藤村善行 │ 雑誌「Details」

July 07 [Thu], 2011, 12:48
どこにもぶつけることができない悲しみと憤り。つらい気持ちを抱えたオーランドを救ったのが、仏教でした。オーランドはプライベートなことをあまり話さない主義ですが、07年に雑誌「Details」のインタビューで、19歳のとき仏教に心酔し、創価学会インターナショナル(以下SGI)に改宗したことを告白。「(父親のことも)じっと耐えて、前に進むことにしたんだ」「悲しみや苦しみは、大きな力に変える燃料にするんだよ」と力強く語っています。

 活発なオーランドは、体も傷つくことが多く、幼い頃からケガが絶えなかったとのこと。21歳のときに3階の高さから転落し背骨を骨折するという大ケガをしました。医師が「二度と歩けなくなるかもしれない」と診断するほど深刻なケガでしたが、家族や友人から励まされ、奇跡的に回復。この時のつらいリハビリも、SGIの「仏を信じれば守ってくれる」という言葉を胸に乗り切ったそうです。

 オーランドは「Details」のインタビューで、「私が帰依する思想とは、木のたもとで座禅を組み瞑想にふけることではない。日常の中で何が起こっているのかを教えてもらい、それをバネに、さらに豊かな人生を送る。そこに信仰を感じるんだ」と述べています。SGIの教え通り、南無妙法蓮華経も毎日唱えているとのこと。浮き沈みの激しい映画界の中で、どんなにチヤホヤされてもてんぐにならず、平常心を保ち続けられるのも、SGIに心を委ね忠実であり続けているからだと言えるでしょう。

 しかし、04年12月にオーランドが英国SGIの儀式に出席したことが報じられたとき、多くのメディアはSGIはカルトだと伝え、オーランドが風変わりな宗教にハマっているとゴシップされるようになりました。「SGIのリーダーは、ダライ・ラマとは対照的な人物。仏教のバッド・ボーイだ」「SGIは、唱えれば新車でも金でも何でも手に入る、と教えている」と伝え、オーランドはだまされていると書きたてたのです。

 オーランドは、この時のことを「Details」のインタビューで、とても不快な気分になったと明かしています。しかし、強く反論することはなく、穏やかにやり過ごす道を選んだそうです。

 ちなみに、オーランドのほかにも歌手のティナ・ターナーなど、セレブの中にはSGIを信仰する人がいます。オーランドが過去に交際した女優のケイト・ボスワースも、2010年7月に結婚発表したモデルのミランダ・カーもSGIを信仰しています。ミランダは過去のインタビューで「毎朝、南無妙法蓮華経を唱え、ヨガをするのが日課」だとコメント。ちなみに、二人の結婚式は極秘であったため、どんなスタイルの挙式だったのかは明かされていません。

 オーランドは2006年7月30日に、長野県にあるSGIの研修道場で池田大作会長と初めて対面しています。同年8月7日付の「聖教新聞」で、そのときの様子が記事にされており、オーランドが会長に贈った詩も紹介されました。その詩には、誠実であり続けること、自分のゴールは広宣流布であること、妙法観に深く心酔していることが書きつづられており、敬虔なSGI信者であることをうかがい知ることができます。

 オーランドは、会長と対面する前日に創価大学も訪問しています。当日はオープンキャンパス・デーだったそうで、オーランドは「創価大学の学生になるみなさんへ」というタイトルの短いメッセージを執筆。「頂上から見渡すためには、山に登らなければならない。みなさんの未来が輝かしいものでありますように」という妙法に通じるメッセージを残したそうです。

 池田会長から日本で一番高い山は富士山だよと教えてもらったオーランドは、「チャリティーのために、いつか富士山に登りたい」と述べたとのこと。

 オーランドは、1月7日に父親になりました。息子を連れて外出する姿もよく目撃されており、ハリウッドのイクメンだと言われています。そのうち、家族で富士山も上る姿を見せてくれるかもしれませんね。
藤村善行
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:えぐま たいせい
読者になる
2011年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる