★「一歩ずつ・・・」..:*・゜★ 

September 27 [Wed], 2006, 9:30

★「永遠・・・」..:*・゜★ 

September 27 [Wed], 2006, 9:24

★「Sentimental autumn 」..:*・゜★ 

September 17 [Sun], 2006, 17:39
最後に運転したのは・・・

去年の6月だったかな・・・





お薬の服用で

・ : * : ・ ( ̄ー ̄*) 。o0○ ぽわわわわ〜〜〜ん

・・・な トキがあるから

Dr から 運転禁止令 発令


まぁ コレは お薬の量が減れば 解禁されるけど



眼底出血による視野狭窄・・・


視野が欠けてるから

歩いていても壁やら他人様に激突・・・


こんな状態で 運転したら・・・

( ̄  ̄;) うーん ・・・

自分が怪我をするだけならいいけど

他人様を巻き込んでは大変!


そんなワタシを 妹や友人達が気遣ってくれて

お買い物や病院に 乗せて行ってくれるから

日常生活での不便さ

ほとんど無いし 感じないんだけど・・・


最近ね・・・

たまぁに 思うんだぁ・・・


ふっ と思いついたときに

ぷら〜っと 一人 気ままなドライブ

・・・してみたいなぁ〜って・・・ね。






お財布の中の 運転免許証・・・
  
ただの 身分証明 になっちゃうのかなぁ・・・


・・・なぁんてね・・・


窓の外の 色づく木の葉を眺めていたら

ちょっぴり・・・

Sentimental に なっちゃいましたか・・・な


ん〜・・・


秋ですねぇ・・・



2006.9.17

★「今・・・届けます・・・」..:*・゜★ 

September 05 [Tue], 2006, 13:03
★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

去年書いた BRTHDAYカード

贈り届ける術も無く・・・

あのときの チョコから抜いた Letter みたいに

秘密の小箱に そっと 忍ばせたの・・・


  


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


おめでとう ・:*・゜☆.。.:*・゜☆


生まれてきてくれたことに・・・

出逢ってくれたことに・・・


ありがとう


秋風に乗せて えやみ草 贈ります


「止まない 病まない 微笑」


・・・そんな想いを込めて・・・


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


★ 誕生花 ★

えやみ草

和名 りんどう

GENTIAN(ゲンチアーナ)



★ 花言葉 ★


私は あなたが悲しんでるとき あなたを最も愛する


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★


「えやみ草」 ・・・

ひらがなだったから・・・ 

笑みが止まない ・・・

そう当て字したの・・・



★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★

★「桜 待つ時」..:*・゜★ 

April 26 [Wed], 2006, 21:20
まだか まだかと 待ちわびる

桜の花の 薫る時




☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆


今 何しているの?

何 想っているの?

今夜は お話しできますか?

お電話 待ってていいですか?

今度は 貴方に いつ逢えますか?

わたしのもとへ 来てくれますか?


☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆


桜の花の咲くその時を

蕾を見つめて呟く姿

想い人を 待つような

指折り数えて 待つような

恋する 乙女の こころの中の

切き想いと 似てるよな・・・

そんな 想いと重ねあう

桜 待つ身の もどかしさ

★「Color of rose」..:*・゜★ 

April 25 [Tue], 2006, 20:57
恋する乙女の  心に咲く華

恋の華は

可憐で 清らかな  蕾をつけた

可愛らしいピンクの薔薇





愛を知った 女の心に咲く華

愛の華は

情熱的で  鋭い棘持つ 

深紅色した 大輪の薔薇





追憶の中に 身を置く女が

こころで ひっそり 咲かせる華は

流れた時間(とき)を知らしめる

涙で色褪せ セピア色した 悲しみの薔薇・・・



★「りとるまぁめいど♪」..:*・゜★ 

April 24 [Mon], 2006, 0:44
★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★ 

眩しい 太陽の日差しが キラキラと輝いて

揺らめきながら降り注ぐ

そんな 碧く澄んだ海の底を おとぎの国の 人魚姫になって

さざめく波に 身を委ね ぼんやりと 漂ってみたいな・・・


時の流れも 何もかも止まってしまった その中で

独り ゆらゆら 漂うの

なぁんにも考えることなく ただ ただ 海の底を漂うの


☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆゜


見上げれば 碧く澄んだ海中を 

穏やかな波が揺らす さんさんと光り輝く 太陽の煌き


☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆゜


見下ろせば その太陽のひかりと 揺らめく波が創り出す

幻想的な波模様が 海底の 白い砂に

美しい 影を落としてる


そんな・・・ 

時を忘れるその中に

そっと 静かに

身を 委ねていたい ・:*・゜☆.。.:*・゜☆


★。・:*:・°☆。・:*:・°★。・:*:・°☆。・:*:・°★ 




2006.4.23

★「秘密の小部屋」..:*・゜★ 

April 23 [Sun], 2006, 11:23
  落ち着ける 場所がほしかったの・・・