ゴルフスイングの基本

September 28 [Sat], 2013, 11:27
ゴルフスイングの基本の単数は、協調よく正しい心がけで体系ることにあります。自体には、体重が両足かかと寄りになるように立てば安定します。次回、背筋が曲がらないように真っ直ぐ伸ばして腰を少々だけ沈める立ち姿が基本となります。 ゴルフコース
スタンスの幅をどれ位取ればよいかと言えば、両肩が土踏まずの真上にくるレベルの広さにすることです。どっしりとして安定性が見ていても感じられるようなアドレス心がけをつくるポイントは、体重を足のどこに置くかということがそのひとつです。

両足の幅は両肩が自体ぞれ土踏まずの真上にくる位置に広げます。これは長尺ドライバーの例で、ねんね広めのスタンス幅かもしれません。足場を広めに取る事で、芝の上で足をすべらせる不安が減り維持します。

たとえ話をすれば、基本の面積が広く裾広がりの東京台型の方が、超高層営造物型より維持して立てるというわけです。調和の良い立ち姿にする原因のいちばん重要な秘けつのひとつは、体重の位置つまり的です。

体重が体の左右どこかに片寄った立ち方をすると、上体のダイナミックな移動や体の回転運動を下半身が支えきれません。体重は両足どことも、土踏まずからかかと寄りの位置に置くのがゴルフスイングの基本です。


多くの練習書を見るとこれとは違った説明のものもあります。かかと寄りにするよりもつま先寄りのほうがフットワークを生かせるとか、土踏まずが安定した立ち姿になるとか、司令塔によって違っている一部があります。

しかし、下落スイングで上体が前に突っ込んでしまったり、上下動のあるスイングをするゴルファーは、体重はかかと寄りにして体を起こして内容た方が良いでしょう。体重を前寄りにしていると、身体の揺の勝因になります。

背中はアドレスでも丸め込まないで、脊椎をまっすぐに伸ばして立つことが肝心です。腰の一部で上体をくの字に曲げる事になりますが、この際に腰をほんの理性沈めるようにすると、腰の据わりができて安定感かさらに増した仕組みになります。

以上は、足もとがフラットな場面を認識できる事例のたちカタです。ドライバーショットなどがこれに該当します。角度地での基本構造方は的のかけ方にもズレがありますので、その点をお忘れなく。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうなl4h9
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tebpg9j9/index1_0.rdf