餃子でナイト

May 14 [Sun], 2006, 20:46
土曜日は一日中シトシトでしたが、1ヶ月も前から決まっていた「銀座・天龍で餃子を食す会」の日だったので朝からワクワク。 朝はジムに行って、お昼も少な目にして、準備万端餃子ナイトにのぞみました。 

「銀座・天龍」は、昭和14年に開店した、行列の出来る人気中華料理店。 何を食べても美味しいのですが、中でも餃子は食べないで帰る事は許されない美味しさ。 ここの餃子は、横幅12cmというジャンボサイズで、皮は薄く胃にもたれず、ニンニクもニラも使っていないシンプルな味わいは☆☆☆な満足度。 餃子ナイト参加者の一人は香港チャイニーズだったのですが、彼女も美味しい!と唸っていた程。 しかも、このボリュームで一人前(8個)920円はかなりお得です。

このお店がどれほど人気かと言うと、1日の来客数700人程に対して、餃子の販売数は店内500皿、持ち帰り150皿の計650皿にも及ぶのだとか。 予約はコースメニューしか受け付けないので(れっきとした中華料理店ですから)、餃子をメインに食そうと思うと、どうしても並ばなければなりません。 でもその価値十分アリだから、餃子が好きな人は行ってみて!

中央区銀座2-6-1 
  中央宣興銀座ビル1F
03-3561-3543
平日 11:30〜21:30 (L.O.21:00)
日祝 11:30〜20:30 (L.O.20:00)


餃子をたらふく食した後は、六本木2丁目にあるアメリカ大使館職員宿舎であっていたパーティに参加させてもらいました。 アメリカ大使館職員宿舎と言えば、建築業界でも有名らしいですが、私から見たら「奇妙な建物」としか言いようがありません。 なんだか大学の寮か、大学町にある学生をターゲットした安物アパートメントを彷彿させられましたよ。 でも、まぁ、宿舎と言えど敷地内は治外法権なのよねー、じゃないのよねー、という事実は興味深かったです。 パーティにいた人達も、皆陽気でフレンドリーだったし、色んな興味深い御仁と面白い話が出来て、ふと気がつけばあらら午前様という、楽しく時間を過ごせた土曜日でした。