アドビ、Adobe Creative Suite 4ファミリーを発表 

November 11 [Tue], 2008, 22:18
アドビ システムズ株式会社は2008年11月11日、「Adobe Creative Suite 4」(Windows 版/Macintosh 版)および各構成製品の提供を、12月中旬から開始することを発表した。アドビストアでは同日予約の受付が開始される。

「Adobe Creative Suite 4」は、多種多様なクリエイティブワークフローに対応する、デザインおよび開発ツールの最新版。

新バージョンでは、各製品と Flash 技術との統合が強化されており、Flash の新たな表現力を生かせるようになっているという。

Adobe Creative Suite 4ファミリー製品には、「Adobe Creative Suite 4 Design Premium/Standard」、「Adobe Creative Suite 4 Web Premium/Standard」、「Adobe Creative Suite 4 Production Premium」、「Adobe Creative Suite 4 Master Collection」がラインアップされる。

このうち「Master Collection」では、Adobe InDesign CS4、Photoshop CS4 Extended、Illustrator CS4、Acrobat 9 Pro、Flash CS4 Professional、Dreamweaver CS4、Fireworks CS4、Contribute CS4、After Effects CS4、Adobe Premiere Pro CS4、Soundbooth CS4、Adobe OnLocation CS4、Encore CS4 に加え、関連ツールやサービスを1つのパッケージとして統合。過去最大級の包括的なクリエイティブ環境となるとされる。

Adobe Creative Suite 4 では、共通の作業やメディアの切り替えを同じプロジェクト内から可能としており、複数メディア向けのデザイン制作を円滑なワークフローで効率よく進めることができる。

Adobe Creative Suite 4 は、Adobe Flash Player 10 のクリエイティブデザインに対応。また 3D 機能においては、ユーザーが使い慣れたツールで 3D モデルのペイント、合成、アニメーションが可能となっている。

デザイナーや開発者がオンラインで共同作業を進めやすいようオンラインサービスへのアクセスが強化されているほか、様々な機能強化が図られている。

アドビストアでの提供価格は「Adobe Creative Suite 4 Master Collection」の場合、通常版が39万7,950円、Suite 1本からのアップグレード版「A」が27万1,950円、アカデミック版が14万8,050円(各総額)、このほかにも複数の Suite 製品からのアップグレード版が用意されている。

出典:internet.com

花粉の運ばれ方を理解しよう
アスクル パイプファイル
アスクル リングファイル