イングリッシュロップとチゴハヤブサ

January 31 [Tue], 2017, 19:15
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。
こうした事を踏まえ、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。
では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。
実は葉酸は、水溶性であるため、尿とか汗で流出します。
そのため、体内に蓄積するということはありません。
ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。
実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。
サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。
葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があります。
具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。
そのような場合はサプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。
妊活中の方をサポートし、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。
選ぶ基準としては、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。
ビタミンの一種である葉酸には、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。
また、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。
ほかにも、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。
ですから、夫婦どちらに対しても非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。
葉酸は赤ちゃんが元気に育つために重要な働きをする栄養素なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。
これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天的な障害を発症しやすくなると知られています。
ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サツキ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる