知子で統(おさむ)

March 07 [Mon], 2016, 7:25
顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上で大事なことです。


おろそかにしてしまうとますます肌が乾燥してしまいます。
また、クレンジングや化粧用品も保湿力のあるものを選んでください。これ以外にも保湿効果のある入浴剤を使用したり、お湯をあまり高温にしないというのもドライスキンに効果があります。

もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを取ってください。セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。

角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。



皮膚の表面を健康な状態にしておくバリアのような機能もあるため、欠乏すると肌荒れしてしまうのです。
肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。それに、潤いを保つことです。しっかり汚れを落とさないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。さらに、肌の乾燥もまた外部の刺激から肌を守る機能を低下させることにつながるので、保湿を必ずするようにしてください。

しかし、余計に保湿を行っても肌のためにはなりません。スキンケアで気をつけることの一つが洗顔です。
メイクによる肌の汚れをきちんと落とさないと肌が荒れてしまうかも知れません。しかし、洗う際に力が強すぎると、肌をきれいに保つのに必要な皮脂までを取り除く結果になってしまって、肌の潤いが無くなってしまいます。そして、きちんと汚れを落とすこととは何も調べずにおこなうのは危険で、クレンジングを正しく行うようにして下さい。最近、ココナッツオイルをスキンケアに使う方が女性が激増しているようです。
化粧水を付ける前や後のお肌に塗る、スキンケア化粧品に混ぜて使うなど、使い方は様々。メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとして使っている方もいらっしゃいます。


当然、毎日のお食事に加えるだけでもスキンケアに効果があります。

ただ、品質の良いものである事はとても重要ですのでこだわって選びたいですね。

カサカサ肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスしてよーく泡立てて、お肌がこすれ過ぎないようにしてください。
力を込めて洗うと肌に良くないので、コツは優しく洗うことです。さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿しましょう。化粧水のみにせず、乳液や美容液、クリームなどもシチュエーションに応じて使ってください。
冬になるにつれ空気は乾燥していき、それによって肌の潤いも奪われます。



肌が乾燥してしまうと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

乾燥によって起こる肌トラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを普段より気にかけてください。


乾燥する時期のスキンケアのコツは「乾燥させない」ということが大切です。ご存知の通り、冬が来ると寒くて血行が悪くなります。



血液の流れが良くないと肌細胞に満足な栄養を届けることができず、新陳代謝に支障をきたしてしまいます。


それw続けることで、肌トラブルとなってしまうので、血行促進を心がける必要があります。


血行が良くなれば、代謝がうまく働き、健康的で、美しい肌をつくれるようになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aimi
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる