佐藤克彦がBailey

July 31 [Sun], 2016, 0:08
夜勤をこなす必要があって、介護士の仕事は勤務の形が少々不規則です。働いた分の休みはちゃんとありますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大勢いる、というのが現実です。特に子供ができるといつでも託児を引き受けてくれる場所がないとほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。とは言え、近年においてはもう一度介護士として働くことを希望する人もじりじりと増えていっているようです。



いつ働くか休むかをコントロールしやすく、興味があってしてみたい、という仕事をかなり自由に選択可能、というのが派遣の介護士として働く上でのメリットでしょうか。

勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。



なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、もしも介護士の仕事を探している最中なら派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職活動をしてみてはいかがでしょうか。介護士の勉強をするための学校には大学と専門学校という二つがあります。大学の特色は何かというと高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。

それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれます。そして、必要とされる学費については専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。介護士というものは普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、他職種と同じように、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。介護士というものはストライキをすることも難しく、雇用する側が、きちんとした配慮を行うことが最も大切です。
収入に関しては、介護士は高給取りではありますが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。介護施設以外の働き口も介護士には多く、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、そもそも介護士の仕事そのものがかなりきついものですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。

個人介護施設はどうなっているかというと、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、結局は院長先生の考え次第となるようです。
勤め先が公立介護施設の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は介護施設次第ということです。

一般的に介護士の職場というと介護施設を思い浮かべますが、その介護施設といっても複数の科を持っている総合介護施設から、地域の町医者まで規模は様々です。
あるいは、介護施設や保育園などに常駐する介護士もいます。会社員も会社によって給与が違うように、介護士も同様でしょう。
町医者と総合介護施設とでは、どうしても給料も変わってくるでしょう。これらの事を考慮すると、介護士だからといって平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると階級も上がっていきます。例えば、婦長といったら比較的想像がつきやすい役職ですよね。

でも、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。



昨今の介護士不足の影響で、看護学生やパートの介護士も多くなっていますので、正介護士も役職的には上の立場になるわけです。



役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。かつての介護士は大多数が女性でした。ですが、近年は介護士という名前も定着して、男性の介護士も多いです。介護士に相応しい性格や能力をみても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。

女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も介護士にとって大事なポイントになっています。介護士は、患者と接する場合が多いので、髪形にも気を配っておきましょう。
自分が患者なら、どのような印象の介護士に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが大切です。また、介護施設によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを忘れないでください。あまり一般的ではないかもしれませんが、介護士が働く現場として保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は最適な職場でしょう。保育園でどのような仕事をするかと言うと、介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという責任のある仕事だと言えます。近年、日本においてはEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の「外国人介護士候補生」というものの受け入れを推進しています。とは言っても、介護士国家試験の勉強をしてもし、3年以内に受からなかった場合、自分の国に帰らなければなりません。介護施設などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。
資格取得の難しさですが、介護士資格の場合はどのくらいのレベルになるのでしょうか。



試験の合格率ですが、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。内容も今までの授業で理解していれば十分に合格できるものですので、それほど介護士の資格取得は難しいものでもないようです。
介護士という仕事をしているのは大半が女性なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く離職率が高めの仕事であると言えます。



それにプラスして、勤務時間が一定でないこと、労働環境の大変さによって結果的に離婚してしまう方も多いようです。

収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。
日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、大変な目にあったりもします。


そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。


なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできるとされる病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。



ところが、専門性の高さですとか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、ハードさの度合いは違ってくるはずです。
もっと介護士としての腕を上げたい、と考えているのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなことは、介護士という仕事柄あり得ません。
なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。
向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を考え始める人もいるようです。規模の大きい介護施設に移って技術を吸収したいと希望する、チャレンジ精神からきた動機です。介護施設で病棟勤務に就いている介護士なら12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤においては医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、また、夜中になって腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。

当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。


介護士として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。
一方で、介護士の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。

職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。



そうなると、介護士生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、その技能を一番発揮できるポジションにつくことができるでしょう。

なので、夜勤を希望したいと言っておけば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。介護施設で介護士として働いていた知人は、病気のために介護士を辞めました。ですが、病気が完治すると復職して介護士として今も介護施設で働いています。
多少のブランクでも、資格があれば早々に復帰できますね。
やはり資格が大切なことが改めて分かりました。

皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、とりわけ介護職に就く人たちがより多く輩出されなければならなくなるでしょう。

そういった理由で現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。



年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも起因しています。


24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、介護施設に勤務する介護士があります。
職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、一般的には病棟の方が必要な介護士も多いので、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻が介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに大変だった思い出があります。

介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないということも、しばしば言われるようですが、どうやら、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。
なにしろ、女性はすぐにグループを作ってそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。



慣れていないと、そんな環境にあまり良い気分もしないでしょうが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということをわかっておけば、冷静でいられるでしょう。国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが必要不可欠になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。


ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って受験対策をする人もいるようです。
准介護士に限らず、働きながら正介護士の資格を取ろうとする場合は、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。

働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。介護士には女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場も少なくないのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。

辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して環境の整った職場へ移るのもアリだと思います。
勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。



それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、育児と仕事の両立を図りつつ、それ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。



補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。



介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均収入ならはっきりと、介護士の方が額は大きいのです。
介護に関わる職場において需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという役得もあるようです。ところが、高給を得られる職業ではありますが、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、介護士を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。言うまでもなく、介護士の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。

勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。昼夜にわたる、大変な仕事によって疲労はたまる一方であり、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。

そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。



昨今、介護施設が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。
日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も行い、介護士の大半はものすごい激務に追われているのです。



徐々に男性介護士も増加していますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、精神的に疲れてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう介護士も多いというのも納得できる話でしょう。

激務で知られる介護士ですが、どんな時に介護士としてのやりがいを得られるかといえば、回復した患者さんが退院していき、その上、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。
それから、患者さんの家族の人たちに何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、介護士になって良かった、と実感します。介護士の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。

そういう訳で、仕事からやりがいを得られない場合は、きっと辞職しようと考えるだろうと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/teemfatahrdqth/index1_0.rdf