

ようやく最近、株式を購入したり、売ったりするのが難しく感じなくなってきました。企業が株主に与える優待制度も様々あって、株式を保有している会社の商品がもらえたり、割引された価格で買い物ができるので、どの会社の株式を買おうか悩んでしまいます。


株式投資をする人の多くは買っている株をどういったタイミングで売り抜けるかということに頭を悩ませるかもしれないです。

だけど、天井付近で株式を売り抜くということは相当難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの気持ちで売り抜けられるなら問題ないのではないのでしょうか。



ほぼ初めて株を買うものはその買い方がわかりにくいです。証券会社の人間から話を聞かせてもらったり、株をやっている知人に相談を持ちかけるなどして、株式の買い方の相談にのってもらうと良いでしょう。また、デモトレードを利用して、修練してみるのもいいかもしれません。

聞いたことがあるとは思いますが、株取引には現物取引や信用取引があります。


やっぱり初心者にはハイリスクの信用取引はおすすめしません。

自分の持金以内で投資ができる現物取引が絶対におすすめです。資金以上に損するリスクがないんですから。


他に、優待狙いで長期的に株を保有するのも一つの投資方法ではないでしょうか。

実際に株の空売りをしている株式投資の初心者は少ないものと思われます。

とはいえ、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと意識しているのなら、身につけておきたい技術だと思います。

なぜかというと、空売りを覚えるということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る側の気持ちについても考えるようになり、取引の幅が広がっていくためです。株が初めての方だけでなく、株式投資をする人の大部分は可能な限り安価な手数料のネット証券に口座を作るのがよいと考えます。どうしてかというと、株式を売り買いする際の手数料が安上がりなら株式投資の売り買いがとてもすばやくできるからです。



株式を購入する際には、単元株式ではない、ミニ株に投資する手段も存在します。

単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を手に入れたい時には、ミニ株でぽつぽつと買い上げることによって、一回に大金を準備しなくても求める銘柄を購入できます。

皆そうじゃないかと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートの読み方が、理解できませんでした。今でも、完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこうだろう」といった見方があって、それなりに参考にしています。
ただ、今でも稀に間違えてしまう時もあります。


株式投資の新人から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと聞かれたら、私的には最低100万円位は用意しないと、株式投資をやることは困難だと思います。



どうしてかというと、これくらいのキャピタルがあれば上場されている多数の銘柄の中から惚れ込んだ投資先を選択することができるからです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽咲
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる