3Dプリンタでビジネス化は、まだ試作段階なのか!?

October 02 [Wed], 2013, 8:20
3Dプリンタでビジネス化は、まだ試作段階なのか!?

http://engineer.typemag.jp/article/eastventures_bataraeto


まさかDMM様が3Dプリンタ事業を手がけていらっしゃるとは。

驚きです。

3Dプリンタで出来上がったモノを実際に見たわけではないので、

クオリティはわかりませんが、

自分のオリジナルデザインが出来上がるのであれば、

作りたいモノは出てくると思います。


DMM様はこんなモデルを書いています。

http://make.dmm.com/

事業計画
目的:オリジナル製品の作製者とデザイナーのマッチング

資源:3Dプリンタ マーケット(アフィリエイター:製作者、webデザイナー)

プロダクト:デザイナーのポータルサイト、3Dプリンタ用設計アプリケーション

3Dプリンタのデメリットは、大量生産すると、まだ原材料費がかかってしまうこと。
逆を言えば、オリジナルの製品を作ることに向いている。
複製機であるが、大量複製機ではない。
だから、個別にサンプル品のようなモノを作ったり、その時だけ必要になるよう
なモノや独自のモノが適合していると思います。


さて、このサービスを利用して、

新しい事業を描けないでしょうか?

わかりやすいところだと、

・サンプル発注10個したら、商品化
・3Dサンプル設計代行
・制作物への塗装外注

が思いつきます。

試しに

・iPhoneケース
・ベルトのバックル

を作れたら面白いと思うのです。

まずは、制作してくれそうな人を探します。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tearful7/index1_0.rdf