ナベちゃんの大矢

September 09 [Sat], 2017, 14:49
株式投資をするにあたって、いくら値動きが大きく動くからといっても、出来高が少ない小型株式の売買をすることは、ベストとは言えません。


理由を説明すると、いつも出来高の少ない株式は購入した銘柄を売却したい値で利益確定することができないからです。株式の買い方が初心者にとってはわかりづらいものです。



証券会社の人間から話を聞かせてもらったり、株式投資に慣れている知人に詳細を話してもらうなどして、株の購入の仕方を教わると良いでしょう。また、デモトレードに試して、挑戦してみるのも選択肢の一つかもしれません。
なかなか賃金は上がらないのに、政府は物価を引き上げようと熱心になっています。


物価が高くなれば企業の収益力も上がることになり、株価上昇にも繋がります。銀行に眠っている余剰資金がもしあれば、株式投資を始めるなどすると良いです。

株は簡単に始められます。
証券会社に口座を持てばよいのです。



現在はネット証券といったものもありますから、取引自体もスムーズに行えます。私はつい最近、株式投資を始めたばかりのビギナーです。株を買い、適度に儲かったら、いち早く売るべきなのか、それとも、長く保有した方が利益になるのかがわからなくて、未だに苦慮しています。長く保有していると、優待も得られますし、悩むところです。初めて株を売買する人でも儲けを上げる秘訣というのは、急がないことです。
いつか買おうと思っていた銘柄が高値になっているからといって追い立てられるように買い付けしてしまうと大抵は高値掴みということになりかねないのです。どんな高騰の意味があるのか、銘柄に不釣り合いなほどの高値になっているのではないかと株を買い付ける前にいったん頭を冷やして分析しましょう。

株式投資をしている人の大半は買った株をどの時期に売り抜けるかということに頭を悩ませるかもしれないです。



だけど、天井付近で株式を売り抜けるのは相当難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けられればいいと思います。
株投資をする会社員は職場で勤務している時は相場を確認できないので、基本的にデイトレードのようなことは不可能です。そのため、たくさんのサラリーマン投資家らは決算書を十分に読み、割安の株を探し出して、投資しているらしいです。私の所持している株がここ最近、激しく上がり下がりしていますので、儲かる株、下がる株を己で判断し、売買を行っています。ときどき失敗して、マイナスになってしまうこともありますが、今のところとりあえずは、プラス収支になっています。

この先もプラスで売り抜けられたら嬉しいなと思います。

信用取引は現物株や現金を担保にして資金以上の取引ができることや空売りができることが大きな特徴なのです。特に空売りというのは、下落相場において大きな力を発揮し、うまく利用できれば上げ相場の際でも下げ相場の際でも儲けになる武器となります。
反面、資金以上の取引は借金同様なので、初心者は資金管理をきちんとすることが大事です。私は私の好きな名のしれた銘柄の株を保有しています。毎年一回、配当が出るのですか、その配当で出たお金だけでなく優待でその他のものがもらえるのがお目当てです。特に好きな会社からもらえると、もっとこのメーカーに努力して欲しいという思いになります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウカ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる