手汗がひどくて運転中にハンドル操作ができなくなる!

August 08 [Sat], 2015, 18:18

手汗がひどくて運転中に
ハンドル操作がしにくくなってしまう…。


そんなあなたに、まずお聞きしたいのは
運転云々に関わらず、日常生活全般で
手汗で悩んでいるのかどうか。


運転中だけなのか
それとも多汗症による手汗で悩んでいるのかで
対処方法も変わってしまいます。


運転中だけの手汗の悩みであれば
タクシードライバーのように
布製の手袋をしたり


車の冷房を手の方向に向けて
手汗を乾かすことで手汗も乾燥し
ハンドル操作もしやすくなります。


ハンドルに布製のカバーをつけるのも
おすすめですよ。



多汗症による手汗の対策は?


多汗症による、手汗の場合は
以下の二つの方法がおすすめです。


塩化アルミニウムを使用する


手汗専用の制汗剤を使用する



塩化アルミニウムは通販でも買えますし
皮膚科でも購入することができます。


ちゃんとした使い方を知るためにも
病院で購入するほうがいいと思いますよ。


ただ、塩化アルミニウムの場合
皮膚がかぶれたりかゆくなったりすることも
少なくないので、肌の弱い方には
向いていないかもしれません。


もうひとつは、手汗専用の制汗剤を
使用する方法があります。


手汗専用の制汗剤だと塩化アルミニウムと違って
肌が荒れることもないので
安心して使用できるのが魅力です。


ただ、海外製の制汗剤を使用すると
手がかぶれたりすることもあるので
使用するなら国産のものがいいですよ。


口コミでも評判でおすすめなのが
「フレナーラ」という日本産の
手汗専用の制汗ジェルです。


「フレナーラ」は手汗の原因とされる
エクリン線に効果のある有効成分が
配合されています。


パッケージも制汗剤とわからない
おしゃれなパッケージなので
持ち運びにも最適です。


手汗がひどくて運転中に
ハンドル操作ができなくなるという方は
チェックしてみるといいと思いますよ^^


  ▼フレナーラの詳細は下の画像をクリック▼





P R